まいにち風太、まいにち田舎 (nya.1026)

ねこ、風太 寝ぼけ

〈風太のごあいさつ〉このブログは、ラブリーなわしの写真と、季節の田舎の写真です。(写真見て「ホッ」としてくれたら、わし、嬉しいぞ♡)「にゅうがん」のことなら、最初は“にゅうがん4な私と風太(日本猫)のららら田舎生活” ブログについてから読んでください。ほんなら、またお会いしましょう。

ねこ、風太 ゴロゴロ

ふふふふふ♡

ねこ、風太 ゴロゴロ

ふふふふふ♪

ねこ、風太 ゴロゴロ

ええ風じゃ。

ほんに、いい風が吹き通っています♡

 

そして、今日の田舎は、

栗の木

栗の木

栗の木

栗の木

栗の木

栗の木

旺盛な生命力に圧倒される栗の木です。

〈風太からひとこと〉 わしのブログを読んでくれてありがとう。 「まぁまぁ」ならポチッとしてやってください。       にほんブログ村 病気ブログ 乳がん ステージ3・4へ    

まいにち風太、まいにち田舎 (nya.1026)” に対して 6 件のコメントがあります

  1. sizu より:

    おお、もう栗の実が育っていますね
    季節は秋 まだまだ暑いですが。

    母上は順調に回復されていますか
    暑さでまいる上に 痛いのはつらいでしょうね。
    打ち身は日にち薬で回復されるでしょう。
    ほんとに奇跡的です
    風太君が、弱っている人の傍に寄り添うのは何だか違うことを察しる能力があるのでしょうね
    うちも過去に小型犬がいましたが、やはりそうでした。
    家族の誰より優しいわと、いやみを言ったのを思い出しましたよ(笑)

    1. ふるゆら より:

      ははは、「家族の誰より優しいわ」というセリフは、母も聞こえよがしに何度もつぶやいていますよ。(笑)

      私たち人間は、「手助け」するけれど「口出し」もせずにはいられない生き物で、その点、寄り添うだけで決して非難しない「ペットセラピー」には遠く及ばないのですよね。

  2. ゆうこ より:

    まあ。なんちゅう可愛らしいお顔なんでしょうか 風太ちゃん。
    そちらは陽が射しているんですね
    こちらは一昨日からずーっと雨降りっぱなしです
    昨晩 私がしでかした衝撃的に恥ずかしい事を
    お教え致しましょうか。
    私は自分の部屋·····と言うよりお客さん用の部屋を
    使ってるのですが、暇だし ちょっと一服しようかと
    思いました
    下に降りる時についでに部屋で飲んだコーヒーカップと
    ソーサーを左手に、ゴミを右手に、ライターを
    ポケットに、タバコを一本·····ジーンズのポケットに
    入れたら中で折れるなと思いました
    口にくわえたら母に見つかって怒られるので
    どうしようと思った私は······なんとそれを咄嗟に······
    左耳の上裏に挟みました‼
    母に見つからないようにこっそり玄関から外に出て·····
    一服しながらしみじみおっさんの自分を感じずには
    居られませんでした
    ラインで友達に「ないわ~~····」と言われました
    もしかしてふるゆらさんは経験者ですか?

    1. ふるゆら より:

      こちらも、曇りがちな日が続いていますよ。

      ちょっと鬱陶しいなと思うのですが、でも、晴れるとたちまち暑くて暑くて、やっぱり曇っててくださいと、お願いしてしまいます。(笑)

      ゆうこさんの「衝撃的に恥ずかしいこと」を伺って思ったのは、私自身は、もうすでにそんな羞恥心レベルは超越しているということです。

      国際A級ライセンス保持者の「おっさん」である私が恥じるとしたら、「酔っぱらって公道で大いびき」でも目撃者がなかったら恥じません、その姿を目撃されて初めて「羞恥心」を思い出します、、、それでも3日で忘れると思います。(笑)

      1. ゆうこ より:

        え・・・・ほんとですか?
        国際A級ライセンスかあ・・・
        すごいんですね
        またひとつふるゆらさんをご尊敬申し上げる事が
        増えてしまいました
        私は今だかつて耳にタバコを挟んだ女性を
        見たことがありません
        そういう事は 競輪、競馬場、土木工事のおじさんの
        昼食後、ホームレスのおじさん、喫煙所でサラリーマンの
        おじさんが携帯をかばんから取り出す時、
        農家のおじいさん、漁師の方 等がする事と
        思ってました
        ふるゆらさんは羞恥心に関して寛大ですね
        カッコいいです
        私もそんな人になりたいです!

        1. ふるゆら より:

          私は、、、幼い頃から「男らしい」のです。

          昔は、3才年上の兄がいて、それを真似るせいで「男っぽく」なっているのだと思っていたのですが、社会人になる頃には立派な「おっさん」なってました。(笑)

          ずいぶん前に「前世が見える」という方にお会いして「私って、ほとんど男性として輪廻転生していると思うんですけど?」と自信満々に尋ねたら、「いえ、半々ですね」と言われ、、、じゃぁ、半分の女としての前世も「男らしい女」だったのだと思い至り、それ以来、自分が女らしさに目覚めることを諦めました。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください