まいにち風太、まいにち田舎 (nya.905)

ねこ、風太 寝ぼけ

〈風太のごあいさつ〉このブログは、ラブリーなわしの写真と、季節の田舎の写真です。(写真見て「ホッ」としてくれたら、わし、嬉しいぞ♡)「にゅうがん」のことなら、最初は“にゅうがん4な私と風太(日本猫)のららら田舎生活” ブログについてから読んでください。ほんなら、またお会いしましょう。

ねこ、風太 巡回

いやいや、待て待て、

ねこ、風太 巡回

ちょっと寝転がってみただけじゃ、

ねこ、風太 巡回

わしも、そっち行くがな。

と、日曜日のお父さんのようにぼやく風太でした。(嘆息)

 

そして、今日の田舎は、

山の桜

山の桜

山の桜

山の桜

山の桜

山の桜

山の桜もあとわずか、、、花よりも新芽の赤い色が目立つようになりました。

「また来年」ですね。

〈風太からひとこと〉 わしのブログを読んでくれてありがとう。 「まぁまぁ」ならポチッとしてやってください。       にほんブログ村 病気ブログ 乳がん ステージ3・4へ    

まいにち風太、まいにち田舎 (nya.905)” に対して 2 件のコメントがあります

  1. TAKA より:

    ちょっとした小径や、護岸工事をしていない川辺の光景に強く惹かれます。何気ない自然が、美しいですね。

    ところで、私の祖父はガンの専門医だったのですが、抗がん剤治療を一切受けなかった様です。海外では、抗がん剤治療を受けるかどうかは、患者の選択次第とも聞きますし。

    もっと個人の自由が認められると良いと思うのですが。

    それではまた。

    1. ふるゆら より:

      そうですよねぇ♡、当たり前の日常の中に自然があることが、ほんとうにお気に入りなんです。

      「街には住めない」と、つくづく思います。(笑)

      抗がん剤もそうですが、治療方法ももっと開示と説明、メリットとデメリットを示された上で、患者本人の選択に委ねて欲しいです。

      本人の判断が難しい場合は「標準治療」、それ以外は当人の意思を反映する治療で。

      どのような治療を選ぶかは、どのように生きるのかという、人としての尊厳の延長線上にあると思うのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください