まいにち風太、まいにち田舎 (nya.1100)

ねこ、風太 寝ぼけ

〈風太のごあいさつ〉このブログは、ラブリーなわしの写真と、季節の田舎の写真です。(写真見て「ホッ」としてくれたら、わし、嬉しいぞ♡)「にゅうがん」のことなら、最初は“にゅうがん4な私と風太(日本猫)のららら田舎生活” ブログについてから読んでください。ほんなら、またお会いしましょう。

ねこ、風太 水飲み

へへへ♡

ねこ、風太 水飲み

んまんま♡

ねこ、風太 水飲み

んまんま♡

時に驚くほど長時間水を飲み続けるのですが、どうやら巡回業務中のマーキング用に仕込んでいるようです。(笑)

 

そして、今日の田舎は、

コスモスの終わり

コスモスの終わり

コスモスの終わり

コスモスの終わり

コスモスの終わり

コスモスの終わり

コスモスの終わり

コスモスの終わり

この時期のコスモスが一番好きかもしれません。

〈風太からひとこと〉 わしのブログを読んでくれてありがとう。 「まぁまぁ」ならポチッとしてやってください。       にほんブログ村 病気ブログ 乳がん ステージ3・4へ    

まいにち風太、まいにち田舎 (nya.1100)” に対して 2 件のコメントがあります

  1. ゆうこ より:

    わかります!
    誰も見向きもしなくなって花も小さくなって
    種も出来てるのになぎ倒されてる中 つぼみもある
    まばらで風に吹かれてるのは可憐です
    晩秋も寂しい落ち着きがあって いとをかし。
    花火もドーンと上がったあと パラパラチリチリと
    消えゆく火の残像が美しいです
    桜も満開で花見の人だらけの上野公園よりは
    地元の誰も居ない奥まったところではらはらと散って
    地面でくるくるとつむじ風に巻かれてるのが好きかも
    りんごやグレープフルーツの傷のついたもの
    最後に1個だけなっている柿の実
    人や自転車に踏まれて割れて落ちているたくさんのどんぐり
    夜中にいつまでも鳴いている野良の子猫
    感傷的になるものはたくさんありますね
    以前はこんな私ではありませんでしたが(‘‐’;)

    1. ふるゆら より:

      花にもよりますし、牡丹や曼殊沙華のような華やかな花の満開に出会うと、見事なものだとうっとりしますが、散り際の美しい花は愛おしいなと感じます。

      空から音もなく落ちてくる桜の花びらや雪、たぶん、普段意識しない「時の流れ」を美しく見せてくれるから、同じ時の旅人である自分と共鳴して、はっとするのですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください