まいにち風太、まいにち田舎 (nya.361)

ねこ、風太 寝ぼけ

〈風太のごあいさつ〉このブログは、ラブリーなわしの写真と、季節の田舎の写真です。(写真見て「ホッ」としてくれたら、わし、嬉しいぞ♡)「にゅうがん」のことなら、最初は“にゅうがん4な私と風太(日本猫)のららら田舎生活” ブログについてから読んでください。ほんなら、またお会いしましょう。

ねこ、風太 見上げる

お。

ねこ、風太 見上げる

おお。

ねこ、風太 見上げる

おおお。・・・届かん。

天井にキリギリス

天井にキリギリスがおる。

はい、昨日の続きです。

正解は「天井にキリギリス」でした。(笑)

 

そして、今日の田舎は、

泥田と白鷺

泥田と白鷺

田舎の夕景

田舎の夕景

川辺の夕景

川辺の夕景

日没ギリギリに滑り込みました。

秋の風情はやはり「侘び寂び」だなぁとうっとりしました。

 

次は

です。

〈風太からひとこと〉 わしのブログを読んでくれてありがとう。 「まぁまぁ」ならポチッとしてやってください。       にほんブログ村 病気ブログ 乳がん ステージ3・4へ    

まいにち風太、まいにち田舎 (nya.361)” に対して 2 件のコメントがあります

  1. グリコ より:

    台風は、なんともなく、他の地域は避難準備とかテレビででてましてが、そんなに被害はなく、選挙もありましたが、外に出ず非国民です。私も、検査て、そんなものなのかな?と、言われるままに、代謝内分泌腺の、先生が、日赤病院前て、放射線は、大学病院てす。放射線は。毎日なので、職場の近くで、二人は夫婦です。なので、いいか?悪いか?予約は、スムースでした、検査?しすぎなのかな?今リュープリン3ヶ月毎と、タモヘェキシン毎日朝に服用、まあ、初めは癌とわかり、程度?調べる為に、骨から、イロイロいたし、高い検査料金てした、同時に婦人科予約して、副作用の検査の為に、直ぐ予約して、子宮頸がん健診して、子宮体がん、の、検査して、体がん、は、検査痛いので、細胞採る、断っててんてきしながら、MRIとりまして、画像で、見て疑わしかったら細胞取らないと、と、先生に、言われてましてが、大丈夫だったので、また、半年後と、あと、薬のみだして、目がかすむと、先生に、老眼かな?と、話すと、タモヘェキシン飲むと、ボヤけたりする副作用あるので、こないだは眼科で、まあ、それは、年相応の老眼でした、、。年ね、癌告知前にコンタクトレンズ新しくしてたのに、度強くして、見やすくなってましてが、老眼で、ボヤけたんてすね、まあ、調べて薬の副作用ではなかったです。日赤病院は、毎月のゾメタの点滴診察、エコー、エコーが無いときもありましたが、来月は、放射線が、8月中に終わりましたので、調度三ヶ月後に診察が、なので、来月放射線の先生の診察。と、まあ、五月の毎年の健診から、細胞取って癌告知されてから、病院通いです。あと、骨溶けてるから、背中等々、整形て、コルセット、作ったり、まあ、検査診察ばかりでした。あと、別に漢方の病院は、イロイロ話して精神的には、いいかな?と、ダラダラ書きましたが、漢方と、言っても大学病院の先生が、独立してるので、セカンドみたいな感じて話してます。検査の流れは、人それぞれなのかな?まあ。完治は、しないだろなあと、ハッキリと先生には、聞けないけど、まあ、延命なんだろうなあ、。薬は、ずっとずっと飲むよ、とだけ、言われてまして、ふんわりした、回答、。まあ、それがいいのか?わるいのか?腫瘍マーカーと、皆さん言われてますが、どれか?わからず、。知識の無い私です。( ´△`)

    1. ふるゆら より:

      グリコさん、腫瘍マーカーは血液検査のオーダーに含まれるよう医師が指示して、私の場合はゾメタの点滴前に毎回採血し、4週間後の次のゾメタの通院の際に結果の数値を知るというパターンです。

      絶対値ではなく、数値の変動で傾向を知るというものですので、「健常者」の数値がこの範囲という目安があるものの、もとからやや高めな人もいるようです。

      ゾメタ点滴で「どうせ腕に注射針を刺すのだから」という理由で、私の場合は毎回採血していますが、リュープリンの3ヶ月に合わせて調べる程度でも差し支えないと言われたことがあります。

      一度、お医者さんに聞いてみるといいかもしれませんね。

      癌告知直後の1カ月は、私も「検査三昧」でした。(嘆息)

      ・・・が、私の場合放射線治療が10回だったので、あっという間に終わり、あとは「のら患者」です。(笑)

      グリコさんの場合は骨転移で痛みもありコルセットまでしているのですから、私より経過観察が頻繁になるのも仕方ないかもしれませんね。

      ただ、私の腓骨骨折のようなものですら「全治8週間」なのですから、骨転移の好転にも数ヶ月単位の時間が必要なのだと思います。

      私の場合、骨転移の痛みがなかったことに加え「放っておいてくれ、普通に生活する」という性分ですので(笑)、「のら患者」にしてくれて「ちょうど良かった」のです。(笑)

      寒くなりました。風邪など引いてくしゃみ連発になったら大変です。ご自愛ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です