「鍼(はり)」と出会う お世話になります (nya.67)

ねこ、風太寝る

いびきちゃう、鼻息じゃ。

真面目な鍼(はり)の先生に出会いました。「はぁ、これで一安心」 (2014年10月)

ある日、私が【乳癌ステージ4】だと知る友人が、夏の間まさに「不定愁訴」そのままに、不調のアレコレをこぼしていたのを見かねて、「私の近所に鍼(はり)をしている所があって、すごく真面目な女の先生が丁寧にしてくださるんだけど、鍼(はり)に興味ない?」と声を掛けてくれました。

「ある!!」(これはこれは、渡りに船♡)即答でした。

なぜ「渡りに船」かというと、2014年の2月【乳癌ステージ4】絡みの「大騒動」が始まる前まで、常に「重度の肩こり」と「背中の重だるさ」を抱えていた私は、15年間、ほぼ「週一で整体」に通い、メンテナンスしてもらうことで、「普通」の生活を維持する身体を手に入れていたのです。

それが2月以降、「大騒動」で吹っ飛び、再び日常を取り戻した後も、「行きそびれ」たまま秋を迎えていたのです。

ねこ、風太ミニ5「大騒動」の直前まで通っていたのは「カイロプラクティック」で、44才の時、目眩の症状で会社を休職して時以来、1年半くらいお世話になっていました。

【乳癌ステージ4】と病名が付くまで、15年間、「西洋医学」は私の訴える様々な症状に対して、常に「原因不明」と診断を下していますが、この時の「目眩」もそうでした。

更年期障害を疑って「婦人科」、頭痛が酷いので「脳神経外科」、聴覚過敏で「耳鼻科」、背中が痛ので内臓疾患を疑い「内科」。

目眩の原因も分からなければ、症状を止める方法も分からないと言われました。

このような場合、行き着く先は「神経内科」であり、処方される薬は「精神安定剤」となります。

「心臓に毛が生えている」と言われ、違う意味で「神経を疑われる」ことはあるものの(笑)、私の鉄板「快食、快眠、快便」トリオが全く損なわれていない以上、「精神安定剤」でぼんやりする必要はありません。

最終的に「漢方医」を頼り、病名界のマルチプレーヤー(笑)【自律神経失調症】の診断書と漢方薬を貰って療養しました。

しかし漢方でも、はかばかしい成果はなく、次に足を向けたのが「自律神経の調整をするカイロプラクティック」でした。

ここは別の友人から、「鬱の人、本人から、症状が改善したと教えてもらった」という口コミで、「自律神経のバランスを調整する」カイロプラクティックを紹介され、訪れました。

最初の診察で、「右目の眼球の動きが制約されているのが目眩の原因ではないか」と言われ、初めて「原因が不明」ではないと言われたことが無性に嬉しく、それからは毎日通いました。

毎日ですので、それはそれは痛い出費でしたが、その頃の私にとっては「命綱」、その甲斐あって、目眩の症状も徐々に落ち着き、11月には会社に復職できました。

復職後も週一で通い、そして、この度【乳癌ステージ4】が判明したのです。

それほど親切丁寧に診ていただいていたが故に、「これまで、アレコレ訴えていた身体の不調の全ては【乳癌ステージ4】が原因でした。」とは言い出しにくく、乳癌の治療が落ち着いてからも「行きそびれて」しまったのです。

「背中が痛いと言って、長い間いろんな治療をしていただきましたが、原因は癌の転移で真っ黒でした」というのは、お互い、かなり【気まずい】感じです。(笑)

そうこうしている間に夏は過ぎ、すっかり秋になってしまったなぁ、と思っている時、まさに「渡りに船」、友人が鍼(はり)を紹介してくれたのです。

neko,huutaミニ3当然のことながら、鍼(はり)の先生とは初対面です。

でも、【乳癌ステージ4】を抱える私としては、初対面の先生の方が「言い出しやすい」のです。

私は初対面の先生に、自分が【乳癌ステージ4】であること、転移が無数にあり背骨は首から尾てい骨まで「真っ黒」であること、腫瘍マーカーが今は「普通」下がっていることなど、「現状」を縷々説明しました。

先生は、それはそれは驚いておられましたが、私の治療を引き受けてくださいました。合掌。

治療は、鍼(はり)とお灸の間、「可視総合光線」という太陽光に近い光線を当てながら進められ、その後マッサージをもしていただける「フルコース」でした。

私の申告した病状が「爆弾級」だったことが、丁寧な先生を殊更に丁寧な治療に向かわせたのだと思いますが、治療が終わった時、3時間が経過していました。

友人の言う通りとても丁寧に、とても真面目に治療していただきました。

ありがたや、ありがたや、合掌。

始終身体の不調を抱えている方は、誰でもそうだと思うのですが、いつでも「短気を起こしそうな」自分と向き合っていなければならず、不快な症状そのものよりも、途切れることなくそんな自分に向き合うことに「うんざり」します。

特に私のような凡人が、不快な症状を抱えて「忙しい社会人生活」を送ろうとすると、自分に厳しくなりすぎたり、他者に寛容になることが出来なかったりで、自分の「器の小ささ」に嫌気が差し、自分を持て余し、そして落ち込むことがしばしばです。

だからこそ、指圧やカイロプラクティック、鍼(はり)に行き、一定の時間、「心地良いことだけに」身を委ねる時間は「至福」です。

普段は、なだめすかして付き合っている自分を、「誰かに委ねて」しまえる解放感が「病みつき」になります。

ねこ、風太ミニ2リラックスするためのリラクゼーションは、人によって、旅行、スポーツ、カラオケなどなど様々あると思いますが、私にとって「それ」がマッサージです。(笑)

大袈裟かもしれませんが、私にとっては「苦痛に満ちた自分から解放される時間」であり、そのための費用は、「絶対」必要経費です。

昔、大学の「宗教学」の講座で、本当の「信じる」とは、「信じられる」と思う気持ちを越えて、『幼子が母親の胸に抱かれている時、母親が自分を放り出す可能性など思いもせず、安心しきって母親の胸で眠るように、神さまや仏様に身を委ねる心」だと習いました。

決して、鍼(はり)の先生や「カイロプラクティック」の先生を、神や仏のような「全能」の存在だと思っているわけではありません(迷惑だと思います(笑))が、ある特定の時間、私のために「良かれと思うことを」技能の限りを尽くしてくださる方に、「身を委ねる」感覚は、「Go to Paradise♡」なのです。

この度出会った鍼(はり)の先生の、丁寧な誠実さに心打たれ、私の「Go to Paradise♡」タイムをお願いしようと決めました。

鍼灸の世界にもいろいろ「流派」があり、私の出会った先生がされるのは『経絡治療』というものらしく、痛くない鍼(はり)治療をされることも、私にとってはラッキーでした。

経絡とは

「経絡」とは一言でいうと、「気・血・水」を全身へ運ぶ通路で、全身に網目の様に張り巡らされています。経絡の走行は「内外を貫いて、上下を通す」といわれます。この内外とは{内臓と体表}いう意味で、上下とは{頭から体幹や手足の末端}という意味です。つまり体の隅から隅までを繋いでいるのが経絡です。そして「気血」が経絡を通り全身へ運ばれることで、体は隅々まで栄養されるのです。しかし、「経絡」は血管や神経の様に目に見ることは出来ませんし、検査機器を使っても画像や数値でも現せません。そのため現代医学では、「経絡」の存在はありませんが、中医学では、「気」と同様に目には見えなくても大切なものなのです。

経絡って何? | 杉並区浜田山徒歩1分 中医鍼灸の弘和堂鍼灸院

http://kowado.info/regimen/%E7%B5%8C%E7%B5%A1%E3%81%A3%E3%81%A6%E4%BD%95%EF%BC%9F/

ねこ、風太ミニ10この時から、既に2年以上経過しました。

今も変わらず、週一で通い続けています。

私の感覚からいうと、指圧やカイロプラクティックより、鍼(はり)治療の方が「効き目が長持ち」し、「体質改善」に繋がっている、と思います。

会社でも家庭でも、普段の生活で、身体の不調をありのままに伝え、周囲に「うんざり」されることを恐れて「抑制」する日々ですが、鍼(はり)治療の間は、身体の不調を「思う存分」吐き出して(笑)、身も心もメンテナンスしてもらっています。

先生に治療をしていただいている間の私は、鍼(はり)を打たれていても、お灸をされていても、熟睡してしまうのですが、それこそが心地よさの証明です。

犬ならば「しっぽを振り回し」、猫ならば「喉を鳴らし続ける」のですが、中年の人間は「いびきをかいて寝る」のがせいぜいです。(笑)

これもまた「天の配剤」で、絶妙なタイミングで、絶妙な先生に出会うことが叶いました。

これからもよろしくお願いします。先生。

自分の強運に惚れ惚れします。合掌。(笑)

 

次は

お誕生日おめでとう、私 (nya.68)

です。

桜の紅葉

桜の紅葉

 

〈風太からひとこと〉 わしのブログを読んでくれてありがとう。 「まぁまぁ」ならポチッとしてやってください。       にほんブログ村 病気ブログ 乳がん ステージ3・4へ    

「鍼(はり)」と出会う お世話になります (nya.67)” に対して 2 件のコメントがあります

  1. ののはな より:

    ふふみ様

    こちらこそご縁をいただき感謝いたします。
    闘病記読ませて頂きました。大変なところをくぐり抜けてこられたのですね!それを感じさせない男前な生き方、私も見習いたいです。
    未熟なものですが少しでもお役にたてれば幸いです。これからも精進してまいります。今後ともよろしくお願いいたします。 

    1. ふるゆら より:

      コメントありがとうございます、「ののはな先生」。

      人の出会いは「不思議」なもので、いつも「天の配剤」を感じます。

      私自身はいたって「呑気で雑な」な性分なので、先生の「真面目」な心根に触れて、「はっ」と「己の怠惰」を、気づかされることがしばしばあります。

      先生が私の生き方を見て、何かを感じ、私が先生に接して、何かを得ていることが「天の配剤」なのだと思います。

      こちらこそ「有難いご縁」をいただきました。

      「袖振り合うも他生の縁」です。これからもよろしくお願いします。合掌。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です