まいにち風太、まいにち田舎 (nya.999)

ねこ、風太 寝ぼけ

〈風太のごあいさつ〉このブログは、ラブリーなわしの写真と、季節の田舎の写真です。(写真見て「ホッ」としてくれたら、わし、嬉しいぞ♡)「にゅうがん」のことなら、最初は“にゅうがん4な私と風太(日本猫)のららら田舎生活” ブログについてから読んでください。ほんなら、またお会いしましょう。

ねこ、風太 ゴロゴロ

今日は、、、

ねこ、風太 ゴロゴロ

何やら(nya.999)らしいな、、、

ねこ、風太 ゴロゴロ

わしゃ、知らんがな、ZZZZZZZZ

ははははは(笑)。

 

そして、今日の田舎は、

雨上がり夕景

雨上がり夕景

雨上がり夕景

雨上がり夕景

雨上がり夕景

雨上がり夕景

ありがとうございます。(nya.999)です。合掌。

こんな雨上がりの田舎道をぽてぽて歩いて、行けるところまで行ってみようと思う所存です。(笑)

 

次は

です。

〈風太からひとこと〉 わしのブログを読んでくれてありがとう。 「まぁまぁ」ならポチッとしてやってください。       にほんブログ村 病気ブログ 乳がん ステージ3・4へ    

まいにち風太、まいにち田舎 (nya.999)” に対して4件のコメントがあります。

  1. ゆうこ より:

    やさしい金色
    この道の行く手にはきっと素晴らしいことが
    待っているんですね
    小川未明の金の輪という2、3ページほどの小品を
    思い出しました
    私も人の最期というのは 金色の光の中に溶けてゆく
    ようなものではないかと思っています
    であるならば 死 なんて全然怖いものではないですね
    奇蹟講座(こんな講座があるんですよ 先生は聖霊ですW)
    の 忘れられた歌 の章に
    身体を越え、太陽や星々も越えて、
    目に見える全てのものを通り越したところ、しかし
    どこか見覚えがあるところで、金色のアーチがあり、
    あなたが目を向けるとそれはみるみる延びていって
    一つの大きな輝く輪となります。
    その輪のふちは消え去り、その中にあるものの封印が
    解かれます
    光は拡大して、ありとあらゆるものを覆い尽くし、
    切れ目も限界もなく永遠に輝きながら無限へと
    拡張されていきます
    その内側では、全てが完璧な連続性をもって結ばれています
    また、その外側に何かが存在すると想像することも不可能です
    この光が達していない場所はどこにもないからです。
    と書いてある箇所があり それは何やら私の心を
    雨上がりの道のような清浄感で包むのです
    999というブログのナンバー3桁の有終の美を飾るに
    ふさわしいまことに素敵なお写真でした

    1. ふるゆら より:

      ありがとうございます。

      雨上がりの夕景、、、珍しいことは何もなく、ごくごく平凡な日常ですが、自然の姿は受け止める者の心に合わせたメッセージを含んだギフトです。

      「思い出して」とか「それでいいよ」とか「楽しいね」とか。

  2. sizu より:

    おーーーー!
    今日も、きれいな雨上がりの夕景!
    素敵です。ご当地だからこそ撮れる写真です。
    私も思いました 999だわ!
    明日で1000ですよ!
    持続力素晴らしい!

    1. ふるゆら より:

      ありがとうございます。

      梅雨が明けて夏本番、、、とは言うものの8月になればすぐに立秋を迎えます。

      時の流れは留まることがないのだなぁと、つくづく思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください