あんまり気持ちいい風なので河川敷散歩 (nya.922)

春の河川敷

春の河川敷

日差しを浴びて、風を感じて、深呼吸すれば、いつだって祝福を感じます。 (2019年5月10日)

以前にも、私の好きな言葉として紹介したことがあるのですが、

『 何ももたぬという人でも、天地のめぐみをいただいている』

日本画の女流画家の草分け 小倉 遊亀 さんの言葉です。

 

 

 

春の河川敷

春の河川敷

春の河川敷

間違いなく脳天気であり、能天気である自分が気に入っている私でも、時折り「じっと手を見る」ことがあります。

これはそう、かの有名な石川啄木『一握の砂』

はたらけどはたらけど 猶わが生活(くらし) 楽にならざり ぢっと手を見る

この歌を知った時から、落ち込んだ時にこのフレーズが心に浮かぶ習慣が出来てしまいました。(笑)

啄木先生は経済的に苦しいことを詠んだのかもしれませんが、この歌はそれだけに留まらず、足掻いても藻掻いても、一時何かを掴んでも、結局、こうして自分の小さな手のひらを見ると、『一握の砂』のようにこぼれ落ち、何も持っていない、そんな自分への失望がヒリヒリ伝わってきます。

何も生み出さないこんな手では、大切な人も、大切なものも、守りたくても守れないじゃないかと、何よりそのことが切ないのです。

春の河川敷

春の河川敷

春の河川敷今現在の私は、社会人として馬車馬のごとく働いていた20年余の方が「擬態」であったのだと納得する他ない程、自宅療養という名の自由時間に、嬉々として溺れていますので、不満などあろうはずもないのです。(笑)

だから、「じっと手を見る」ことも滅多にないのですが、、、まぁ、稀にそのような瞬間が訪れることもある訳です。

春の河川敷

春の河川敷

春の河川敷

これまたかの有名なアルフレッド・アドラー先生が『嫌われる勇気』で言われている通りの、

他者の評価を気にかけず、他者から嫌われることを恐れず、承認されないかもしれないというコストを支払わない限り、自分の生き方を貫くことはできない。

幸せになる勇気には「嫌われる勇気」も含まれている。

という命題が、どど~んと目の前に立ち現れることもあるのです。ごく、ごく、まれに。

春の河川敷

春の河川敷

春の河川敷

しかし、そんな気持ちになってもならなくても、私の場合、自然の中に身を置いて深呼吸すれば、いつだって気分が上昇します。

要するに、私は自分を喜ばすことが大好きなので(笑)、たびたび自然の中を散歩するのです。

「今の私はバランスが良くないな」などと自覚していなくても、散歩を終えた後「あれ?心が柔らかくなっている」と気付きます。

これはもう、まるで、私にとっての散歩は、心の「整体」へ通うようなものなのです。(笑)

春の河川敷

春の河川敷

春の河川敷

アルフレッド・アドラー先生のお言葉を借りるなら、

「よくできたね」とほめるのではない。「ありがとう、助かったよ」と感謝を伝えるのだ。感謝される喜びを体験すれば自ら進んで貢献を繰り返すだろう。

苦しみから抜け出す方法はただひとつ。他者を喜ばせることだ。自分に何ができるかを考え、それを実行すればいい。

アドラー先生は、他者を喜ばせること、他者へ感謝することを奨励されておられますが、私は自分に対しても、たびたび「喜ばせ」、「ありがとう、助かったよ」と、感謝することが大切だと思うのです。

そして、私はお手軽な人間なので、日差しを浴びて、風を感じて、深呼吸すれば、「たしかに、天地の恵みをいただいている」ことを実感し、「まぁまぁ、不出来な人間でもそんなに落ち込まず、ぼちぼちいこうや」と祝福とエールを受け取るのです。

おしまい。

春の河川敷

春の河川敷

春の河川敷

〈風太からひとこと〉 わしのブログを読んでくれてありがとう。 「まぁまぁ」ならポチッとしてやってください。       にほんブログ村 病気ブログ 乳がん ステージ3・4へ    

あんまり気持ちいい風なので河川敷散歩 (nya.922)” に対して 4 件のコメントがあります

  1. sizu より:

    ・・今日は この辺でも 30℃ 真夏でした

    河川敷の 何と 清々しく 気持ちの良い 事でしょう….

    いいところです。

    晴れて 良い景色は ほんとに 心が晴れますね。

    1. ふるゆら より:

      もうすっかり「夏」という言葉に違和感を感じることがなくなりましたね。

      先月放射線治療を受けて、その後ぐずぐずしていたものですから「いつの間に!!」とびっくりしてしまいます。(笑)

      気が付けば、自室の窓から見える田んぼと山の緑の分量が、格段にアップしています。

      今は麦ですが、もう一月もすれば、田んぼに水が張られて稲に変わります。

      私のような怠け者がぼーーーっとしている間も、働き者のお百姓さんたちのお陰で四季は巡ります。

  2. ゆうこ より:

    ふるゆらさんのように毎日こんなにたくさん
    この世のものではないような美しい写真をアップ
    してくださっている方が 何も生み出さないこんな手
    なんていうとは………
    私は毎年ここ何十年と蓮華草を一本も目にしませんでした
    田んぼの肥料のより安く効率の良い改良が進んだためです
    もう前から絶滅危惧種になったんだろう、残念、
    一番好きな花なのに、と悲しく思っていましたが
    平成最後の日に ふるゆらさんがブログでたくさんの
    蓮華草をアップしてくださったので嬉し過ぎて死ぬかと
    思う程舞い上がりました
    長年の悲願がこの歴史的転換の日に叶ったのです
    神様からのプレゼントだなあと思いました
    私のたった一つの些細なエピソードでもこれだけの
    幸福感を与えてくださるのですからいわんや他の
    方々をや です
    そんなふるゆらさんをもし悲しませたり元気をなくする
    ような人やことがあったとしたならそれは相手が
    悪いのです
    ふるゆらさんは何も悪くないよと伝えてくれるから
    河川敷を歩くだけで幸福感に満たされるのでしょう
    平和 調和 静けさ 圧力というものの一切ない世界…
    ありとあらゆる命が愛を穏やかに漂わせている世界…
    素敵ですね。
    写真を見ている私も幸せになります
    ありがとうございます

    1. ふるゆら より:

      おはようございます。

      お返事が遅くなってすみません。

      ここまで「必死に」見て見ぬ振りをしていた衣替えをしたら、力尽きてしまいました。(笑)

      体調が良かろうと悪かろうと、機嫌が良かろうと悪かろうと、時は進み季節は巡ります。

      この島国に生まれ、鮮やかな四季があることは、ほんとう幸せなことですね。

      ぼやぼやしていても、否応なく時の流れを感じることが出来るのですから。

      その時々の自然の中に身を置く喜びもいただけますし。

      蓮華草、お気に召していただけて何よりです。

      蓮華草に限らず、花が一面に咲いている風景に出会うと、その花の色の光の玉が、地面から空に向かって飛び立とうとしているように見えて、大好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください