まいにち風太、まいにち田舎(nya.1305)

ねこ、風太 寝ぼけ

〈風太のごあいさつ〉このブログは、ラブリーなわしの写真と、季節の田舎の写真です。(写真見て「ホッ」としてくれたら、わし、嬉しいぞ♡)「にゅうがん」のことなら、最初は“にゅうがん4な私と風太(日本猫)のららら田舎生活” ブログについてから読んでください。ほんなら、またお会いしましょう。

ねこ、風太 ひなたぼっこ
zzzzz
ねこ、風太 ひなたぼっこ
zzzzz
ねこ、風太 ひなたぼっこ
zzzzz

おっさん風太は、時々「日曜日のお父さん」のように見えることがあります。(笑)

 

そして、今日の田舎は、

新緑の柿の木
新緑の柿の木
新緑の柿の木
新緑の柿の木
新緑の柿の木
新緑の柿の木

何の変哲もない田舎ですが、時折り「ここは極楽か?」と思うのです。(笑)

〈風太からひとこと〉 わしのブログを読んでくれてありがとう。 「まぁまぁ」ならポチッとしてやってください。       にほんブログ村 病気ブログ 乳がん ステージ3・4へ    

まいにち風太、まいにち田舎(nya.1305)” に対して 2 件のコメントがあります

  1. 裕子 より:

    本当に。
    広い空があって 宝石のような黄緑色に囲まれて 風太ちゃんがいて。
    穏やかに時間が流れる祝福された場所。
    これ以上 何を望むの?って思います
    風の強い日は 柿の木や他の木々達はざわわ〜ざわわ〜って
    いうのでしょうね
    風が吹いても雨が降っても おそらく雷が鳴っても
    雪の日も暑い夏の夕暮れも 枯葉も落ちた寂しい晩秋でさえ、
    世界中のどこに行ったとしても
    いつもいつもそこに居たい、帰りたいと思ってしまうでしょうね

    ここを置いて、他にどこに行くの?と。
    憧憬。 これ以外の言葉が見つかりません
    ふるゆらさんは大きな宝物を持っています

    1. ふるゆら より:

      はい、逆に自然が身近にない所では生きていけないという「危機感」があります。(笑)

      もし街中に住むようなことがあっても、公園とか神社とか、窓から緑が見える環境を必死に探すと思います。

      何と言うか、、、「地球も生きてるんだなぁ」と感じられないと、迷子になったように心細くなって、心が萎れてしまうのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください