まいにち風太、まいにち田舎 (nya.535)

ねこ、風太 寝ぼけ

〈風太のごあいさつ〉このブログは、ラブリーなわしの写真と、季節の田舎の写真です。(写真見て「ホッ」としてくれたら、わし、嬉しいぞ♡)「にゅうがん」のことなら、最初は“にゅうがん4な私と風太(日本猫)のららら田舎生活” ブログについてから読んでください。ほんなら、またお会いしましょう。

ねこ、風太 巡回

らんらんらん♪

ねこ、風太 巡回

らんらんらん♪

ねこ、風太 巡回

らんらんらん♪

ねこ、風太 巡回

らんらんらん♪

分かります。春というだけで楽しいです。(笑)

 

そして、今日の田舎は、

鈴蘭水仙(すずらんずいせん)

鈴蘭水仙(すずらんずいせん)

いちごの花

いちごの花

シャクナゲの花

シャクナゲの花

すみれ

すみれ

これほど群生しているすみれは初めて見ました。

こうなるとすみれも華やかです。

 

次は

です。

〈風太からひとこと〉 わしのブログを読んでくれてありがとう。 「まぁまぁ」ならポチッとしてやってください。       にほんブログ村 病気ブログ 乳がん ステージ3・4へ    

まいにち風太、まいにち田舎 (nya.535)” に対して 4 件のコメントがあります

  1. ののはな より:

    風太、一直線に駆けて来てますね!
    ふるゆらさんとの絆を感じます。
    そしてスミレ!!こんな群生見たことないです。
    貴重な写真ですね。

    1. ふるゆら より:

      はい、風太はまた私に合わせて「足が痛く」なっています。(笑)

      ・・・これが「絆」・・・ぷぷぷぷぷ

  2. ポチ より:

    ふるゆらさん 毎日の更新、ありがとうございます!
    風太さんの姿、風景、花の写真に、日々心潤されております。

    すみれの花の群生、、、出会えたふるゆらさん、きっとよいことあります!ブログで見れた私たちも
    、、四つ葉のクローバーみたいに嬉しいですね!

    スラブ民話〈12の月の物語〉に、冬の森にスミレを摘みに行く場面があります。
    3月の精が杖を振ると、冬の森が、みるみる春を迎え、低い木の茂みの下にすみれがさきみだれるところが、大好きで、今日の写真を見て、私もそこに行ってみたい、、見たいなあと思いました。

    中国の昔話、〈花仙人〉も、この季節に思い出します。
    花を手折られ悲しむ老人に、花の精が現れ、落花返枝の術で花を生き返らせる、、この季節、、大きな自然も、一輪の花も、その命を守り輝かせる神様の存在をことさら感じますね。

    今年は ヒノキ花粉にやられてしまいましたが、鼻をかみかみ、ハナをつれてウロウロと、私も毎日歩き回っています、庭の残念な紅葉くんも、帽子のようにこんもりと若葉を茂らせました!!

    1. ふるゆら より:

      ポチさん、春になりましたねぇ。

      ・・・というか、「暑い」と「寒い」が極端で大変です。(涙)

      風太も時々くしゃみを連発します。(笑)

      風邪かなと思っていましたが、「花粉症」だったら笑えますね。

      野の花も、春の花と初夏の花が一気に咲いていて、なんだか混乱しています。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください