ハウステンボス「九州一 花火大会」珍道中② 「電動車いす」兄参戦 (nya.112)

ねこ、風太 舌を出す

何事も「段取り八分」じゃな。

リアル『坂の上の雲』車いすの兄と博多で合流する (2016年9月)

2016年2月、花火大会が真正面に見えるホテルとして紹介されている『ウォーターマークホテル長崎・ハウステンボス』の予約ができて一安心。

これで、念願の西日本最大級!打上げ総数22000発!約2時間半におよぶハウステンボス「九州一 花火大会」に行く資格を手に入れました。パチパチパチ。

今回の旅行のメンバーは「後期高齢者の母、左半身不随、高次脳機能障害で車いす生活の兄、【乳癌ステージ4】の私、私の友人」という、「珍道中間違いなし」のメンバーとなりました。(笑)

兄に「ハウステンボスの花火大会行きたい?」と聞くと、最初は「遠いし、・・・ダリいな」と乗り気でなかったくせに、周囲から『西日本最大級!打上げ総数22000発!約2時間半におよぶハウステンボス「九州一 花火大会」に行くなんてスゴイ』と周囲にさんざん羨ましがられたらしく、再度尋ねた時には「当ったり前、行くに決まってる」と手のひらを返していました。(笑)

ここで、同行する私の友人が俄然「輝かしい存在」となります。

「本当に、本当に、世の中よく出来ている」と感謝を通り越して呆れてしまうのですが、友人の職業は「福祉関係」なのです。(笑)合掌。

私は「大船に乗ったつもり」で、旅行の計画を練りました。

ねこ、風太仕事中兄が「普通の車いすは疲れる、電動車いすで行く」というので、まずは、ホテルに予約した部屋へ「電動車いす」が入るかどうか確認しました。

「電動車いす」の長所は、介助者が押す必要がなくて楽なことですが、短所は普通の車いすのように「折りたためない」のです。

兄は杖でも歩けますが、「電動車いす」は、普通の自走式車いす(約13kg)より一回り大きく、そしてはるかに重い(約28kg)のです。(涙)

ホテルの返答は「多分入る、念のため「貸出の車椅子をキープしておく」でした。

次に博多からハウステンボスの特急に、「電動車いす」が乗るかどうか確認です。

新幹線は問題ないのですが、地方の「観光」に特化した電車は、出入り口が狭く、フラットではなくステップになっているものも多いのです。

JR九州の返答は「ノープロブレム」でした。

次にハウステンボス内の移動について「問い合わせ」です。

ヨーロッパの街並みは「情緒たっぷり」の石畳ですが、車いす走行には「天敵」です。

予約した『ウォーターマークホテル長崎・ハウステンボス』行くには、ハウステンボス内を横断する必要があり、距離は1km強あります。

「電動車いす」は押す必要はないとはいえ、ハウステンボス内を循環するバスに乗れたらベストです。

あちらこちらに「大丈夫ですか?本当ですか?大丈夫なんですね。よろしくお願いします」と念を押しまくり、ようやく安心して「旅行行程」を組みました。

ねこ、風太ごろごろここで、私の兄のことを少し紹介します。

3才年上の兄は彼が38才の時(私は35才)、くも膜下出血で左半身不随になりました。

一命は取り留めたものの、脳梗塞が前頭葉にも及んでいるため「高次脳機能障害」で障害者1級の認定を受けています。

これが人の身体の不思議なところで、前頭葉がダメージを受けていることで「前提条件がつく判断事例(もし〇〇が△△の場合、□□するが、だめなら××する)」が苦手な反面、会話の内容の論理が捻じれるようなことは、まったくないのです。

そのため短時間なら、周囲の人に「半身不随だけど脳に障害を受けなかった人」と思われることがよくあります。

そんな兄は、高次脳機能障害と、左半身不随による左視野の失認があるため、単純作業であっても「仕事」はできないものの、「ど田舎」の実家から離れた「福祉行政の進んだ」街で、ヘルパーさんの力を借りて「完全一人暮らし」をしています。

彼こそリアルに『坂の上の雲』を生きている人で、くも膜下出血で倒れた当初、2度の開頭手術を受け、医者から「左半身不随、車いすから立ち上がることは一生ない」と診断を受け、一時期、家族は彼が「寝たきり」になることを覚悟していたにもかかわらず、今では短時間であれば杖で歩けますし、スーパーの買い物はカゴを持つ必要があるため、右手でカゴを持ち、必然的に「杖なし」で歩くまでに回復しました。パチパチパチ。

兄は「医者の言うことを聞いてたら、治るものも治らんわ」と言い、乙武洋匡さんの『五体不満足』を読んで触発されたようで「自分は病気で倒れる前に散々遊んだから、後悔はない」と言います。(笑)

ねこ、風太ねそべるダイビングの指導ライセンスを持っていた兄が倒れた時「良くなったら絶対ダイビングに行く」と言うので、車いすの兄を飛行機に乗せてプーケットに行き、特製のダイバースーツを着せて「海に浮かべた」こともありますが(あの時は本当に大変でした。情けは人の為ならず。人類皆兄弟。涙)、ここのところ「旅行」をしていませんので、「連れて行ってあげよう」と妹心で声を掛けたのでした。

まぁ、私は私でここ数年【乳癌ステージ4】なのですから、当たり前ですね。(笑)

さて、旅行の段取りとして、ハウステンボスに行くにはまず、離れて住む兄と「合流」しなくてはなりません。

家族に障碍者を持たれたことのない方は「驚く」と思いますが、この世には「ガイドヘルパーさん」なる有り難い方がおられますし、最寄りの駅まで辿り着けば、駅員さんが「乗車駅、乗り換え、降りる駅」を確認して、連絡を取り合い「バケツリレー式」に車いすの兄を運んでくださるのです。合掌。

ねこ、風太ん?このようにして、離れて住む【兄1人】が自力で、博多駅まで来ることは可能ですが、問題は、「兄が時間を守れない」ことです。

くも膜下出血で脳に受けたダメージは「まだら」で、ダメージを受けた箇所に由来する脳の機能が欠落するため、A>B>Cという難易度であっても、A、Bは出来てCは出来ないという場合がよくあります。

兄の場合、時計は読めますが「時系列を感じ取る」ことが苦手で、「〇〇時に△△へ着くためには、□□時には家を出なくては」という逆算が難しいのです。

ただし、「時系列を感じるのが苦手」には功罪があり、この「欠落のお蔭で」兄は、くも膜下出血で倒れて13年経過し、左半身不随の不自由な生活を送りながら、「過ぎていく歳月に絶望」を覚えず暮らしているのです。

私たち家族にとって誠に「有難い欠落」であり、兄の精神が穏やかに落ち着いていることに、どれほど助けられているか分かりません。合掌。

・・・と、いうことで、兄とは博多駅で「合流」しますが、時間が読めない以上、そのまま「電車を乗り換えてハウステンボス行きに乗る」ことは不可能です。

兄には「遅くても夕方には博多に着くようにしてね」とお願いし、私たちは別便で博多入りして「遊びながら」兄を待ち、合流して博多駅前に1泊、翌日ハウステンボスに向かうことにしました。

はい、そーです。またまた、博多の駅前ホテルに「電動車いす」は入りますか?と問い合わせまくって「バリアフリー」の部屋を確保です。(嘆息)

結局、博多の駅前のホテルに一泊した夜は、「おいしいもつ鍋」をいただくことができました。

結果オーライですね。(笑)

(つづく)

ハウステンボス 夕景

ハウステンボス 夕景

次は

ハウステンボス「九州一 花火大会」珍道中③ イルカショーともつ鍋 (nya.113)

です。

 

〈風太からひとこと〉 わしのブログを読んでくれてありがとう。 「まぁまぁ」ならポチッとしてやってください。       にほんブログ村 病気ブログ 乳がん ステージ3・4へ    

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください