「探し物は何ですか♪」と歌った桜散歩(nya.1258)

桜満開

「探すのをやめた時♪見つかることもよくある話で♪」(笑) (2020年4月10日)

ちょっと、斜め上にずれているとは思うのですが、この日の散歩では、思わずこの歌が脳内でリフレインしました。(笑)

出来れば今日のブログは、井上陽水の名曲『夢の中へ』と共に、お花見していただければ幸いです。

作詞:井上陽水. 作曲:井上陽水.

探し物は何ですか。見つけにくいものですか。
鞄の中も、机の中も探したけれど見つからないのに。
まだまだ探す気ですか。それより僕と踊りませんか。
夢の中へ、夢の中へ行ってみたいと思いませんか。

ウフフ ウフフウフフ さあ

休む事も許されず 笑う事は止められて
はいつくばって はいつくばって
いったい何を 探しているのか

探すのをやめた時 見つかる事も よくある話で
踊りましょう夢の中へ 行ってみたいと思いませんか。

ウフフ ウフフウフフ さあ

桜満開
桜満開
桜満開

なぜこの歌かというと、「探すのをやめた時 見つかる事も よくある話で」が、心の中でヒットした訳です。

と、言うのも、私の先週のブログでてんこ盛りの山桜の画像をアップしていることからお分かりのように、私にとっての今年の花見は「もうお腹いっぱい」だったにもかかわらず、またこうして満開の桜を見上げている自分が可笑しかったからです。(笑)

まったくもって、「求めよさらば与えられん」も真実なら、「探すのをやめた時 見つかる事も よくある話で」もまた然りです。

桜満開
桜満開
桜満開

この日は用があり、車で片道1時間の「街」に行かなくてはなりませんでした。

その用の所要時間は10分程度、このような場合、田舎者の常として、往復2時間の移動の「元を取る」べく、アレコレと用を詰め込んで憂さ晴らしするのですが、さすがにこのご時世では諦める他ありません。

私のような「病持ち」の身で、躊躇なく踏み込める場所は「街」にはないのです。(嘆息)

桜満開
桜満開
もみじの花
桜満開
桜満開
桜満開

結果として、桜の季節以外の公園よりは人がいたものの、「三密」とは縁遠い広々とした空間が、満開の桜の下に広がっていました。

結果として、世界がこのようなことにならなければ、決して現実になることはなかっただろう、桜の名所で人混みに揉まれることなく満開の桜を見ながら散歩するという「非現実的な夢」が叶いました。

・・・で、最初の曲に戻るのです。(笑)

探すのをやめた時 見つかる事も よくある話で

桜満開
桜満開
桜満開

この場合の私は、このような非現実的な夢を「探し」求めてすらいなかったのに、ほんのちょっと、往復2時間のトンボ返りに意趣返しをしたかった出来心だったのに、気が付けばそれはそれはゴージャスな、忘れられない風景を目にしていました。

生きているとこんなことがあるのですね、と思いました。

そして歌ったのです、「探し物は何ですか♪見つけにくいものですか♪」と。(笑)

桜満開
桜満開
桜満開

人間万事塞翁が馬(人生の禍福は転々として予測できない)、禍福は糾える縄の如し、この言葉は、決して不運に見舞われた人を慰めるための安易な言葉ではありません。

死の渕を覗き込むほかなかった病を得た私が、数年後にも小康を保ち、こうして、満開の桜を見上げて歌っています。

今、世界を覆っている暗雲もまた、試練の時があったからこそ得られる果実もあったのだと、思える時が来るのでしょう。

桜満開
桜満開
桜満開

時間だけはたっぷりあるのだから、微力ながら、何かお役に立てることはないのだろうかと、思いもしましたが、つまるところ、私は「現状維持」を保ち続けることが肝要だと思い直しました。

私の「探し物」は、このブログなんだろうと、桜を見ながら思い至りました。

桜満開
桜満開
桜満開

社会的な混乱の中で、さらに追い打ちをかけるようにがん告知を受けたり、闘病しておられる方も多くおられ、私のブログはそのような方の目に触れることでしょう。

世間が暴風雨で、心の中もどしゃ降りで、痛みや不快に耐えることを強いられている方々に、私は「それでも、自然は何一つ変わることなく、四季が巡っていますよ」と小さな声を届け続けたいのです。

桜満開
桜満開
桜満開
桜満開

次は

まいにち風太、まいにち田舎 (nya.1259)

です。

〈風太からひとこと〉 わしのブログを読んでくれてありがとう。 「まぁまぁ」ならポチッとしてやってください。       にほんブログ村 病気ブログ 乳がん ステージ3・4へ    

「探し物は何ですか♪」と歌った桜散歩(nya.1258)” に対して 2 件のコメントがあります

  1. sizu より:

    目にも美しい桜が一杯、綺麗ですね

    つくずく、今年も桜散歩できて、心から良かった!

    日頃の独特の+勘も有り、自然の神様にも守られているのでは、と思います

    4月にいつも行かれる神社は、残念ですが自粛規制の今は無理ですね

    桜と言えば、去年の桜の 頂いたポストカード、桜便りに、‥人に添えて送ったのです

    とても素敵なカード!と言っておられました

    残念なことに、その方はネットはされていないそうで、ブログは読めないそうで

    会ってみたいわ!と言われてました

    この時期、桜が咲いてくれているのは、人々の心に響きますね

    私も近くの川添い散歩してきました

    例年より、人は少ないけれど、マスク姿でゆっくり散歩していたり、ジョギングしている人がいました

    花吹雪は心から和めました。

    1. ふるゆら より:

      桜吹雪はいいですよねぇ♪

      私の田舎も今、桜吹雪があちこちに舞っています。

      桜吹雪を見ると、おいしい餡子の和菓子を食べた時のような、絶妙な塩加減の卵雑炊を食べた時のような、「はははん、これは日本人にしか味わえないでしょ」となぜか誇らしい気持ちになります。(笑)

      世間が、世界がどのようであれ、今年も春を迎えられた、今年も桜に会えたことは喜びです。

      ポストカード、使っていただいて嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください