まいにち風太、まいにち田舎 (nya.420)

ねこ、風太 寝ぼけ

〈風太のごあいさつ〉このブログは、ラブリーなわしの写真と、季節の田舎の写真です。(写真見て「ホッ」としてくれたら、わし、嬉しいぞ♡)「にゅうがん」のことなら、最初は“にゅうがん4な私と風太(日本猫)のららら田舎生活” ブログについてから読んでください。ほんなら、またお会いしましょう。

ねこ、風太 木登り

前にも言ったけど

ねこ、風太 木登り

木登りの、

ねこ、風太 木登り

下りるのが苦手なんじゃ。(嘆息)

風太は木から降りようとして、一度は必ず足を滑らせます。(笑)

私が大笑いするので、それが気に入らず、木から降りると爆走してどこかに消えます。(笑)

 

そして、今日の田舎は、

穏やかな日差し 冬の山

穏やかな日差し 冬の山

穏やかな日差し 冬の山

穏やかな日差し 冬の山

木の葉

木の葉

冬の空

冬の空

昨日は「冬至」でした。

山の木々もほとんど葉を落として華やかな色を失い、すっかり「冬の山」となりました。

何万枚、何憶万枚の木の葉が散って「冬の山」になるのかと、その数を思い茫然とします。

広大な自然、奇跡の絶景とは無縁の、当たり前だけど自然の凄みを感じる木の葉です。

 

次は

です。

〈風太からひとこと〉 わしのブログを読んでくれてありがとう。 「まぁまぁ」ならポチッとしてやってください。       にほんブログ村 病気ブログ 乳がん ステージ3・4へ    

まいにち風太、まいにち田舎 (nya.420)” に対して 2 件のコメントがあります

  1. グリコ より:

    バタバタした日から落ち着いているようなので、良かったです。私も、父親が、54で、脳梗塞になり、その時は、母親も、生きていたのでバタバタだったなあと、父親は、働けなくなり、日常生活も、不自由になり、本人も大変ですが、周りの家族特に母親は世話が大変だったと、思います。そんな事思い出しながら、去年の今頃は、家新築しはじめてましたが、業者がなかなか、建ててくれなかったり、父親が夜中倒れて救急車で、二回も、運ばれてバタバタでした、入退院の繰り返しでした。日赤病院は、何日も置いてくれないので、次の入院先探したり、同時に新築の打合せ、で、毎年乳癌健診して、乳癌ステージ4と、バタバタした、年でした。告知日は、父親の誕生日でしたが、二人しかいない家族ですので、覚悟してもらうためにも、話ましたが、71歳の父親には、可哀想なことしたなあと、まあ、今は、腫瘍マカー下がって落ち着いてくれてるのかな?で、父親よりは、長生きするのが目標です。(^-^)/

    1. ふるゆら より:

      メリークリスマス☆グリコさん。

      そうですか、お父様がお倒れになったのはお若い時だったのですね。

      もう20年近い歳月をお父様と過ごされているのですね。

      その間、お母様がお亡くなりになったり、グリコさんの体調のこともありで、大変でした。

      人は孤独です。

      自分が生きることに疲れたからといって、誰かと交代することも叶わず、無感覚になってただ時が流れていくことが残酷に思えることもあります。

      でも、そうして黙々と自分の足元だけを見ながら長い時間を歩いて、ふと見上げた空の青いこと。

      特別な空ではないはずの空の青さが、どこまでも深く心に沁み込んでくる時、意味もなく「赦された」ように感じます。

      生きていると「いろんなこと」が、ほんとうに「いろんなこと」がありますが、笑うことを大切にしていきましょう。

      ステキなクリスマスをお過ごしください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です