まいにち風太、まいにち田舎 (nya.406)

ねこ、風太 寝ぼけ

〈風太のごあいさつ〉このブログは、ラブリーなわしの写真と、季節の田舎の写真です。(写真見て「ホッ」としてくれたら、わし、嬉しいぞ♡)「にゅうがん」のことなら、最初は“にゅうがん4な私と風太(日本猫)のららら田舎生活” ブログについてから読んでください。ほんなら、またお会いしましょう。

ねこ、風太 帰宅

よう遊んだ。入れてくれ。

ねこ、風太 帰宅

今日はもう一回外に出ようかな。

ねこ、風太 帰宅

そのためには今は「良い子のふり」作戦じゃ。

「風太」という名前が「プータロウ」に近いことが悪かったのか、風太は放浪癖があります。(笑)

この日も、外に出した覚えのない風太が、縁側からご帰宅されました。(嘆息)

 

そして、今日の田舎は、

霜の降りたあぜ道

霜の降りたあぜ道

山影の形に残る霜

山影の形に残る霜

霜の降りた草もみじ

霜の降りた草もみじ

いよいよ冬至に向かい、冷え込みが本格的になってきました。

毎朝、起きて外を見ると、「雪?」と思うほどに一面真っ白になるくらい霜が下りて、その「白さ」で冷え込み具合が分かるのです。

 

次は

です。

〈風太からひとこと〉 わしのブログを読んでくれてありがとう。 「まぁまぁ」ならポチッとしてやってください。       にほんブログ村 病気ブログ 乳がん ステージ3・4へ    

まいにち風太、まいにち田舎 (nya.406)” に対して 2 件のコメントがあります

  1. 絵里 より:

    ふゆるらさん、実は私も「やっちまいました~!」。左腕の腱を痛めて不自由中です。椅子に上がって台所の窓を大掃除してたのですが、くらっとして仰向けで落ちました。全体重が左腕にかかり、腕がパンパンに腫れ、重石がついてる感じです。風太くんがここにいてくれたら、モフモフ、ぬくぬく、一緒に寝れるのに・・・。いつでもヒーリングしてもらえる、ふるゆらさんがうらやましい。

    1. ふるゆら より:

      あらららら、それはそれは「やって」しまいましたね。合掌。

      そーですか、絵里さんは「大掃除」なるものに取り組まれる尊い方だったんですね。

      私なんか気が向いた時にして、それが何月であろうと「これをもって大掃除と為す」と心の中で宣言して終わりです。(笑)

      『椅子に上がって台所の窓を大掃除してたのですが、くらっとして仰向けで落ちました。』

      という大惨事を思えば、『左腕の腱を痛めて不自由中』で済んだのは「大難が小難」で済んだと思っていいのでは、と思いました。

      ほんとに、ソレで済んで幸いでした。(嘆息)

      年末の忙しい時にコレ、と落ち込まれていることと思いますが、すべては「神さまのメッセージ♪」とユーミンも歌っておられるように、体調優先で師走を過ごしなさいね、という天の配剤かと思います。

      そーなんです、そーゆー時は、風太のいびきをBGMにしてふて寝するのが一番いいんですが(笑)、こればかりは仕方ないので「妄想」で補ってください。

      ほんとにほんとに、お大事に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください