「私、4km歩けるかな?」河川敷秋散歩 (nya.1433)

秋の河川敷 ツルボ(蔓穂)
秋の河川敷 ツルボ(蔓穂)

・・・と言っても、4kmですから、歩けました(万歳) (2020年10月2日)

とある事情で、ちょっと長距離を歩く必要が生じ、自分を信じ切れない私がいました。(嘆息)

「家の周りの高低差のある田舎道をカメラ片手に1、2時間散歩しているんだから大丈夫だろう」と思う自分が50%、「いやいやいや、写真を撮るから時間がかかっているだけで、せいぜい1km程度の散歩では心許ないって」と思う自分が50%。

「ええい、ままよ、ぶっつけ本番でやっちゃえ」と思える年齢は、はるか昔のこと、、、折衷案として、本番前に「予行演習」をすることにしました。(笑)

秋の青空と雲
秋の青空と雲 河川敷
川面の風の通り道

貧乏性の私ですので、どうせ河川敷を散歩するなら、ちょっと華やかな写真が撮れる季節と時間帯を選ぶのが通例ですが、この度は、背に腹は代えられぬ期限があります。

この時期に行っても、一面を黄色に染めるセイタカアワダチソウも咲いてないだろうし、白銀に波打つすすきもまだだし、最低気温が10℃以下にならないと草紅葉もないし、、、と、河川敷に到着してから落胆しないようにあらかじめ自分に言い聞かせて向かいました。(笑)

目的は、片道2kmの河川敷の遊歩道をだいたい1時間で往復して、希望的観測から恐らく美化しているであろう「セルフイメージの自分」ではなく「現実の自分」の体力を探ること。

高低差のない4kmですから「予行演習」にはうってつけですし、ここで負荷をかけすぎて「本番」に支障が出るようなら、本末転倒の号泣ものです。

秋の河川敷
秋の河川敷
秋の河川敷

この河川敷を歩くことについては「因縁」があります。

自分が乳がんステージ4だと知る数年前、めまいが酷くなって会社を休職した私は、復職を目指す第一歩として、毎日この河川敷の遊歩道を歩いて「リハビリ」しました。

当時は、歩くことで視線が上下するとムカムカして気分が悪くなる状態でしたので、少しずつ距離を伸ばして2往復=8km歩けるようになれば、次のステップ「ショッピングモールでお買い物練習」に進もうと励んだのでした。(笑)

笑いごとのようですが、めまいを抱える人間にとって、繰り返し遠近に焦点を合わせる必要のある「ショッピングモール」は難度の高い関門なのです。(笑)

秋の河川敷 ツルボ(蔓穂)
秋の河川敷 ツルボ(蔓穂)
秋の河川敷 ツルボ(蔓穂)

あれから茫々10年近くの歳月が流れたことを思えば、感慨もひとしおというものですが、一周まわって再度、「歩く」意味合いは異なるもの河川敷の遊歩道を「歩く」トライをするのですから、、、、感慨もひとしおです。(笑)

「思えば前回、毎日ここに通ったのも秋だったなぁ」「あれから10年、私、どっこい生きてるってすごいことだなぁ」などと思いながらポテポテ歩き始めました。

一応デジカメを持ってはいますが、期待値はゼロです。

でも、、、そーです、だから私は浅はかな人間なのです。

いつだって自然は刻々と姿を変えて、いつだって嬉しいサプライズを用意してくれているものなのですから。

秋の河川敷 ツルボ(蔓穂)
秋の河川敷 ツルボ(蔓穂)
秋の河川敷 ツルボ(蔓穂)
秋の河川敷 ツルボ(蔓穂)

今回のサプライズは、淡く華やかな紫色の「ツルボ(蔓穂)」の群生でした。

この河川敷遊歩道の上級者である私も、初めて出会いました。

恐らく今まで通り「時期を選んで」訪れていたら、ずっと出会わなかったかもしれません。

「うわわわ、ラッキー♡」とときめいて激写しながら、「ほんとに、期待値ゼロとか、いつも浅はかな私ですみません」と、母なる自然に謝りました。(笑)

秋の河川敷 曼殊沙華
秋の河川敷 曼殊沙華
秋の河川敷 曼殊沙華

それから華やかな華やかな曼殊沙華。

先のお彼岸にあまり見かけなかったので、ズボラな私が見逃がしたのかと思っていましたが、どうやら開花が1週間ほど後ろにずれていたようです。

曼殊沙華の開花は、日照時間ではなく地熱が関係して開花するようなので、今年の残暑で遅くなってしまったのでしょう。

まだ咲き始めたばかりで、多くの蕾を残していました。

秋の河川敷 青空を映す川面
秋の河川敷 青空を映す川面
秋の河川敷 青空を映す川面

往復の帰り道は、空を見上げて雲の形を楽しみ、川面に映る青空を楽しみました。

鏡のように澄んで、空の飛行機雲さえ映す川面と、風の形にさざ波が立ってすりガラスのようになった川面が隣り合って、本当に、一瞬一瞬変化します。

気が付けば、スタート地点の愛車ブンジ君の所まで帰っていました。

どうやら、4kmなら夏の間痛めていた膝の痛みも大丈夫なようです。(嘆息)

時間も、写真撮影を含んで1時間と少しで歩けています。

後は、今晩寝た時に、足がつって痛みに飛び起きることがなければ合格と言えるでしょう。(笑)

(おしまい)

秋の青空と雲
〈風太からひとこと〉 わしのブログを読んでくれてありがとう。 「まぁまぁ」ならポチッとしてやってください。       にほんブログ村 病気ブログ 乳がん ステージ3・4へ    

「私、4km歩けるかな?」河川敷秋散歩 (nya.1433)” に対して 4 件のコメントがあります

  1. トモロー より:

    ふるゆらさん、風太さんこんにちは
    今朝の目覚めはいかがでしたか?
    足はつらずに良眠できましたか
    4キロ歩いて膝の痛みないのならそれだけで合格じゃないですかぁ!
    私はそんなに歩いていないのに、よく睡眠中に足がつりますよ~脛のほうがつるんですよ(泣)

    川辺の写真見てるだけでマイナスイオンです~
    素敵な写真をありがとうございます。

    1. ふるゆら より:

      あ、私は先日「膝の裏」がつりました。

      「こんなところがつるのか、、、」と感慨深いものがありましたよ。(笑)

      大嫌いなストレッチ、、、1年間みっちりやっても背中は痛いし、がんは再燃するしで心折れそうですが、再び「体の硬い私」になるのが嫌で、回数を減らして続けているのに、膝の裏がつるという、、、(笑)

      ま、原因は分かってるんです、「加齢」ではなく「過体重」です。(号泣)

      くれぐれも私のようなことにならないよう、トモローさんも、「体重管理」ご自愛くださいね。(笑)

  2. sizu より:

    空の青
    川の青
    綺麗ですね~~~

    優しい色のツル穂 に 曼珠沙華
    私の目も喜んでいます(笑)

    さあて、何があるのかな⁈ 楽しみですね。
    今年の夏もクーラーなしで頑張られたのかしら・・
    秋の涼風が気持ちいい頃になりました。

    1. ふるゆら より:

      いえいえ、昨夏エアコンを「分割」で購入しましたし、ひと夏エアコンを使わなくても夏終盤には背中が痛くなるという実験結果を得ましたので、今年の夏は「エアコンあり」ですよ。

      「想定通り」9月は背中が痛かったですが、もう「こうしていたら、、、」という心の迷いが吹っ切れていますから、はいはいはいはいと、ロキソニンを飲んで涼しくなって回復するのを待ちました。(笑)

      ご心配ありがとうございます、ご安心ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください