まいにち風太、まいにち田舎 (nya.721)

ねこ、風太 寝ぼけ

〈風太のごあいさつ〉このブログは、ラブリーなわしの写真と、季節の田舎の写真です。(写真見て「ホッ」としてくれたら、わし、嬉しいぞ♡)「にゅうがん」のことなら、最初は“にゅうがん4な私と風太(日本猫)のららら田舎生活” ブログについてから読んでください。ほんなら、またお会いしましょう。

ねこ、風太 巡回

ぴよぉ~ん、とな。

ねこ、風太 巡回

チェック、チェック♪

ねこ、風太 巡回

チェック、チェック♪

ねこ、風太 巡回

ぴよぉ~ん、とな。

風太の体重は5kgですが、日頃のお仕事のお陰で「ガチムチ」です。

 

そして、今日の田舎は、

イヌタデ(犬蓼)

イヌタデ(犬蓼)

ヤナギタデ(柳蓼)

ヤナギタデ(柳蓼)

ミゾソバ(溝蕎麦)

ミゾソバ(溝蕎麦)

ミゾソバ(溝蕎麦)もタデ科ですので、まさに「蓼食う虫も好き好き」状態です。(笑)

「辛くて苦い蓼を好んで食べる虫がいるように、人の好みは多様性に富んでいる」という由来の言葉だそうですが、食べたことがないのでどの子もかわいいです。

 

次は

です。

〈風太からひとこと〉 わしのブログを読んでくれてありがとう。 「まぁまぁ」ならポチッとしてやってください。       にほんブログ村 病気ブログ 乳がん ステージ3・4へ    

まいにち風太、まいにち田舎 (nya.721)” に対して 2 件のコメントがあります

  1. ゆうこ より:

    ✧*。☆.。.:*・お誕生日おめでとうございます☆.。.:*・✧*。

    今日かどうかはわかりませんが。
    今日は素晴らしい秋晴れです。このような晴れ渡ったような日々が
    これからもふるゆらさんにたくさん訪れますように
    私はいただいたブレスレットをして寝て夢を見て起きてから
    たった12時間ほどしか経ってないのに悠久の時間が過ぎたような
    とてつもない長い年月を経たような気がしました
    そして今までの50年間私は何をしていたんだろう?この50年の方が
    むしろ夢だったのではないかとさえ思うくらいです
    私は今までの○本○子さんという人生は終わり、あれから
    かつて大阪大空襲で亡くなった、その人の人生を生き直しているような
    気がしています
    それほど今の私には太陽の光がまぶしく、空は澄んでいて
    虫の鳴き声は耳に快く、すべてが生き生きとしてかけがえのないものに
    感じます。一瞬一瞬が。目に映るものすべてが尊く感じます
    私は戦争の対義語は平和だと思っていましたが、違いました
    対話だそうです

    1. ふるゆら より:

      ゆうこさん、ありがとうございます。

      ほんとうに、自分がこの世に生まれた季節が美しく、生まれてきたことを祝福されているようで嬉しくなります。

      ゆうこさんの見られた夢は、たぶん、ゆうこさんの長く閉ざされていた窓をそっと開けたのですね。

      窓の外にどんな風景があるかを知らずに生きてきたこれまでの人生とは、まったく異なる「見え方」になって、何もかもが新鮮ですね。

      私にとって「平和」とは、多種多様なものが調和をして存在していること、でしょうか。

      自然も、価値観も、正義も。

      ゆうこさんも私も、今の新しい気持ちを大切に抱えて『上を向いて歩こう♪涙がこぼれないように♪』ですね。

      生きることの不思議に、感謝感謝です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください