まいにち風太、まいにち田舎 (nya.430)

ねこ、風太 寝ぼけ

〈風太のごあいさつ〉このブログは、ラブリーなわしの写真と、季節の田舎の写真です。(写真見て「ホッ」としてくれたら、わし、嬉しいぞ♡)「にゅうがん」のことなら、最初は“にゅうがん4な私と風太(日本猫)のららら田舎生活” ブログについてから読んでください。ほんなら、またお会いしましょう。

ねこ、風太 ベッド

zzzzz

ねこ、風太 ベッド

ZZZZZZZZZZZ

ねこ、風太 ベッド

・・・ええ初夢じゃった。

2018年が始まりました。

いろんなことがあると思いますが、風太がぐーすかぴーと安心して寝ていれば、たいがいのことが大丈夫になります。(笑)

 

そして、今日の田舎は、

私の氏神様

私の氏神様

お正月の青空

お正月の青空

参道の並木

参道の並木

桜の老木

桜の老木

冬の山の針葉樹の香り、苔むした地面と腐葉土の大地の香り、冬の冷たい空気に溶け込んでいて、深々と深呼吸するだけで体中の細胞が喜んでいることが分かります。

初詣で手を合わせて祈ることと同じくらい、神域の空気に身を浸すことが嬉しくて、毎年いそいそと出掛けます。

ああ、気持ち良かったと思う、田舎の初詣です。(笑)

 

次は

です。

〈風太からひとこと〉 わしのブログを読んでくれてありがとう。 「まぁまぁ」ならポチッとしてやってください。       にほんブログ村 病気ブログ 乳がん ステージ3・4へ    

まいにち風太、まいにち田舎 (nya.430)” に対して 4 件のコメントがあります

  1. さんかく より:

    私も、一匹は枕を並べ、もう一匹は、足元に潜り込み湯たんぽとなってもらい、幸せもらって寝ております。色んなこと、とりあえず今はいいんじゃない、と思う幸せ、安堵感。わかります~。  そして私は、一年八か月、安らぎ、パワーをもらい、来月から、新しい仕事に挑戦します。短時間ですけど。  夜は、我が家猫、そして、風太さまに、まったりさせてもらって、美しい田舎を眺め、幸せ気分でパワーチャージします。 風太さま、ふるゆらさん、今年もよろしくっす!

    1. ふるゆら より:

      さんかくさん、今年もよろしくお願いします。

      そーですか、さんかくさんも「お猫さま」に温めてもらってるんですね。

      いいですよねー♪猫のゴロゴロ音♪

      来月からお仕事に挑戦ですか。

      新しい風が吹きますね。

      新しい年に新しい風。ワンダホーです。パチパチパチ。

      私も焦らず「暗中模索」します。

      さんかくさんも「ペース配分」に気を付けて、今年をいい年にしてくださいね。

  2. みぃ より:

    ふるゆらさん、ご無沙汰しています。
    覚えてますか?

    あけましておめでとうございます。
    今年も?よろしくお願いします。

    私も田舎住まいですが、今日こちらは雪の1日でした。

    「休職」を決断されたとの事。
    たくさん悩まれたことと思います。
    私は昨年3月末で、退職しました。
    (5年勤めました)
    役所の用務員をしていた私は嘱託とはいえ税金から給料が出ていたので「辞める」という選択肢しかありませんでしたが、それでもけっこう悩みました。
    まだまだ子供にもお金がかかるし、先の事を考えると不安でした。
    長女は精神的に弱い所があり、次女は1時間半通学に掛かる学校に進学しました。ということは、私の負担が増える一方です。
    娘の事で休み過ぎ(有給休暇の範囲内でしたが)と指摘されることが多かった私は、「病気になれば仕事辞められるかな」と考える事もありました。

    『病は気から』まさしくその通りになってしまったのだと思います。

    まわりの理解があれば、私達のようなガン患者も仕事出来るし続けられると思うのですが、ここの地域はまだまだ、「ながらワーカー」を受け入れるだけの受け皿?がないようです。特に私は「ステージ4」なので、永くないと思われているようですしね。
    早く、テレビCMのように「ながらワーカー」に優しい世の中になって欲しいです。
    もう少ししたら、また働こうと思っていますが、地元ではなく少し離れた場所でと思っています。

    「冬来りなば春遠からじ」

    なにはともあれ、ふるゆらさんのブログ、毎日楽しみにしています。我が家には黒猫♂がいますが、写真を撮ってもただの黒い塊なので、いかに
    男前に撮れるか、修行中デス。

    1. ふるゆら より:

      みぃさん、あけましておめでとうございます。

      こちらこそ今年もよろしくお願いします。

      体調と相談しながら働くって、バランスが難しいですね。

      末期がんだと知る前と知った後の自分は、何が変化したんだろうと思うと「病名を知ったこと」が一番大きいな、と私は思いました。

      みぃさんの前職はちょっと「残念(嘆息)」ですが、自分が「乳癌ステージ4」だと分かって「これからどうなるんだろう、私」と手探りの時に仕事せずに過ごせたことは、良かったのかもしれませんね。

      病名から受けた衝撃が薄れる頃には、日々の営みのリズムが見えてきますし、これまでは無理して気合で乗り切っていた場面で、自分を庇うことも覚えます。

      みぃさんはお子様のこともあり、「自分中心」で生活を組み立てることができないから、余計微妙な匙加減が必要なのが「呑気な私」と違って大変です。

      私は今のところ、クラウドソーシングで「現代版内職」は出来ないかと考えています。

      収入は僅かかもしれないけど、毎月の固定費くらいは稼げないだろうかと・・・。

      インターネット環境があれば「在宅ワーク」が可能なので、私のような田舎に住むものでも幾ばくかの収入が得られたらいいなと思うのです。

      私の場合、通勤時間が省けるとずいぶん身体が楽なのではと考えました。

      まだまだ暗中模索ですが、体調が良くなったらお試しで「やってみよう!!」と思っています。

      2大クラウドソーシングサービスは「ランサーズ」と、「クラウドワークス」ですので、みぃさんもご興味がおありなら覗いてみてください。

      みぃさんに合ったお仕事がみつかるといいですね。

      ほんとうにほんとうに「冬来りなば春遠からじ」です。

      お互い、今年をいい年にしましょう♪

      黒猫ちゃんによろしく♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です