腫瘍マーカー登場 主役は遅れてやって来る① (nya.34)

ねこ、風太のぞく

わしのこと、呼んだ?

大変、大変、忘れてました!!「腫瘍マーカー」のこと (2014年4月15日)

花見を終えた私は、食道の「やけど」の腫れ(=放射線食道炎)が治って、普通に食べられるようになるのを ひたすら待ち侘びながら、暮らしました。

「全然良くならない!!」と苛立ち、「晩酌が出来ない」ことを嘆いているうちに、10日が過ぎると、「すとん」と痛みがなくなりました。

食事制限が一切ない私は、これで「健全すぎる食欲」の趣くままに食べられます。

万歳!!「酒、タバコ、復活」です。(すみません。ほんとうにすみません。)

 

1.ねこ、風太アイドル前回のホルモン治療の診察から、3週間後の4月15日、「えっっ、もう3週間?早っっ」と思いながら病院に行きました。

ホルモン療法は、女性ホルモンを抑制するのですが、そのために使う薬は、閉経前と閉経後では、異なります。

 

私は閉経前なので、「タモキシフェン」の服用と、「リュープリン」をおへその横の贅肉に皮下注射をします。

女性ホルモンを抑制し、強制的に閉経させることで、乳癌のエサとなる女性ホルモンを断ち、乳癌を「兵糧攻め」にするのです。

「はあぁ、閉経ですか」と思うものの、現在46才、いつ更年期障害が始まってもおかしくない年齢です。「閉経」という言葉に違和感はありませんでした。

 

4.ねこ、風太まぶしいまず診察室に呼ばれ、主治医の診察がありました。

以下が、割愛することなしの、医者との会話のすべてです。(早口で再現してください。)

 

医者「前回、骨転移の点滴(ゾメタ)と、ホルモンの皮下注射(リュープリン)と、毎朝服用するホルモンの薬(タモキシフェン)を出しましたが、体調を崩すこともないようなので、このまま治療を継続します。」

私 「はい。」

私 (え?そうか、お試しだったのか。それに、ゾメタで熱がでたけどね・・・(参照:発熱でダウン、犯人はゾメタの副作用だった (nya.28))

医者「前回のホルモン治療で、女性ホルモンの分泌をぐっと上げ、今日の治療から、ぐっと下げます。こうすると効果が高いんです。これで閉経すると思います。」

私 「はい。」 (え?女性ホルモン「上げた」の?そーなん?初耳なんですけど。)

医者「今月は生理がありました?」

私 「はい。」

医者「次は、生理が来ないと思います。」

私 「はい」(バイバイ私の月経、長いお付き合いでしたが、これでお別れです。)

医者「それと、先月の血液検査の結果が出ました。」

私  「はい」 (そー言えば、採血したわ。何も言われないから忘れてた。)

医者「白血球の数値が低いですが、これは、放射線治療をしたら下がるので、これから徐々に戻ります。」

私 「はい。」(ふん。これも初耳)

医者「腫瘍マーカーの数値が54で、思ったよりかなり高いですが、これからの治療で、下げるようにしていきましょう。」

私 「はい。」(高いって、どれくらいのこというのか、そこが知りたいんですけど。)

医者「高いと言っても、腫瘍マーカーの数値は、絶対的なものではなく変動を見るものです。」

私 「数値が上がったら、ホルモン剤が効いていないという様に見るんですよね?」

医者「そうです。その場合は、別のホルモン剤を試します。それが効かなかったら抗がん剤を試します。」

私 「私、抗がん剤はやりたくないと思っています。」

医者「そうですか。」

私 「はい。」

医者「仕事は、続けてるんですね。」

私 「はい。」

医者「フルタイムで?」

私 「はい。」

医者「以上です。今日は採血した後、点滴(ゾメタ)して、おへその横に皮下注射(リュープリン)をします。前回で問題なかったので、今日は3カ月のものを打ちます。では、そちらに行ってください。」

私 「ありがとうございました。」(毎回、唐突な終わり方するなぁ)

 

7.ねこ、風太上見るついに登場です!!「腫瘍マーカー」。

この単語こそ、癌の知識が何もない時の私でも、聞いたことがあるくらい、「メジャーな」癌関連の単語です。

 

血液検査の結果は、1時間程で分かるけれど、腫瘍マーカーは、検査に時間がかかるので、今日の結果が、次の診察の時に伝えられるのだと、たった今、知りました。

そして思えば癌告知以降、一度も「腫瘍マーカー」の単語を聞いていないことに、この時、初めて気付きました。

そう、「癌」と言えば、「腫瘍マーカー」ですよね。

相変わらず「親切な」私の主治医は、腫瘍マーカーの数値が「思ったより高い」とだけ伝えて、それがどういうことを意味するのか教えてはくれません。

いいんです。もう、慣れました。

家に帰って、自習します。

 

 

次は

腫瘍マーカー登場 主役は遅れてやって来る② (nya.35)

です。

かわいいピンクのなでしこ

かわいいピンク

 

 

 

 

〈風太からひとこと〉 わしのブログを読んでくれてありがとう。 「まぁまぁ」ならポチッとしてやってください。       にほんブログ村 病気ブログ 乳がん ステージ3・4へ    

腫瘍マーカー登場 主役は遅れてやって来る① (nya.34)” に対して 2 件のコメントがあります

  1. Yoshiko-san より:

    完読しました!

    1. ふるゆら より:

      ええええええっ?????
      そんな?
      それはそれは、もったいないことでございました。
      ありがとうございます。
      毎日1本、がんばります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です