無念、無敵の風太、5種ワクチンに完敗して高熱を出すの巻 (nya.181)

ねこ、風太 岩の上

このあと、わしにあんな悲劇が起こるなんて、お釈迦様でもご存じあるまいに。

ゆーとくけど、わしは今でも無敵じゃから。 (2017年4月)

2013年11月生まれの風太は、2017年4月現在、3才です。

正確に言うと3年5カ月ですので、人間で言うと30才くらいでしょうか。

今まさに「男盛り」ですね。

人間の年齢を猫に当てはめると、1年で17才になり「成人」、3年で28才。

それから6年=40才までが成人期で、7年=44才になると高齢期に分類されます。

これからまだまだ「男盛り」が続くわけです。

風太の「男盛り」を感じるのは後姿で、腰からお尻のラインが「プリッと」していて惚れ惚れします。(笑)

ねこ、風太 後姿

 

猫にもそれぞれ個性があり「性格」があるのでしょうが、風太は間違いなく「アウトドア」派です。

とにかく屋外で過ごすことが好きで、家に閉じ込められるとフラストレーションを感じるようです。

「昭和のサラリーマン」みたいにワーカホリック気味で、雨でも真冬でも「巡回を怠らない」働き者です。

私の出勤時間=8時30分に合わせて、風太も「巡回警備」のお仕事に出ます。

「すみればあば」=母が、『お昼には帰って来なさいよ』としつこく言うので、昼前に畑で野良仕事をしている「すみればあば」の足元に現れ、『義理は果たしたゼ、文句言うなヨ』と「無事をアピール」すると、再び巡回警備のお仕事のために畑の向こうに消えていきます。

ねこ、風太 後姿

私が帰宅する午後7時30分くらいが、風太の終業時間です。

「すみればあば」は『暗くなる前に帰りなさい』と口を酸っぱくしてお願いしていますが、暗くなっても不自由のない視力を持ち、腕時計を身に付けているわけでもないので(笑)、「残業」が発生すると夜の10時ころに帰宅することもままあります。

そういう時、心配のあまり「すみればあば」が『ふうたぁ~、ふうたぁ~』と呼びながら我が家の近辺を歩くのですが、多分ご近所では「すみればあばのうわ言を言いながらの徘徊」として恐れられているのではないかと思います。(笑)

ねこ、風太 巡回中我が家は「あと一歩で限界集落」という立地ですので、ご近所に猫を飼われている家が少なく、競合相手のいない風太のテリトリーはかなり広いと思われます。

オス猫の生活圏は、メス猫の3.5倍くらい広いそーです。(嘆息)

休日にお散歩している時など「見間違いか?」と思うほど家から離れた場所で、風太を目撃します。

一般的に言われているのは、野良猫で半径500m前後、飼い猫が迷子になると半径100〜200m前後が一日の行動範囲の限界とされているようですが、風太の場合、野良猫に近いテリトリーを「締めて」いるのでしょう。

巡回中、他の猫に出くわした時はケンカをしているようですが、今のところケガをして帰ってきたことはなく、たまに現場を「目撃」した時は、常に「風太が他の猫を追いかけている」シチュエーションなので、立派に自分のシマを維持しておられるようです。(笑)

「無敵」の風太がシマを歩く姿は、殿様の品格を漂わせています。

ねこ、風太 隣の家

チェック完了、異常なし、隣の家。

 

さて、そんな風太ですので年に1回の「ワクチン接種」は欠かせません。

猫のワクチンは

[3種] 猫ヘルペスウイルス(猫ウイルス性鼻気管炎)・猫カリシウイルス(1種類)

   ・猫汎白血球減少症(猫パルボウイルス感染症/猫伝染性腸炎)
[4種] 3種+猫白血病ウイルス感染症
[5種] 4種+クラミジア感染症
[7種] 5種+猫カリシウイルス(3種類)

とあり、内猫なら[3種]、外猫なら[5種]とされています。

ねこ、風太 巡回中

もちろん、ここもわしのシマ。近所の家の庭。

風太はもちろん[5種]ですね。

去年も4月に5種ワクチンを打ったのですが、「しばらく安静にしてくださいね」と動物病院で言われたにもかかわらず、全然安静にしなかったので、今年は夕方遅い時間に注射してもらう作戦にしました。

「お局」の私は、石上神宮へお礼参り(1泊2日)に行くのに合わせて5連休をとっていたため、その初日に行きました。

石上神宮への出発は連休3日目=明後日の朝です。

動物病院まで車で10分ほどの距離ですが、ここでも「アウトドア」派の風太は、移動のためにキャリーケースに入れられるのが「嫌い」、車に乗るのは「もっと嫌い」なので毎回大騒ぎです。

『わし、死ぬんすか。このまま、わし、死ぬんすね。こんな変なもんに入れられて、わし死ぬんすか』

「おおおおおおおん、うおおおおおお~」と猫とは思えない声で鳴き続け、車の運転が落ち着いて出来ないので、毎回「すみればあば」が助手席に乗り、風太の宥め役をしてもらっています。

動物病院の先生が、「今年は去年の製薬会社のワクチンが手に入らなかったから、別の製薬会社の5種ワクチンを打ちますね」と言われたので、「ハイハイ」と返事をして、「プシュッと一発」お尻に注射してもらって完了。

猫のはずなのに、犬の遠吠えのように鳴く風太を連れて帰宅。

その晩は変わった様子もなく私の枕元に丸まって就寝したのに、朝になってみると、明らかに具合が悪くなっていました。

 

ねこ、風太 丸くなる

いつもは私が起きるのに合わせて動き出すのに、丸まって寝たままです。(涙)

身体に触れると痛いらしく「ううぅぅううぅぅううぅぅううぅぅ」と唸っています。(涙)

私もインフルエンザのワクチンを打つと腕が地腫れして数日痛むので、風太のお尻もそんな感じだろうと思い、24時間は様子を見ることしようと決めました。

そして夕方、一向に回復しません。(涙)

水も飲まずに丸まって寝ています。(涙)

触ると唸ります。(涙)

5種ワクチンの製薬会社が変わったのが合わなかったようです。(涙)

明日の朝から私は「すみればあば」を連れて石上神宮に行く予定ですが、こんな調子では「すみればあば」は家に残って看病すると言い出すでしょうし、私も心配でたまりません。

キャリーケースに入ることに「それでも」抵抗する風太を押し込んで動物病院に行き、体温を測ってみると40度!!

この日1日いつ触っても「耳が熱かった」ので熱が出ているとは思ったのですが、高熱です!!

猫の体温は38.5度くらいで、それでも40度を越えたら「高熱」だそうです。

動物病院の先生が「今日来てくれて良かった。これで楽になりますよぉ~」と言いながら解熱の注射を打ってくださいました。

『ああ、良かった、風太ごめんね。24時間待たなきゃよかった』と風太に謝りながら、お会計を済ませて車にのるまで、10分。

・・・・・・風太【復活】!!

行きの車の中では小さな声で唸るばかりで、いつものようにキャリーケースから顔を出す余裕もなかったのに、今はもう大きな声で「遠吠え」しながら、車窓の景色を見てキョロキョロしています。

はやっっ!!

いくら何でも【復活】が早過ぎでしょう、と笑いながら家に帰りました。

そして、その夜もいつもの通りに私の枕元で就寝。

翌朝は、もう外に出たくて仕方がないらしく(笑)、しきりに「元気アピール」をしてうろうろしています。

さすがに昨日の今日なので「外出禁止」を申し渡すと、屋外で「用を足す」男の醍醐味を奪われた腹いせに、トイレの猫砂チップを半分以上外に掻き出していました。(笑)

もう安心です。

「安心して石上神宮に行けるように治ってくれてありがとうね、風太」

ねこ、風太 顔洗う

はぁ、もう、えらいめにあったわ。

猫の寿命は室内飼いの方が長くなると言われていて、日本猫の場合10年から13年だそうです。

「おんなじだけ生きようね、風太」

「だから病気なんかにならないでね、風太」

 

次は

です。

〈風太からひとこと〉 わしのブログを読んでくれてありがとう。 「まぁまぁ」ならポチッとしてやってください。       にほんブログ村 病気ブログ 乳がん ステージ3・4へ    

無念、無敵の風太、5種ワクチンに完敗して高熱を出すの巻 (nya.181)” に対して 8 件のコメントがあります

  1. とことこぱん より:

    はじめまして。
    とことこぱんです。
    ブログから元気をもらいました。
    完読です。
    風太は、人生楽しんて生きてる感がつまってるしあわせネコ様ですね。
    出会うべき出会った運命ですね。
    ジャンプしてる姿惚れ惚れします。
    風太ファンになりましたよ。

    ちょっと自己紹介
    わたしも突然の乳がん告知で多発性骨転移ステージ4、気持ち同じだぁとうれしくなりました。
    のら癌患者
    まぁまぁ元気も同じです。
    これからも楽しみにしています。

    1. ふるゆら より:

      「とことこばん」さん、コメントありがとうございます。

      「完読」ありがとうございます。とてもとても嬉しいです。

      なむなむ、合掌。

      私と同じ【乳癌ステージ4】、多発性骨転移、のら患者、まぁまぁ元気、気持ちも同じ、とお伺いして、「おお、いっしょ♡」と思い、その点でも嬉しいです。

      風太は、ほんとうに猫生を楽しんでおられます。

      私と同じで、自然の中で過ごすことが大好きで、自然に囲まれて暮らせているのですから、「幸せな猫」決定ですし、そんな風太をカメラを持って追いかける私もニコニコです。(笑)

      ほんとうに「自然児」の人と猫の運命の出会いですね。まったくです。

      「とことこばん」さんと私、【乳癌ステージ4】のら患者同士、生きることを大いに楽しみましょうね。

      それでも落ち込んだ時は、「風太のジャンプ」を思い出して笑ってください。(笑)私もそうしています。(笑)

      お互いに「まぁまぁ元気」なのですから、これから「ながぁ~く」ご贔屓のほどよろしくお願いします。

      こうしてコメントをいただくと、本当に励みになります。

      風太と私のブログで「ふっ」と笑えた時には、また「笑えたよ」とお知らせください。

      私のブログの「目標」はソレです。(笑)

  2. 金太郎 より:

    風太殿の快復の早いこと、さすがふるゆらさんの相方だけのことはあります。
    良かったですね。

    製薬会社が違うと同じワクチンでも組成が違うのかしらん?
    油断できないですね。

    そういえばうちのワンコにもかかりつけの病院からワクチン案内のはがきが来てたっけ。

    1. ふるゆら より:

      はい、「金太郎」さん、うちの相方はよくできた猫です。(笑)

      ほんとうに、「家族」というより「相方」です。

      抱っこが嫌い、膝の上でゴロゴロするなんてあり得ない、お前はサラリーマンのオヤジか!!というくらい寝る時だけ家に帰る風太ですが、風太が自由に振舞って、寝る時だけ私の枕元に丸くなるのが、私の喜びです。

      猫好きは「マゾ」って本当ですね。(笑)

  3. ののはな より:

    風太復活よかったですね~!!
    それにしてもふふみさんの風太の写真が岩合さん並にすごい!完璧なジャンプGOE+3だわ。

    1. ふるゆら より:

      はい、ありがとうございます。

      風太は私の「ざしきわらし」、元気でいてもらわないと困ります。

      風太のジャンプ、笑えるでしょ?

      あれくらいの距離なら「おちゃのこさいさい」なので、自慢気な表情なのがまた笑えます。(笑)

  4. ともろー より:

    お久しぶりです。
    風太さん復活良かったです。読んでて涙目(涙)

    あ、手術終わりましたよー。連休前には退院しますよ。毎日リハビリしながら呑気に過ごしてますよ。

    1. ふるゆら より:

      「ともろー」さん、手術お疲れさまでした。

      一歩前進ですね。

      体調が良くない日が続くと痛みや不快で「精神体力」が削られて、低空飛行になることもあるかと思いますが、そんな時は「風太のジャンプ」を見て脱力してください。(笑)

      風太が元気になってくれて、私もすごくうれしいです。

      どこまでも男の中の男、風太本人は「わしは今に生きる男なんじゃ」「そんな昔のことにこだわるな」と高熱の翌朝から『普通』です。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です