まいにち風太、まいにち田舎 (nya.826)

ねこ、風太 寝ぼけ

〈風太のごあいさつ〉このブログは、ラブリーなわしの写真と、季節の田舎の写真です。(写真見て「ホッ」としてくれたら、わし、嬉しいぞ♡)「にゅうがん」のことなら、最初は“にゅうがん4な私と風太(日本猫)のららら田舎生活” ブログについてから読んでください。ほんなら、またお会いしましょう。

ねこ、風太 巡回

ちゃんとついて来いよ。

ねこ、風太 巡回

遅れんなよ。

ねこ、風太 巡回

・・・・・

人を呼びつけておいて、、、コレ、、、。(嘆息)

 

そして、今日の田舎は、

残る柿の実

残る柿の実

寒鴉

寒鴉

残る柿の実と梅の枝

残る柿の実と梅の枝

秋の名残と冬と春の兆し、時はゆっくりと進みます。

 

次は

です。

〈風太からひとこと〉 わしのブログを読んでくれてありがとう。 「まぁまぁ」ならポチッとしてやってください。       にほんブログ村 病気ブログ 乳がん ステージ3・4へ    

まいにち風太、まいにち田舎 (nya.826)” に対して 2 件のコメントがあります

  1. 金太郎 より:

    こんにちは。

    つい2〜3日前はこちらでも雪が庭に積もったのに、今日は1日限定で暖房無しでも掃除洗濯とバタバタしていたら、汗ばむほどの陽気に、かえって体調がおかしくなりそうです。
     
    それでもふるゆらさんのお写真には、季節の移ろいがしっかりと切り取られていて、拝見していると鼻先を早春の風がふっと通り過ぎていくような錯覚さえ覚えます。

    さて、こちらのブログは2014年2月5日の朝に蝶が羽を動かし始めたところから始まっていますよね。
    ふるゆらさんのやばいという感覚は、残念ながら的中してしまうわけですが、5年経った今、ふるゆらさんと風太殿の穏やかな日々を拝見できて、自分のことのように嬉しいです。

    初めてブログを拝見した時、ああ、私の心の中にも蝶がいるなと感じました。
    遠くへ飛んで行ってしまうことは難しいにしても、私たちの平穏を乱さないようにいつまでも羽を休めていますように。

    1. ふるゆら より:

      そーなんですよねぇ、金太郎さん、この病気を抱えていると、ふとした体調の変化に気付いた時、胸の奥の方で蝶々がバサバサっと羽ばたきをすることがあります。

      私は先日立て続けに2か所、化膿してしまい「・・・・・これって・・・・免疫力が下がってる・・・・・」と思いました。

      健康な人だって体調のアップダウンがあるのが普通なんだから、と理性が囁くのですが、胸の奥の方で「ひぇぇぇぇ~」と言っている自分がいるという、、、。(笑)

      ほんとうに、、、また、春が巡って来ますね。

      今の季節の、新緑にまだ遠い山を見るたびに、5年前の自分の心を覗き込むような気持になります。

      赦された時間であることを忘れずに、また四季を追いかけることのできる自分であることの幸運を噛みしめ、大いに楽しみたいものです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください