まいにち風太、まいにち田舎 (nya.172)

ねこ、風太 寝ぼけ

〈風太のごあいさつ〉このブログは、ラブリーなわしの写真と、季節の田舎の写真です。(写真見て「ホッ」としてくれたら、わし、嬉しいぞ♡)「にゅうがん」のことなら、最初は“にゅうがん4な私と風太(日本猫)のららら田舎生活” ブログについてから読んでください。ほんなら、またお会いしましょう。

ねこ、風太 大きい目

カメラ、近づけんな。

ねこ、風太 大きい目

その猫じゃらしは反則じゃろ。

丸顔に、丸みのある三角耳、アイライナーを引いたような大きな目と緑の瞳。

THE・日本猫!!風太!!

私は日本猫しか飼ったことがないのですが、どこから見ても「ねこらしい」シルエットの日本猫が大好きです。

ねこ、風太 しっぽ

これ・・・なに?

もうすっかり大きくなったはずですが、この頃の風太は「自分のしっぽ」に遊ばれていました。(笑)

自分でしっぽを振っておきながら、それを見て「スイッチ」が入り、どこまでも追いかけてしまう自分が止められない風太でした。

そして、今日の田舎は、

なんとまぁ、早くもあざみが咲いていました。

私の大好きな花です。

 

 

アザミ(薊)

アザミ(薊)

樒(しきみ)の花

樒(しきみ)の花

これの花が分かれば、あなたも立派な「真正の田舎者」(笑)

仏さまにお供えする「しきみ」の花です。

「しきみの花」は晩春の季語でもあるそうですが、春のお彼岸のお墓参りの頃にはもう咲いています。

お墓、仏壇、葬儀に欠かせない伝統的な樹木で、 葉には強い香りがあり、葉の乾燥粉末はお線香の原料でもあります。

仏教徒の田舎者は1年に何度もお墓参りをするので、大量の樒(しきみ)が必要なため、どの家も敷地の端に樒(しきみ)が植えられていて、春のお彼岸には「花の咲いた」樒(しきみ)をお供えします。

観賞用の花ではありませんが、親しい「春の花」ですね。

THE田舎の春の空

THE田舎の春の空

次は

です。

〈風太からひとこと〉 わしのブログを読んでくれてありがとう。 「まぁまぁ」ならポチッとしてやってください。       にほんブログ村 病気ブログ 乳がん ステージ3・4へ    

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください