運命の出会いに感謝「初めてのギプス生活・お助けセット」(笑) (nya.328)

ねこ、風太 寝ぼけ

あ~あ

インターネットショッピングがある時代に骨折して良かった♡と思う日々 (2017年9月22日)

 

当初の予定なら今日は、「抜糸が済みました。ギプスもとれました。リハビリ始動です。」という報告をする予定にしておりました。(嘆息)

「おりました。」と過去形で表現する以上、「予定通りにならなかった」ということですね。(嘆息)

いえいえ、順調なんです、本当に。

手術前、「ちょっとぐらい骨がずれても手術で治すから大丈夫」と、主治医から力強いお言葉を頂戴したことに励まされ、右足首の腓骨骨折であるにもかかわらず、痛くないのをいいことに、立ったまま階段の上り下りをしていたことは「告白」したと思います。(笑)

そして退院。

「こける時は変に庇わず、思いっきりこけた方が怪我がない」という格言をいただきました。

こけることなく手術後2週間が経過し、「足をついても全然痛くないのに松葉杖を使うことに飽き飽きした」私は、抜糸前にも拘わらず、松葉杖なしで階段の上り下りをするまでに快復しているのです。(笑)

毎週水曜日が私の「整形外科・病院DAY」ですが、先週の診察で「血栓も出来てないし、来週は抜糸です」と言われ、心も軽く診察室に入りました。

包帯を外されギプスを外された時、医者は言いました「あ?お汁が出てる」

手術は腓骨骨折後、完全に腫れが引かない時点で行われたのですが、その時は「ぴったり」縫い合わせていたものが、腫れが「すっかり」引いた今、一か所「隙間」が生じているというのです。(嘆息)

そして、そこから「お汁が出ている」と・・・・・(涙)

医者は言いました。「一針だけ縫います」

私は以前、薬指のさかむけ(ささくれ)が傷痛みをして腫れあがり、爪の上にせり出したものを「麻酔の注射が、切るのと同じくらいの痛みだから」と言われて、「麻酔なしで」シュパッと切られた経験を持つのですが、瞬時にその痛みがフラッシュバックして、『ゔえええぇぇぇ~』と唸ってしまいました。(笑)

医者は笑いながら言いました。「麻酔します。」

「それならどーぞ、ご自由に」ということになり、一針縫われました。

その場所は、右足首から10cm以上離れたふくらはぎの始まり辺りでした。

縫ったのは関節とは関係ないし、包帯でぐるぐる巻きにされるのかと思いきや、ちゃっちゃとギプスの中に逆戻りされましたとさ。(号泣)

医者は「今、僕のことをすごい目で睨んだでしょ」と大笑いしながら、あと一週間の松葉杖生活が決定しました。(嘆息)

ねこ、風太 腕枕

アンタまだ「3本足」じゃな。ぷぷぷ。

と、いう訳で「見た目」ちっとも進歩のない私です。(嘆息)

あ、ちなみに私とお揃いで「足いてて」になった「付き合いのいい」風太は、すっかり良くなっていますのでご安心ください。

そんな進歩のない私ですが、「自分以外」は随分進歩させました。(鼻息)

煩悩にまみれた私が今現在「緊急緊縮財政」状態にある「涙なくしては語れない」理由については、これまた以前、ブログ上で縷々ご説明申し上げました。(参照:「テレビでネットスーパー」をゲットした夏  (nya.314)

その状態は、1mmたりとも改善されていませんが、この度の腓骨骨折で、財政状態はさらに「改悪」されています。(汗)

なぜなら、入院費等が保険でカバーされるのをいいことに、インターネットショッピングがある時代に骨折して、ほんとに良かった♡と思う私がいるからです。

私のように僻地の住人であっても、「ポチッと」すれば玄関まで届くのですから・・・止められませんな。(笑)

私という人間は、「堪え性」という美徳の持ち合わせがないのです。(涙)

たぶんきっと「紙を食べるのが大好きな」ひつじ年に生まれ落ちたせいだと思うのです。

「いやいや、これは無駄遣い、いくら何でも我慢しようや私」と、まれに説得できた時にも、気が付けば1時間後にはPCの前に座り直し「ポチッと」しているのですから、「病気」です。(号泣)

私がこのような人間であることは、厳粛な事実として受け止めねばなりません。

「彼を知り己を知れば百戦殆からず。」

昔の人はいいこと言います。

私は敢然と、今回の腓骨骨折という緊急事態に即応すべく、総額5万円の【お救い米】を自分自身に許すこととしました。(笑)

善は急げ、です。

私は目を皿にして、インターネットショッピング空間を彷徨い、必要と思われるものと「そーでもない」ものを「ポチッと」しまくりました。

その中で、コレに出会った時、私は「キャッホー♡」と両手を突き上げましたし、実際に「これなしではサバイブできなかった」と思うものがあります。(ブラボー、ハラショー、万歳三唱)

【営業日は当日出荷!】初めてのギプス生活・お助けセット。ギブスシューズ&めちゃのび靴下&TAKUMI入浴用カバーのセット。かいかい棒・シューズカバー&清拭タオル2本付 【hm】(商品単価:4,445円)

https://item.rakuten.co.jp/bookcover/10002199/

これはもう完全に「怪我の功名」なのですが(笑)、最初に病院に駆け込んだ時、「時間外」だったため、本来渡されるはずの「骨折をした足用のサンダル」が貰えなかったため、「自力でGET」しなければならず、僥倖を引き当てたのです。

特に入浴用のギプスカバー、これはいいです。

縁起でもないと思われるかと思うのですが、もし、もしかして、万が一、ひょっとして、ひょっとすると、不運にも怪我もしくは骨折した際には、ぜひ思い出していただきたい、ぜひ知っておいて損はない代物です。(笑)

コレがご紹介したくて、今日のブログを書いています。(笑)

シリコンゴムが密着するので、足を上げておかなくても大丈夫ですし、「お湯が入らない=空気も漏らさない」構造ですので、浴槽に身体を沈めると、ギプスカバーした足がバルーン状に「浮き」ます。

毎回ごみ袋に足を突っ込み、タオルを巻いてテーピングした上に水が入るという悲劇とはおさらばです。(万歳)

腕、手首、ふくらはぎ、太もも、足首と多彩な品揃えです。

ギプスカバーとリフォームして手摺を付けまくった浴室

ギプスカバーとリフォームして手摺を付けまくった浴室

そして、どこまでも伸びるソックスは、寝る時に履いておけば包帯が「旅館の浴衣で寝て起きた朝」のような惨状にならずに済みます。(笑)

どこまでも伸びるソックス

どこまでも伸びるソックス

そしてギプスサンダルは、整形外科の先生も、乳がんの方で通っている病院でも「どこに売ってるのそれ」と医療関係者から大人気でした。

胸を張って初めてのギプス生活・お助けセットです、インターネットで購入できます、とセット内容とその便利さをプッシュしておきました。(笑)

 

ともあれ、【乳癌ステージ4】の身体で、骨転移無数、リンパ節転移無数にもかかわらず、全然関係ない腓骨骨折。

「ほんとうに運のいい」私です。

「休職したいなぁ」「どうやって休職しようかなぁ」と悶々としていたら、一発解決。

正解は「骨折」(笑)、約2カ月の休職を引寄せてしまいました。

常々、私を護って下さっている守護霊さまか守護天使さまは『剛腕かつ猛者』でいらっしゃるとお見受けしています。

私の人生、ほんとうに「助けられて」「護られて」ばかりで、そのお導きに心から感謝していますが、ごくたまに・・・・・、わりと頻繁に・・・・・、「天の配剤」と受け取るべきか「背負い投げ一本」で放り投げられているのか、判然としないことがあります。(嘆息)

ともあれ、思いがけずいただいた休憩時間、有り難く使わせていただこうと思います。合掌。

 

追伸、ちなみに「総額5万円」で私がどんな散財をしたのか、列挙しときます。

人は誰しも、自分より愚かな人を見つけるとホッとしますよね。(笑)

 

世論のバッシングを一身に浴びる納税者「愛煙家」としての必需品ですね。

 

骨折していない左足にソックスを履こうと思うと必要でした。

 

無駄に広く、ノンバリアフリーの我が家、最大の段差がトイレ前の廊下で20cmあります。(嘆息)

 

PCデスクからベッドまでの3歩のために松葉杖を使うことが面倒くさいので買いました。(開き直り)

 

ジーンズしか持ち合わせない私が、ギプスの足で履けるのは、パジャマにしているユニクロのルームウェアしかないことに気付きました。

 

退院後、「怒涛のお見舞いラッシュ」で友人たちが我が家に来てくれました。

「すみればあばのお好み焼き」を定番ランチとしていますが、それも一巡しました。次は「もつ鍋食いてぇ」と思った時、「ポチッと」していました。(笑)

(ほんとはまだ他にありますが)以上です。

 

次は

です。

 [にゅうがん4な私と風太(日本猫)のららら田舎生活]は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

〈風太からひとこと〉 わしのブログを読んでくれてありがとう。 「まぁまぁ」ならポチッとしてやってください。       にほんブログ村 病気ブログ 乳がん ステージ3・4へ    

運命の出会いに感謝「初めてのギプス生活・お助けセット」(笑) (nya.328)” に対して 8 件のコメントがあります

  1. よっちゃん より:

    お見舞い申し上げます。
    創意工夫とお天道さんの采配と、そして風太氏のニヒルな愛に包まれた療養生活、すばらしいです。
    冷え込む日が来る前に、ギプスが取れそうでよかったですね。
    ところで、わたしもヒツジ仲間です。
    もうほんと、紙食いです。

    1. ふるゆら より:

      ほんとに「ひつじ」は厄介です。

      同じ散財しても「あとに残る有益なもの」にお金を使うなら、納得も満足もするのです。

      「ひつじ」はむしゃむしゃ、むしゃむしゃ、あちこちの青い草を食べ散らかすばかりで、何も残るものがないのが悲しいです。

      まぁ、その代わり「小っちゃな幸せ」がたくさんある「かわいいやつ」でもあるのですが・・・・。(笑)

  2. ののはな より:

    ふるゆらさん
    すっかり秋になりましたね。稲刈もまもなくでしょうか?
    抜糸もう少しの辛抱ですね。ご不自由でしょうが運動は大切なので松葉杖使って歩いてくださいね!
    入浴用ギブスカバー良いものがあるのですね。参考になります。
    はやくギブスとおさらばして晴れやかな生活になりますようお祈りしています。

    1. ふるゆら より:

      はい、ののはなさん、稲刈りは10月中旬ころでしょうか。

      世の中は日進月歩と知ってはいたのですが「本当にね」としみじみしてしまう「ギプスカバー」との出会いでした。(笑)

      お知り合いに「怪我・骨折関係者」がいらっしゃったら強くプッシュして差し上げてください。

      私も不自由するのが1週間程度なら買わずに済ませたかもしれませんが、最低1カ月と思えば安い買い物でした。

      何より浴槽に身体を沈めてストレスがないのがいいです。

      「お風呂でストレッチ」は諦めましたが。(笑)

  3. ともろー より:

    ふるゆらさん、私も最近ポチポチやってますよ(笑)
    パソコンもっていないのでスマホでポチポチですが。便利な世の中になりましたね。
    ふるゆらさんのポチポラインナップいい感じですね~

    浴室もとっても素敵です!

    休職タイム、ポチポチも含めて満喫してくださいな。浴室での二次災害もお気をつけください。

    整形ドクターの一言にクスッと笑ってしまいましたぁ。

    1. ふるゆら より:

      ともろーさん、インターネットショッピングはそのままスマホを続けてください。

      PCなんかダメダメ。

      なぜならPCの方がスマホの画面より数十倍大きく見やすいから、どんどん欲しいものが「見えて」しまうから。(涙)

      私はもともと「出不精」なので相性抜群(嘆息)、今ではリアルなお店は「コンビニ、100均、しまむら、ドラッグストア」のみです。

      受け取り専門の「すみればあば」は、三々五々、遠方の我が家まで届けてくださる宅配の人が、「気の毒で気の毒で」と恐縮しきりです。(笑)

      1. ともろー より:

        こんばんは~
        こちらもまだ日中は20度ちょっとで暖かいですが朝晩冷えるようになりましたよー
        お互いに体調には気をつけて過ごしましょーね。

        私も100均好きですよー
        あとは本屋がお気に入りです。本屋にいるとどうしてトイレにいきたくなるんだろう。

        ふるゆらさんは本もポチポチですか?

        私の最近のポチポチはニット帽です(笑)

        だいたい受け取りはいつも母なので、届くたびに小言が(笑)

        1. ふるゆら より:

          ハイ、私の本屋は『ブックオフオンライン』です。(笑)

          ある時今と同じように「極貧」になり、月に1万円以上になる本屋で本を買うことをセーブしたら、ものすごいストレスで(笑)、ブックオフに目覚めました。

          でも、リアルな本屋も「娯楽として」行きます。

          PCの小さな画面からでは伝わらない「本のオーラ」のようなものがあり、ずらずら並んだ本を眺めていると不思議に目に飛び込んでくる本との「出会い」を楽しんでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です