まいにち風太、まいにち田舎 (nya.965)

ねこ、風太 寝ぼけ

〈風太のごあいさつ〉このブログは、ラブリーなわしの写真と、季節の田舎の写真です。(写真見て「ホッ」としてくれたら、わし、嬉しいぞ♡)「にゅうがん」のことなら、最初は“にゅうがん4な私と風太(日本猫)のららら田舎生活” ブログについてから読んでください。ほんなら、またお会いしましょう。

ねこ、風太 巡回

・・・気が付けば、

ねこ、風太 巡回

今日はもう・・・、

ねこ、風太 巡回

夏至じゃな・・・。

ほんに、早いものです・・・。(嘆息)

 

そして、今日の田舎は、

夏至の夕暮れ

夏至の夕暮れ

夏至の夕暮れ

夏至の夕暮れ

夏至の夕暮れ

夏至の夕暮れ

夏至の夕暮れ

夏至の夕暮れ

夏至の夕暮れ

夏至の夕暮れ

日が昇り、日が沈む、何の不思議もありませんが、、、有り難い気持ちになる夏至です。

〈風太からひとこと〉 わしのブログを読んでくれてありがとう。 「まぁまぁ」ならポチッとしてやってください。       にほんブログ村 病気ブログ 乳がん ステージ3・4へ    

まいにち風太、まいにち田舎 (nya.965)” に対して 4 件のコメントがあります

  1. sizu より:

    もう 夏至

    お陰様で 写真で 行って 見た 気分に なります。

    いいところですね。

    1. ふるゆら より:

      えへへへ♪

      水田に水を張る時期になると、毎年「狙って」この場所へ行きます。

      去年の同じ頃に、同じ場所、同じアングルで撮影しました。

      夕焼けの色合い、雲の量、僅かな時間の違いで、同じであることは一つもありません。

      私の感性もまた同じ様でいて、確実に時の流れと共に変化し続けています。

      こういうのを「一期一会」というのかな、と思う夏至です。

  2. ゆうこ より:

    美しいですね……夏至の夕暮れ
    鏡のように水面に映る空
    どっちが本物か分からないほどです
    投写と投影 写るものと写すもの
    与えるものと与えられるものは等しいと
    思わされます
    ムンクの 桟橋の少女達 という絵を思い出しました
    夏至の夜、白夜の海に鏡のように写る木や家の風景に
    桟橋の上から覗き込む少女達
    100年前のフィヨルドの少女達も
    2019年の日本人も
    夏至の水面に写る景色に見入ってしまうのは
    同じなんて不思議ですね
    私はムンクの作品の中では「星月夜」ほしづきよ と
    いうのが一番好きです

    1. ふるゆら より:

      「星月夜」斗言えばゴッホかと思っていましたが、ムンクの作品もあるのですね。

      かわいい作品ですね。

      ムンクと言えば「叫び」を最初に思い浮かべますが、本当に、人が内包するインナーワールドは、多種多様な宇宙を抱えて広がっているものなのだと思いました。

sizu にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください