まいにち風太、まいにち田舎 (nya.441)

ねこ、風太 寝ぼけ

〈風太のごあいさつ〉このブログは、ラブリーなわしの写真と、季節の田舎の写真です。(写真見て「ホッ」としてくれたら、わし、嬉しいぞ♡)「にゅうがん」のことなら、最初は“にゅうがん4な私と風太(日本猫)のららら田舎生活” ブログについてから読んでください。ほんなら、またお会いしましょう。

ねこ、風太 ベッド

ZZZZZZZZ

ねこ、風太 ベッド

ZZZ・・・ZZZ???

ねこ、風太 ベッド

・・・・・・・んあ?

私のデジカメのシャッター音が安眠を妨げたようです。

み、見事な「寝ぼけまなこ」です、ぷぷぷ。(笑)

 

そして、今日の田舎は、

冬の田舎

冬の田舎

冬の田舎

冬の田舎

冬の田舎

冬の田舎

何もかもが「冬」になりました。

 

次は

です。

〈風太からひとこと〉 わしのブログを読んでくれてありがとう。 「まぁまぁ」ならポチッとしてやってください。       にほんブログ村 病気ブログ 乳がん ステージ3・4へ    

まいにち風太、まいにち田舎 (nya.441)” に対して4件のコメントがあります。

  1. グリコ より:

    今大学病院てす。家に1センチの、メダカ一匹でしたので、仲間が、欲しくて、知合いが、孫と近所の川て、捕ってくれた4匹入れたら、いつのまにか、、消えて、食べられてしまいました、。( 。゚Д゚。)仲良くしてくれてたと、思ったのですが、次からは、共食いて、体つきに分けて飼います。(o;д;)o野生のメダカは、大きく、泳ぐの早いし、それも、ブルーです。今は、川からすくった4匹が、元気よくおよいでいます。大学病院は、放射線治療の人が、多いですね。て、放射線て、どこの病院もしてないから、仕方ないですが、今日は、位置とか決めるので、いつもより時間かかるので、早くして欲しいですが、放射線が、必要な人は、たくさんいますから仕方ない、日赤病院や、大学病院に行くと、病気の方がたくさんて、まあ、病院なので、当たり前ですが、私一人が、病気でないんだなあと、なんか、納得したり、犬飼うのも、予定が遠のきました。。メダカと仲良くします。

    1. ふるゆら より:

      グリコさんお疲れさまです。

      大学病院の放射線治療って「果てしなく」待たされると聞いたことがあります。(嘆息)

      私の病院の取柄はコレで、予約時間通りに放射線治療が受けられました。

      その代わり主治医が変人なのでプラマイ0ですが。(笑)

      めだかの件は・・・、やっぱり何事も「野生」が強いのですね。

      犬を飼うのは・・・、思い切って「すぐ」飼いませんか?

      散歩が難しいから中型犬以上は無理だけど、チワワとか、ミニチュアダックスなら室内犬で飼えるのでは?

      めだかちゃんもかわいいけど、お犬様の方が「断然」表情豊かなので楽しいですよ。

      何より、一日一回は笑わせてくれます。

      笑うって大事、心にも身体にも。

  2. グリコ より:

    寒いですね、体調はどうですか?薬変更ですよね?私も、です。腫瘍マカーが、安定してたので診察もエコーせずで、私の腫瘍は。右胸内側下で、説明悪いですが、最近胸の腫瘍や、脇も、痛かったですが、鏡でみたら、腫瘍が、赤く。ザクロみたいに、でてました。先生に、久しぶりエコーしてもらったら、薬が、効いてないみたいです。腫瘍が増えてる。て、え?腫瘍マカー安定してても、こうなる事あるんですか?と、あるよ、と、胸全体に放射線あてるかな?薬変更するね、と、言われて、四日目です。今までは、閉経前の薬今度、リュープリンで、閉経したとして、閉経後の薬が、でまして、骨密度低下、手の強ばりが、副作用で、あるみたいです、次の日、大学病院に放射線の診察して、明日から二月末まで、毎日、土日意外放射線あてにいきます。大学病院は職場に近いので、それが救いです。毎日の事なので歩いて5分ぐらいです、何がいけなかったのか?いろんな本みて、前から水は大事と書いていたので、ウォーターサーバー欲しいなと思ってましたが、腫瘍マカー安定してたので、保留にしてましたが今回のことで契約しました。他にも生活面見直さないとなあです。寒いから、朝からブルーでしが前回真夏に放射線でしたが、今回骨でなく、皮膚右胸なので、また、腫瘍が、薄皮から、出てる状態なので、また、治療が違うらしく、汗の線も、皮膚炎、副作用は、避けられないみたいです。憂鬱です。

    1. ふるゆら より:

      えええっ、グリコさん大変でしたね。

      腫瘍マーカーが安定していても腫瘍が増えているなんて「そんなぁ」と思いますよね。

      でも『何がいけなかった』とご自分を責めることはないですよ。

      人の個性が一つとして同じものがないように、癌の特性も個々人によって同じものはないのでしょうから、お医者さんと、薬と、グリコさんと、グリコさんの癌の性質と、手探りしながらマッチングするものに辿り着くしかないのだと思います。

      今回のことは残念でしたが、学校の試験のように「不正解」なのではなくて、ちょうどいい治療に行き着くための試行錯誤、グリコさんは全然悪くないです。

      私のがん治療のイメージは『迷路』、よく夏場なんかに広いトウモロコシ畑に迷路を作ってニュースになっているアレです。

      人の背丈より高いトウモロコシの迷路は見通しがきかないので、頼りになるのは勘と経験による記憶です。

      鳥の視点からすれば簡単に分かるゴールも、地面を歩くしかないものにとっては予測困難です。

      ではどうするか、孤独に耐え、時折り真上にある青空を見上げながら、とにかく勘を頼りに進んでみて、行きどまりなら記憶して引き返して、別の道に進みます。

      今はただただ行き止まりだったことがショックだと思いますが、早いうちにそれが分かったことは、別のルートを探すことに取り掛かれるのです。

      とはいえ、2月末までの放射線治療と副作用・・・は確かにブルーですよね。

      お仕事も大変になりそうです。

      折しも季節も寒さが最も厳しい真冬、身も心も凍えます。

      冬来たりなば春遠からじ

      あと20日ほどで立春、冬にも終わりがあることを忘れず、一歩一歩足元を見つめながら歩くしかありません。

      グリコさん、心に春を想いながら一緒に歩きましょうね。

      グリコさんの金魚鉢の金魚ちゃんは、元気ですか?

      水の温度が下がらないように、たまには日向ぼっこしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください