風太の早春散歩 (nya.1580)

ねこ、風太 ゴロゴロ

わしももう7才、、、散歩より寝転がっていたい時もあるんじゃ (2021年2月26日)

「ああ、もう2月も終わるんだなぁ」としみじみ感じる暖かい日が続いています。

他所様ではとっくに咲いているのに、我が家の梅の古木はびっしりと蕾を付けたまま中々咲かずに気を揉んでいましたが、ここ数日の暖かさで一気に蕾が綻びました。

「梅一輪、一輪ほどのあたたかさ」という句が大好きで、2月はその場面を激写しようと、ソワソワして何度も梅の木を見上げるのですが、今年ばかりは「ロケットスタート」、数日目を離した隙に、5分咲きに変身しておられました。(笑)

ねこ、風太 ゴロゴロ

梅の花の5分咲きにすっかり仰天した私は、朝の巡回業務(おしっこマーキング)を終えて、自室前のサンルーム(ただの廊下です)ですっかり寛いでへそ天している風太を叩き起こし、散歩に出掛けたのでした。

陽気は3月というより4月のような暖かさで、冬の間はもこもこコートの背中にカイロを貼り、首にはもこもこマフラーという装備だった私も、「たぶん、これでも暑くなるな」と思いつカイロなしでパーカーを羽織っただけで出動しました。

、、、で、一仕事終えたばかりで再び出動することになった風太は、、、やる気0。(嘆息)

「ついでに、早春の田舎を背景にした風太の傑作を激写しよう」という私の「皮算用」は、3歩歩く度に倒れるように地面でゴロゴロする風太の「消極的抗議活動」によって、霧消しました。(笑)

ねこ、風太 ゴロゴロ

まぁ、風太とも長い付き合い、「こんなこと」になるんじゃないかとは予想していましたので、ゴロゴロしてちっとも前に進まない風太は早々に諦めて、私一人で「ご近所定番ルート」を巡り、早春を満喫することにしました。

「やる気0」の風太は、私が視界から消えたら、いそいそとさっきまで寝転んでしたサンルームへ帰って、いびきをかきながら熟睡するだろうと思っていました。

思っていたのですが、1時間後、里山の「中腹」くらいにある栗畑から、100メートルほど離れた畑を見下ろすと、畑の真ん中に風太を「発見」したのです。

ねこ、風太 ゴロゴロ

私がびっくりして「あ、ふうた!!」と言うと、私の居場所は先刻承知とばかり、100メートル程の距離を介してバッチリ目が合いました。

どうやら「散歩に付き合う気はサラサラない」ものの、自分の「シマ」を徘徊する私の足音が聞こえる範囲で「監視はしていたい」という気持ちの妥協点を「家から近い畑の真ん中」に見出したようです。(笑)

「義理堅い」のかそうでないなのか、微妙なラインですが、1時間ほど待ってくれていたのですから「義理堅い男」と言って差し支えないでしょう。(笑)

ねこ、風太 巡回

風太と目が合っていることをカメラの望遠機能を使って確認できたので「ふうた、こっちにおいで♡」と呼んでみたのですが、「散歩に付き合う気はサラサラない」という意志は固く、ピクリとも動きません。(嘆息)

「仕方ない、ここは1時間待ってくれていた誠意に敬意を表して、私が歩み寄ろう」と思い、風太のいる畑まで近寄っていった時、おもむろに立ち上がり私の方へ歩いて来る風太の姿が上の画像です。

古今東西、「気難しい男の人の操縦方法」は女の腕の見せ所ですが、わざとゆっくり歩いて近付いて来る風太の尻尾が、「ご機嫌♪」に上を向いているあたり、やっぱり男ってカワイイですよね。(笑)

ねこ、風太 巡回

ただ、「感動の再会」を果たした後も、「散歩に付き合う気はサラサラない」ことには変わりなく、畑の中でもアチコチでゴロゴロしまくっていました。(笑)

私が早春の畑の風景を撮ろうとウロウロして、風太から10メートルくらい離れると、渋々立ち上がって私のいる方に歩いてきて、5メートルくらいの所でゴロン。

これを何度も繰り返します。

風太が7才じゃなかったら、「風太のへそは曲がっている」と知っている私じゃなかったら、体調が良くないんじゃないかと慌てるくらいに、ドタッと音がするくらいの勢いで「倒れ」るのです。(笑)

ねこ、風太 ゴロゴロ

・・・で、この日の風太のと散歩はこのような有様だった訳です。

暖かな早春の日差しが燦燦と降り注ぎ、散歩で暑くなってパーカーを脱いで腰に巻き、汗ばんだ首筋を通り抜ける風はもう寒さを感じません。

そんな自然の中に身を置いて、私が傍にいるので「野生をOFF」にして寝転ぶ風太のお腹を 長靴のつま先でグリグリして猫パンチを貰って大笑いをし、しみじみ幸せだなぁと心が満たされている自分がいました。

ねこ、風太 ゴロゴロ

「風太に出会えて本当によかった♪」と思いながら、足元に転がっている風太を見ると、、、風太も笑っていました。

犬や猫は「笑う」と都市伝説のように言われていますが、この日の風太のように満ち足りた「笑顔」はなかなかお目にかかるものではありません。

「日曜日のサラリーマンのおっさん」のように「縁側でうたた寝するご隠居」のように。(笑)

今日のブログは、この風太の笑顔を見ていただきたい一心で、その経緯をお話しました。

ご堪能下さい♪

(おしまい)

ねこ、風太 ゴロゴロ
ねこ、風太 ゴロゴロ
ねこ、風太 ゴロゴロ
〈風太からひとこと〉 わしのブログを読んでくれてありがとう。 「まぁまぁ」ならポチッとしてやってください。       にほんブログ村 病気ブログ 乳がん ステージ3・4へ    

風太の早春散歩 (nya.1580)” に対して2件のコメントがあります。

  1. オーちゃん より:

    ぐふっ!
    なんて可愛いのかしら

    幸せを運んでくれそうな笑顔ですね!

    よその子の成長は早く感じますね
    ふるゆらさんも風太さんも
    どうぞ お健やかにお過ごしくださいね

    1. ふるゆら より:

      ありがとうございます。

      オーちゃんと私は「ブサカワ」の角度が同じなのかもしれませんね。(笑)

      そして、風太と私は「二重顎」がオソロイ、、、。(笑)

      愛おしい小さな命と、平和で穏やかな時が過ごせていることに感謝感謝です。

      なにごとのおはしますかは知らねども かたじけなさに涙こぼるる

      です。合掌。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください