まいにち風太、まいにち田舎 (nya.984)

ねこ、風太 寝ぼけ

〈風太のごあいさつ〉このブログは、ラブリーなわしの写真と、季節の田舎の写真です。(写真見て「ホッ」としてくれたら、わし、嬉しいぞ♡)「にゅうがん」のことなら、最初は“にゅうがん4な私と風太(日本猫)のららら田舎生活” ブログについてから読んでください。ほんなら、またお会いしましょう。

ねこ、風太 巡回

むむむ、

ねこ、風太 巡回

むむむむぅ、

ねこ、風太 巡回

なんか、臭うわ、ココ。

猫と猫じゃらしが揃うと「シャッターチャンス♡」とときめいてしまう私です。(笑)

 

そして、今日の田舎は、

桔梗

桔梗

テッセン (鉄線)

テッセン (鉄線)

紫陽花

紫陽花

それぞれの「紫」です。

〈風太からひとこと〉 わしのブログを読んでくれてありがとう。 「まぁまぁ」ならポチッとしてやってください。       にほんブログ村 病気ブログ 乳がん ステージ3・4へ    

まいにち風太、まいにち田舎 (nya.984)” に対して 4 件のコメントがあります

  1. sizu より:

    そう言えば桔梗は 秋の七草と言われます
    万葉の昔は秋の始まりか、冬になる前に花が咲き、咳の漢方作りに
    咲いてくれているのか、漢方学者でないので判りませぬが。(笑)

    1. ふるゆら より:

      桔梗は長く咲く花で、7月の始めには咲き始め、最後は葉っぱが霜で赤くなるまで咲き続けます。

      花の姿は凛としていながら可憐ですが、秘めた生命力のパワーが漢方薬として活躍するのかもしれませんね。

  2. ゆうこ より:

    花は語っていますね
    風太ちゃんも語っている
    ああ、喋っているのかこの人達は!と初めて今日
    理解しました
    ありがとう、こんにちは、嬉しいよ、綺麗でしょう、と
    いうような 何やらやさしい明るい言葉を…
    これを切ってお悔やみに手向ければ なぐさめの
    言葉を伝えてくれるのでしょうね
    ああ だから献花台が花束だらけになるのか と
    こんな当たり前のことに今さら気が付きました
    人々は習慣で自然に お花は綺麗だから何となく
    考えることもなしにそうしていると思っていました
    いや 花は 雄弁に能弁に語っていますね
    耳を傾ければ…
    桔梗はつぼみが風船みたいで可愛いですよね
    バルーンフラワーというらしいです
    日当たりのいい草原が土地開発によって激減した為に
    絶滅危惧種なんだそうです
    こんな可愛い花がそのうち絶滅するなんて。
    適所適材 適者生存ですね
    桔梗も存在出来ない地球に存在する意味があるので
    しょうかね
    花言葉すごいですよ 永遠の愛 です

    1. ふるゆら より:

      風太も自然も花も木も風も、それぞれがそれぞれの命を生きている、ただそれだけなのに心を喜びで満たしてくれます。

      不器用な人間である私も、そんなふうになりたいなと、いつも励まされます。

ふるゆら にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください