【乳癌ステージ4】を気にせず生きる方法 (nya.41)

ねこ、風太出動

めったに車も通らんから、気持ちええのお

石上神宮と私の不思議なご縁&長いなれそめ (2014年4月)

さて今回は、前回のブログ『田舎者(乳癌患者)の「信心」と神頼み事情 (nya.40)』で、唐突に出現した「奈良の石上神宮」が、私にとってどのような存在であるかをご説明します。

【乳癌ステージ4】についてのあれこれが知りたいだけで、「そんな話いらない」と、思われるかもしれませんが、これもまた、私の病気になった時の「メンタルヘルス」として、重要なファクターです。

とある本で、『「末期癌」の診断を受け、サバイブしている人の「共通項」として、【末期癌を気にせず生きる】メンタリティーがある』というような一文を読んだ時、私は「はた」と膝を打ちました。

「あ?そー言われてみれば、私も【乳癌ステージ4】を気にしてない。」

(本のタイトルは忘れてしましました。すみません。長尾 和宏先生の本のどれかだと思います。「終末医療」「リビングウィル」「平穏死」「在宅医療」の勉強していた時に、読ませていただきました。)

 

7.ねこ、風太上見るなぜ、【乳癌ステージ4】を気にせずに暮らすことが可能なのかというと、生まれついた「お得な」性分が、大きな要因だとは思うのですが、それ以外の可能性として、田舎者ゆえに「神仏」を身近に感じ、「護られている」ことを確信しているからではないかと思うのです。

 

「今、困難を抱えていることにもきっと意味があり、これまで「そう」だったように、今回の困難もまた、護られ、導かれて、いつか必ず、後になると(ああ、そういうことだったのですか)と思える時が来るのでしょう。」と、思っているのです。

・・・ということで、私が「頼りに思っている神さまの一人」石上神宮のお話をします。

私が初めて石上神宮と出会ったのは、入社して数年が経った20代後半、職場の同僚と奈良へ旅行した時でした。

ガイドブックを見ながら、「大神神社」(おおみわじんじゃ)から「山の辺の道」への流れで、「石上神宮もかなり古い神社らしいから寄っとくか」と思い、深い知識も持たずに立ち寄りました。

訪れると、そこは「パワースポット」でした。

ただし、私に特別な「霊感」があるわけではありませんし、今から遥か20年以上前に「パワースポット」という言葉は、未だ市民権を得ていませんでした。

ただただ、『石上神宮の境内は、空間の異質感がすごかった』という強烈な印象が残りました。

12.ねこ、風太驚く直前に訪ねた「大神神社」のご祭神が蛇で、境内の至る所に生卵がお供えされていて、蛇が苦手な私は、罰当たりにも「有り難いよりも恐ろしい!!」と感じ、這う這うの体で逃げ出しました。

なので、石上神宮の境内に、鶏がひょこひょこ歩いているというだけで、石上神宮の好感度が、ことさらアップしたのかもしれません。

 

参拝を済ませ、「ここは、すごい力を持っておられる神社なんだなぁ」と思い、小さなお守りをいただいて、それを奈良旅行の「自分へのお土産」にして、田舎に持帰りました。

その後・・・。

29才で原因不明の微熱を発病し、会社を半年ほど休職しました。3週間の検査入院で、「病院内ジプシー」となり、いろいろ検査しましたが、最終結論は「原因不明」。

「微熱があること以外は、健康である」ことが証明されて退院しました。

10.ねこ、風太ねむいここは「神頼み」をしようと思った時、真っ先に思い付いたのが、数年前の奈良旅行でいただいた「石上神宮」のお守りでした。

専用の長いネックレスをオーダーメードで作り、お風呂以外は身に付けて外さない「肌守り」にしました。なかなか収まらない微熱でしたので、3年間はお守りを身に付けました。

44才の時、眩暈を発症しました。この眩暈も「原因不明」という診断です。

保険適用の漢方クリニックに行き、『自律神経失調症』という病名をいただいて、「診断書」を会社に提出し、3か月休職しました。

この時もやっぱり「神頼み」をしようと思い立ちました。

「たしか・・・、お守り用のネックレスを作ったのが、どこかにあるはず・・・」と10年以上前の休職中のあれこれを思い出し、探し出しました。

ありました。ネックレスのペンダントトップの位置に「石上神宮」のお守りが付いたままです。

少しではなく「かなり古びた」お守りになっていましたが、トップから外すことなくそのまま再度「肌守り」となっていただきました。

この頃から、再度、奈良の石上神宮へ行き、古いお守りをお返しして、新しいお守りをいただきたいと思うようになったのですが、なかなかタイミングが合わず、会社に復職した後は、多忙に紛れてしまいました。

11.ねこ、風太きつねのしっぽそして今回、46才で「乳癌ステージ4」の診断です。

再々再度「石上神宮」の神さまに「お願い」です。

特に思い入れもなく訪れた奈良の「パワースポット神社」ですが、ここまで人生の起伏を共にすると、もはや、(失礼ながら)「他人」とは思えません。(笑)

更に「かなり古びた」お守りを首に掛け、「なにとぞ、なにとぞ」と念じ、治療が少し落ち着いたら『今度こそ必ず、奈良に行き、石上神宮にお参りして、お礼申し上げます』と心に誓いました。

これが、石上神宮と私の「なれそめ」というには「ちと長い」、ご縁です。

【乳癌ステージ4】を気にしないで暮らすには、謙虚に「自分に出来ることなど小っちゃい」と認めた上で、「小っちゃくても、自分の出来ることは、誠実にする」ことが大前提です。

そして、その先の「人知の及ばない領域」は、「神仏にお任せ」して、どんなことにも意味があると「神仏を信じる」気持ちのありようが、「肝」だと思うのです。

 

(私が読んだ長尾 和宏先生の本、下のどれかだったと思います。(笑))

 

 

 

 

次は

【乳癌ステージ4】の神頼み 石上神宮は「起死回生」の神社でした。 (nya.42)

です。

 

たんぽぽ綿毛

たんぽぽ綿毛、かわいい。

[にゅうがん4な私と風太(日本猫)のららら田舎生活]は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

 

〈風太からひとこと〉 わしのブログを読んでくれてありがとう。 「まぁまぁ」ならポチッとしてやってください。       にほんブログ村 病気ブログ 乳がん ステージ3・4へ    

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です