ふるゆらのおすすめネットニュース1 (nya.1265)

ねこ、風太 ひなたぼっこ

「暇人の私にできること」はコレじゃないかと思いました。(笑) (2020年4月17日)

先日、普通にフルタイムで働いている友人と話す機会があり「情報ギャップ」を感じました。

あり余る可処分自由時間を持つプータロウの私と、フルタイムの仕事に日々追われているカタギの友人とでは、圧倒的に情報に触れる時間が異なりますが、「それにしても、、、こりゃヤバイ」と、危機感を持った次第です。

特に今は、日々刻々と状況が変わっていく激動の時代、どれくらい量の情報を得ているかではなく、「どこから」情報を得ているか、その情報の「確度」が問われているように思います。

ねこ、風太 ひなたぼっこ

ネット界隈では、かなり前から「情弱(じょうじゃく)」という言葉が定着しています。

「情弱=情報弱者」、既存のオールドメディア(テレビ、新聞、雑誌)にしかアクセスできない人を指し、おもにお年寄りはネットにアクセスできないため「情弱」だとされ、自らネットで情報獲得に動く人と、現状認識に大きなギャップが生まれてきていると言われています。

象徴的なのが「安倍政権への支持率」で、オールドメディアから流され続ける安倍批判を聞く高齢者の支持が低いのに対し、オールドメディアをパスしてネットニュースで情報を得ることを当たり前としている20代30代は、雇用を拡大し、就職難を劇的に改善した安倍政権支持が高いのです。

私たちアラフィフが、「年寄りは自民党支持、若者は支持政党なし」と漠然と考えている色分けは、今は昔、になり果てています。

ねこ、風太 ひなたぼっこ

私自身の場合は、雑誌はもともと読みませんでしたが、数年前からテレビをほとんど見なくなったのはオールドメディアの偏向報道とは別の理由、「見続けることが苦しくなった」からです。

人は猥雑で、下世話で、邪で、時には狂気をはらむものだと重々承知して生きているつもりですが、それを毎日毎日「情報」として声高に教えてもらわなくてもいい、と辟易したのです。

現実が完璧や完全でないことも重々承知していますが、欠陥や欠点を得意げに指摘し続けるだけで、決して建設的な対案を提示しない「コメンテーター」という名の、専門知識を持たない有象無象の話を聞くことにも、馬鹿馬鹿しさを超えて苦痛でした。

ねこ、風太 ひなたぼっこ

そして今、ネットでしか情報を得ない私と、育児や仕事、時間に追われて、在宅中のわずかな時間は、今まで通りテレビをつけっ放しで聞き流している友人と話してみると、もう、話がかみ合わないのです。

友人が「あれは、こういうことだったんだよね」と言い、私が「それはネット界隈ではとっくにフェイクニュース断定されている」と訂正することが何度も発生する始末です。

そして「悟った」のです。

このブログの読者の方々が、私くらい「暇人」なはずもなく、私の友人と同じような年代、同じような日常ならば、私が「なかなかいい♪」と思ってニュースソースにしているユーチューブを紹介したら役に立つこともあるんじゃないか?

これは、日々ユーチューブに膨大な時間を費やしている自堕落な私に出来る、みなさんへの極小の贈り物になるんじゃないかと、卒然と悟ったのです。(笑)

ねこ、風太 ひなたぼっこ

いつもながら、前置きが長いですね。(笑)

さっそく「おススメYouTube」をご紹介しようと思うのですが、その前に一言申し上げておくべき注意点があります。

皆様の「お忙しさ」を勘案して、15分以内の軽めなものをチョイスしました。

30分以上の重いものは、後日ご紹介します。

また、私自身のポジションは、日本国内の「右翼or左翼」で言えば、保守的な右寄りだと思いますが、それは、日本国内の「保守、リベラル」の使い方が全く間違っているためであり、自分自身は理想よりも現実の改善を求める「リアリスト」だと思っています。

そしてネット社会では、左翼やオールドメディアから「ネトウヨ(ネット右翼、過激保守)」と蔑まれる多くの「右寄り」の方が、私と同じような「リアリスト」だと思いご紹介します。

どれか一つ二つ、気に入るものがあれば、チャンネル登録して追いかけてみてください。

オールドメディアから得る情報とは全く別の情報がここにはあります。

ねこ、風太 ひなたぼっこ

あ、あともう一言です。

ネット動画は、一見してテレビと変わらない「きちんとしたもの」は少数で、匿名性を確保するために、コメンテーターの多くは顔出しを避けています。

サングラスとマスクで覆面状態だったり、アニメの女の子だったり、犬だったり蛙だったりしますが、発信されている情報の確度は高く、コメントは「頭いい」と唸らされるものばかりです。

アラフィフの私と同年代でも「ドンズバ・アニメ世代」、自分の代わりになるアイコンを登場させようと思ったら、お笑いに走ってしまうのもむべなるかな、です。

そういう意味で、初見ではちょっと「のけ反る」こともあるかとは思いますが、そこを乗り越えて(割り切って)、コメントに耳を傾けてください。合掌。

ねこ、風太 ひなたぼっこ

次は内容はちょっと固めです。・・・でもないか。(笑)

次は更にハードな内容で、私にはこれくらいが楽しいです。

最後に息抜きです。

でも、ちょっと笑えません。

・・・で、最後の最後に、超変化球です。

たまに時事ネタも話しますが、社会の裏側をお話してくれます。(笑)

〈風太からひとこと〉 わしのブログを読んでくれてありがとう。 「まぁまぁ」ならポチッとしてやってください。       にほんブログ村 病気ブログ 乳がん ステージ3・4へ    

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください