まいにち風太、まいにち田舎 (nya.938)

ねこ、風太 寝ぼけ

〈風太のごあいさつ〉このブログは、ラブリーなわしの写真と、季節の田舎の写真です。(写真見て「ホッ」としてくれたら、わし、嬉しいぞ♡)「にゅうがん」のことなら、最初は“にゅうがん4な私と風太(日本猫)のららら田舎生活” ブログについてから読んでください。ほんなら、またお会いしましょう。

ねこ、風太 巡回

今日も仕事、

ねこ、風太 巡回

頑張る、わし、

ねこ、風太 巡回

男前♡

仕事場を「日陰メイン」に調整して楽しそうです。(笑)

 

そして、今日の田舎は、

麦秋

麦秋

麦秋

麦秋

麦秋

麦秋

はい、すっかり、しっかり「麦秋」です。

〈風太からひとこと〉 わしのブログを読んでくれてありがとう。 「まぁまぁ」ならポチッとしてやってください。       にほんブログ村 病気ブログ 乳がん ステージ3・4へ    

まいにち風太、まいにち田舎 (nya.938)” に対して 6 件のコメントがあります

  1. みどり より:

    写真が躍動感がありまして、すごく綺麗ですがわ何か特殊なカメラをお使いですか?

    1. ふるゆら より:

      みどりさん、お褒めいただいて嬉しいです、ありがとうございます♪

      カメラはですねぇ、価格と重量からデジカメ(キャノンSX730SH)オンリーです。(涙)

      もっと私にカメラの技量があれば、もっと美しいものが撮れるのにと、嘆くことも多いのですが、ぶらぶら歩いてキョロキョロして、立ち止まって→カメラを構えて→パシャリを10秒程度で本能の趣くままに繰り返す私のやり方には、デジカメが超便利です。(笑)

      元々の視力も良くない上にアラフィフの宿命「老眼」が加わっていますので「運を天にお任せ」です。

      望遠で撮った時など自宅のPC画面で確認して「おおお」と改めて感動したりします♪

      1. みどり より:

        わざわざカメラの方種類まで教えて下さりありがとうございます。
        そうですか、デジカメでこんなに綺麗に撮れるんですね。良い腕をお持ちですよ!

        母に、すごく文章がうまくて、良い生き方をしている人がいる、と勧められて数日前からブログを拝読しています。
        ふるゆらさんは、何というか、あるがままの境地で素晴らしいですね。
        多くを望まず、今あるもので満足する。未来に対してどーんと腰を据えて動じない。スピリチュアルな生き方を学んでいくら実践してもできないような生き方を実践していらっしゃると思います。健康で物に豊富に囲まれても、あくなき欲望へのあがきに自らを巻きこんで迷走している人はたくさんいるものです。

        私は都会が好きで自分で選んで都会に住んでいますが、ふるゆらさんの田舎の写真、自分も風に当たって太陽を浴びてそこの空気を吸っているような気分になるくらい臨場感ありますよ。
        今後も楽しみにしてます。

        1. ふるゆら より:

          みどりさん、ありがとうございます。

          そーですか、みどりさんは都会にお住まいなんですね。

          私が「まいにち風太、まいにち田舎」をやってみようかと思ったのは、田舎に住んでいる「自然大好き」な人はもちろん、都会に住んで自然から離れている人が、四季の巡りに刻々と移ろう「ありきたりな田舎」の自然の表情を目に留めた時、ふぅぅぅぅ~と深呼吸できるのではないかと思ったからなんですよ。

          「素人」であることに胡坐をかいて研鑽することのない私の写真たち、時折り我ながら「ピントがボケている」と分かりつつもアップしています。(笑)

          ちょっとガサツな「田舎からの便り」を楽しんでいただければ幸いです。合掌。

  2. あきたろー より:

    5月23日緊急帰国しました。
    家には素敵な石が届いていました。
    有難うございます。
    既に色々と勝負しています。
    かすり出しておりますので、ゴールは近いと思います。

    私は現地で5月15日に倒れ大病院へ最新のMRIなどで診察しました。
    肺炎、アルコール依存症など、
    毎日400cc超のウイスキー痛飲。
    一切食べ物が食べれず、6kg痩せました。
    15,16,17,18日と入院して18日強制退院させてもらいました。
    5月24日、日本の大病院へ現地診断結果を持って再検査に行きました。
    現地の治療が効いて、肺炎はかなり減っています。
    後は飲み薬です。

    妻はまた大きくなり汁、出血も増えて新治療に変わりました。
    強い抗がん剤使用です。

    色々あります。

    1. ふるゆら より:

      それはそれはたいへんでしたね、お見舞い申し上げます。

      私がこの病気になった時もそうでしたが、病気になるタイミングは、「生き方を変える」タイミングです。

      私は自分が末期がんだと知り「断捨離」をし、多くのものを捨てました。

      「自分のもの」「自分に必要なもの」と思っていたものの多くが、実は「いらないもの」「大切に出来ないもの」だったのだと、捨てながら納得しました。

      あきたろーさんも、病状が回復された時、病気に倒れる以前のあきたろーさんに戻るのではなく「新・あきたろー」さんに生まれ変わられることでしょう。

      それから、毎日「梅エキス」をおススメします。

      梅エキスなら健康食品のお店で簡単に手に入りますし、お伺いするに、荒野となっているであろうあきたろーさんの「腸内フローラ」をお花畑に戻してくれるような気がします。

      ではでは、ほんとに、お大事になさってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください