10月は検査三昧 子宮がん検診、PET/CT、脳のCT (nya.117)

ねこ、風太 巡回

不審物発見、さすが、わし。

旅行直後の寒い財布が更に寒くなる「検査三昧」の10月 (2016年10月)

タイトルを見て「えっっっ、体調、悪くなった???」と心配してくださっている方もおられるかと思いますが、「ぜんぜん元気」ですのでご安心ください。

なぜ10月に検査が「立て込んだ」のかというと、始まりは、例の私の「変人主治医」が、9月の「30秒診察」の際に唐突に言い出したことからです。

医者「そーいえば、子宮がん検診を受けてますか?」

私 「いいえ」(私が受けた検査は「あんたが」把握してるはずじゃ?)

医者「ホルモン治療している人は、年に1回受けた方がいいんですよね。子宮もホルモンだから」

私 「はぁ、そーですか」(私、この病院に通ってもう2年半、「一度も」勧められていませんが・・・)

医者「じゃあ、子宮がん検診受けてくださいね。」

私 「はあ、分かりました。」

医者「では、いいですよ。今日は以上です。」

私 「・・・この病院で子宮がん検診を受けることはできないんですか?」

医者「出来ますよ。うちで受けますか?」

私 「そーしてください。」

医者「そーですか、じゃあ、次のこっちの通院の日に合わせて予約入れますか?」

私 「・・・よろしくお願いします。」

まぁ、「変人主治医」が変人ぶりを発揮したからといって、今さら驚くにはあたりませんが、こうして「子宮がん検診」を「通院している病院」で受けられることになったわけです。(笑)

ねこ、風太ん?そうして10月の病院DAYは、子宮がん検診を受けてから、いつもの「採血、ゾメタ、診察」の鉄板ルーティンをこなしました。

子宮がん検診の結果は10日後に「1枚の紙」が郵送され、『異常なし』と「1行」だけ書かれてました。

さて、今回の10月の「30秒診察」では、鍼(はり)の先生にすすめられた「癌の脳転移を調べる検査がしたい」と伝えなくてはならない「任務」があります。

さらに私は「野望」を抱いていて、「脳に癌が転移しているかどうかを調べる」のは、前回も病院内のCTでしたので、ついでに「CT繋がり」で、骨転移で「大穴」が開いていた背骨が、その後の放射線療法と3週に一度の「ゾメタ」でどこまで回復しているのか、はたまた回復していないのか、を知りたいと思っていました。

他の病院の検査事情が「どう」なのか知りませんが、私の漠然とした想定としては、【乳癌ステージ4】と診断を受けたら、半年や1年の「区切り」で『現状確認』の検査が行われるのかと思い「待って」いました。

が、通院生活も2年半になり、私の病院では「それはない」ことが分かり・・・、自己申告をすることにしたのです。

ねこ、風太ねそべる常に「30秒診察」を心掛けておられる私の「変人主治医」との会話は、ある意味毎回「真剣勝負」です。(笑)

聞きたいことがあれば事前にきっちり準備しておかないと、「気が付けば」診察室から退出している自分を発見するからです。(笑)

私 「夏場に頭痛が多かったのが気になるので、一度、脳に転移がないか調べて欲しいんです。」

医者「分かりました。CTですね。」

私 「一緒に骨転移があった場所の骨が、今どうなっているのか知りたいんですが。」

医者「分かりました。PET/CTですね。」

私 「・・・骨の状態が知りたいんですけど、PET/CTで見えるんですか?」

医者「見えますよ」

私 「じゃあ、お願いします」

医者「前回PET/CTを受けたのはいつですか?」

私 「今年の2月です」(なぜ、把握してないかな・・・)

医者「じゃあ、脳のCTとPET画像診断の予約を入れるように看護師に言っておきます」

私 「よろしくお願いします」

前回2014年3月、放射線療法を受ける前に「骨の状態を見る」ために受けた検査はCTでだったと記憶していますが、あのころは「検査のメリーゴーランド」状態で記憶があいまいです。(涙)

医者が「見える」というのだから、事前に「オーダーすれば」PET画像診断でも骨の状態も見えるのかと、「納得」したのです。

ねこ、風太うたたねこの時点で、私の「脳のCT+背骨CT」を一度に済ませる計画は水泡に帰しました。(涙)

それぞれ事前に「点滴」をして、身体に薬剤を入れることが必要な検査ですから、PET画像診断とCTを「同日」にすることはできません。(涙)

こうして私の貴重な休日が2日「検査」に奪われることになったわけです。

贅沢な話ですが、会社員の私の休日は月8日か9日、それに有休を加えて「月に10日」休みをとっているのですが、「ゆるい仕事」とはいえ「休日は休息したい」のです。

しかも私の場合「自律神経が壊れて」いますので、休日は「副交感神経」優先で過ごすことが「肝」なのです。

片道1時間かけて通院すると、私の「交感神経」は出勤と認識して「興奮」し(涙)、ちっとも休んだ気がしないのです。

10月に受けた「脳のCT」と「PET画像診断」の結果は、11月の病院DAYの診察の際に教えて貰いましたが、『どちらも問題なし』でした。(万歳)

ねこ、風太おすまししかしこの話には余談があります。(涙)

医者「検査の結果、脳の癌転移はありませんでしたし、PET/CTの方も現状維持ができています。」

私 「ありがとうございます。骨転移で大穴のあいた骨はどうなっていますか?」

医者「ああ?それはCTを撮ってみないと分かりませんねぇ」

私 「でも、骨の状態も分かると言われたのでPET画像診断を受けたんですけど」

医者「誰が言いましたか?」

私 「先生です。」

医者「・・・・・」私「・・・・・」

医者「では、次の診察の日に骨の状態が見えるCTを撮りましょう。放射線の先生に言っておきます。」

私 「よろしくお願いします」(ちくしょぉぉぉぉ!!PET画像診断3万円もするのにぃぃぃぃぃ。無駄金じゃん)

そーです。私は先月母と兄を連れて『ハウステンボスの花火大会』を見に行って【大散財】していて、私の経済状態は「超緊縮財政」状態なのです。(涙)

「寒い」財布がさらに「寒く」なろうとも、検査代をケチるわけにはいかないと受けた検査が、・・・・・これです。(涙)

結果として、10月に受けた3つの検査結果が「◎」だったのですから、本当に嬉しい!!し幸せ!!です、・・・・・が。

「とほほ」と見上げた、秋の空でした。(笑)

秋の原っぱ

秋の原っぱ

次は

です。

 

〈風太からひとこと〉 わしのブログを読んでくれてありがとう。 「まぁまぁ」ならポチッとしてやってください。       にほんブログ村 病気ブログ 乳がん ステージ3・4へ    

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です