アニメの夏と「感謝の石」 (nya.684)

オナガアゲハ蝶

「感謝の石」をポケットにしのばせることにしました。 (2018年9月14日)

私という人間は基本、出不精で受け身です。

このようなブログを書いておきながら恐縮ですが(笑)、SNSが全盛で、誰もが誰かと繋がりたがり、自分の目にしたものを誰かと共有したがる風潮に、「おっと、、、無理」と背を向ける「スナフキン」です。

でも、そのような刺激の少ない生活を送ることにもメリットはあって(笑)、「小さいけれど大切なサイン」を割合感度よく受信できるように思います。

以前のブログでも『 天に口無し人を以て言わしむ』という言葉を使いましたが、刺激の少ない生活では、アチコチに散りばめられて自覚を促すサインに嫌でも気付きます。

その時々の私に必要なキーワードは、ひとたび琴線に触れると、まるで神さまか守護霊さまが「YES、YES、YES」と叫んでいるかのように日々の生活の中に執拗に織り込まれて、「分かった、分かりましたっ」と気付かないことが難しいくらいです。(笑)

オナガアゲハ蝶

最も多いのが言葉、最も強力なのは神社でしょうか。

最も強引に「呼ばれた」のは長野県の戸隠神社で、それまで生きてきて、まったく存じ上げることなく過ごし、「今年の秋は紅葉を見に行こうかな、戸隠?どこ?それ?」レベルから、1か月後にはご挨拶を申し上げるという剛速球でした。(笑)

しかも「紅葉するほど冷え込む」にもかかわらず、奥宮では私の前を「にょろにょろ」さまが横切るのですから、これは、もう、ほれ、あれですね。(笑)

戸隠神社も、今年ご挨拶した多賀大社もそうですが、本を読んでもテレビを見ても、サインがピカピカと明滅し、そんな時は「御意、すぐに伺います」と喜んでサインに従うことにしています。

以前にも私の「数秘術」の数字が「11」で、その特徴がドンピシャだとご紹介したのですが、『運命数11の人は理屈ではなく、直感に従って行動します。動機が「なんとなく」であることが多いのが特徴です。そのなんとなく行動した結果、成功をおさめる傾向があります。』という言葉の通りに生きています。(笑)

オナガアゲハ蝶

そんな私が「野生の勘」に導かれるまま「1年間の休職延長」という結論に至るまで、そりゃあもう、グズグズと悶々と七転八倒し七転び八起きしました。(笑)

・・・といっても、「根を詰めて考え抜く」という美質を持ち合わさない私ですので(嘆息)、『そろそろ、何かのサインが降ってきてもいいんだけど・・・』と、空を見上げ、風に耳を澄ませては、ボーっとして、毎日をいたって呑気に「休職」していた訳です。(笑)

信仰心を持たず信心深い程度の私ですが、「必要な時には必ずサインが現れる」ことを確信していますし、そうでなかったら「迂闊な私」などとうの昔に漂流して、今の場所に立っていなかったこともまた、確信しています。

「休職を延長して休みたい」という気持ちは固まりつつあったのですが、もう一押し「これでいいのだぁ」と思える「何か」を求めていました。

オナガアゲハ蝶

「夏の酷暑をエアコンなしで過ごす」自由研究という暴挙に挑んだ私は、7月と8月の2ヶ月、思考停止しました。

人間35℃を越えると「何も考えられない」ことを体感として学びました。

「何も考えられない」と自制心も溶けて消えます。

私は、いつの間にか「無料動画アプリで名作アニメを見る」という、これまでは理性で押さえつけていた「禁断の果実」をむさぼっていたのです。

なぜ?それが?禁断?というと、「とめどなく見て、他のことを疎かにする」意志の弱さにあります。

好きなアニメを見始めたら、睡眠を削り、本も読まず、風太と散歩するのも後回しにしてしまうだろう私がいます。(嘆息)

折しも「夏休み企画、人気アニメ一挙配信」されていました。

私は『HUNTER×HUNTER』にハマりました。(笑)

現在127話、30分x127=3810分=63.5時間です。(嘆息)

そしてもちろん、『スラムダンク』も見ています。

オナガアゲハ蝶

ところが、これぞ『人間万事塞翁が馬』(人間の吉凶・禍福は変転し、予測できないことのたとえ。また、だから安易に喜んだり悲しむべきではないということ。)、このブログでも何度も噛みしめている言葉です。

久々に出会う生命力のキラキラしたキャラクターとわくわくするストーリーに、私の心はどんどん明るく元気になっていきました。

「これがサインだったのか」

私に足りないものは「元気」でした。

がんの告知を受ける前から続く体調不良、他人様に迷惑をかけないように働かねばと空回りする緊張、会社の制度とは言え働かずに手当金をいただいている背徳感。

荒唐無稽なアニメを見て、青臭いセリフを聞いて、どんどん元気になる自分を感じて、私に足りなかったものは「自分を信じる前向きな心」だと思いました。

体は確かに病を抱えていますが、心まで引きずられて萎縮したまま何年も過ごしてきたことに気付きました。

「今の自分を肯定する」と思えるくらいに元気になったら、いろんなことが分かりました。

「休みたい」なら休めばいいと、望めば叶えられる幸運を自分が手にしている感謝。

身体障碍者の家族を持ちながら、病を持つ身でありながら、五体満足で暮らしていること、五感を奪われることなく生きることを楽しめていることに対する感謝。

つまり、今のままで十分、私は恵まれ護られているということに確信が持てたのです。

オナガアゲハ蝶

そして8月の下旬、友人に会い、別れ際に「ドクターディマティーニはいいよ、調べてみて」と言われました。

「どくたーでぃ・・・、なんじゃそら?」と思いましたが、時間はたっぷりある私です。

忘れないうちにと検索しました。

Dr.ジョン・F・ディマティーニが40年以上に渡る物理学、哲学、理論、形而上学、心理学、天文学、数学、神経学、生理学の研究から導き出した自己変革メソッドが『Demartini MethodR』(ディマティーニ・メソッド:以下DM)です。

 
DMはこれまでの成功哲学、自己啓発プログラムで教えていることの盲点をカバーした、真の意味でのUniversal Law(宇宙の法則)に基づいた自己成長&成功プログラムであり、世界最高峰の人間関係改善プログラムとして知られています。

http://www.japandma.com/method.html

ますます「???なんじゃそら?」です。(笑)

さらに検索を進めると、『ザ・シークレット』で紹介されている人とあります。

『ザ・シークレット』は10年近く前にベストセラーになっていたので、本読みの私は題名だけ記憶があります。

「ああ?あれか・・・たしか私の嫌いな自己啓発本だったような・・・」と思い出しました。

ただ、忙しい生活の中でなら「決して手に取らない」類の本であっても、今の私には時間がただただ、たっぷりあるのです。

オナガアゲハ蝶

『ザ・シークレット』(The Secret)は、2006年のインタビューを集めた映画、または、これを下敷きに映画の後に出版された、ロンダ・バーンによる2006年の自己啓発書である。ポジティブな姿勢を保ち「思考そのもの」を変えることで現実を変えることを目指す疑似科学的な積極思考(ポジティブシンキング)、「引き寄せの法則」を主題とする[3][4]。書籍は50か国で訳され、2000万部以上売り上げている[5]

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B6%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88

「引寄せの法則」には興味があります。

その上ベストセラー・・・、「まぁ、話のタネに読んでみるか」と思い、ブックオフで「ポチッと」しました。(笑)

本の内容は、「引寄せの法則」は「万有引力」と同じ宇宙の法則で例外はない、この世はすべて人も物も波長を発していて同じ波長のものを引寄せる、いいことを引寄せたいなら、具体的にいいことを思い浮かべ、そのいいことを既に手にしている自分をシュミレートして喜び感謝すると、そのような思念にいいことが引寄せられて具現化するというものでした。

私自身、ちょうど「何か幸せを得たいなら対価が必要だ」と思う呪縛から逃れようとしている時にこの本を読んだのですから、これぞ「引寄せの法則」ですね。(笑)

内容についての賛否はいろいろ思うところがありますが、いい気持ちでいたらいいことが引寄せられるのなら、これほどいいことはありません。

オナガアゲハ蝶

ふむふむと読み終えて、一つのエピソードが心に残りました。

「感謝の石はいいな」と思ったのです。

「感謝には大きな力がある」という章で、アメリカ人男性がその辺にある石を拾っていポケットに入れ、その石に触れるたびに何かに感謝をするという習慣にしたら、いいことがいっぱいあったというのです。

本に紹介されている男性のように、いいことがいっぱいあるといいのですが、私の場合は「感謝を習慣にする」のに、とてもいいと思いました。

せっかく得た元気です。

元気でいるためには自分を信じること、自分が正しいと信じることではなく、自分は今のままで十分に幸運を手にしていて、それくらいに護られていると確信すること。

そしてその確信の先にあるのは「感謝」です。

つまり、感謝を続けられれば、私が護られていることを忘れないだろうという逆転の発想です。

さっそく「感謝の石」をポケットに入れました。

お守り、天然石ブレスレット、そして「感謝の石」、迂闊者の私には、これぐらいが安心です。合掌。

オナガアゲハ蝶

次は

です。

〈風太からひとこと〉 わしのブログを読んでくれてありがとう。 「まぁまぁ」ならポチッとしてやってください。       にほんブログ村 病気ブログ 乳がん ステージ3・4へ    

アニメの夏と「感謝の石」 (nya.684)” に対して 2 件のコメントがあります

  1. ちゅん太 より:

    ふるゆらさん 
    相変わらず毎日楽しそうで何よりです。かく言う私も相変わらずの乳がん放置プレー続行中ですが、相も変わらず楽しく平穏な日々です。数秘術?11 多分年齢も同級生 独身 物の感じ方、考え方、そして乳がん その他諸々   何だかとても勝手に親近感を感じます。
    心や身体のサインを完無視し続けてアホみたいに 飲んで、吸って、寝ないで、働き続けてきたことにガン告知を受けて やっと目が覚めた迂闊者です 笑 
    そして今だ吸い続けています あはは たまに飲んでます うふふ
    私も会社、同僚に対しての背徳感 ありました。ありました。ありました!
    が、今はふるゆらさんの様に「今のままで十分、私は恵まれ護られている」と思えるように
    そして ありがたい。ありがとう。と思っています。 思うならもっと働いてくれ!と多少は会社も思っているよね??というくらい 楽をさせて貰ってます。本当にこんなことあるんですね~ こんなんでいいんですね~幸運の星の元に生まれたんだ と思うしかありません 溜息 ← ふるゆらさんのマネ w

    ブログ楽しみに読んでます。 お互い これからもふわ~っと毎日を楽しんで行きましょう♪

    1. ふるゆら より:

      ちゅん太さん、初めまして&コメントありがとうございます。

      『数秘術?11 多分年齢も同級生 独身 物の感じ方、考え方、そして乳がん その他諸々』+酒&タバコ(爆笑)

      そんなにシンクロする方がこの世にはおられるのですね☆世の中広いですね☆(笑)

      ちゅん太さんがおっしゃる通り、私のような迂闊に生きている者がこんなに幸運の星の下に生まれていいのか、と思うくらいのほほほほぉ~んと暮らしております。 

      そしてそれが私だけではないと知って、安堵いたしました。(笑)

      そんな私には、私なりのこの世での「お役目」が残っているのでしょうし、そのお役目を精一杯お努めしたいと思っておりますが、以前の仕事のように自分を追い詰めることなく果たすことをちゅん太さんに誓います。

      病という転機を得たのですから、少しは賢くふるまいたいものです。

      ちゅん太さんも「頑張り過ぎスイッチ」が入ってしまわないようにご用心。(笑)

      全くもって同感です『お互い これからもふわ~っと毎日を楽しんで行きましょう♪』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください