まいにち風太、まいにち田舎 (nya.1316)

ねこ、風太 寝ぼけ

〈風太のごあいさつ〉このブログは、ラブリーなわしの写真と、季節の田舎の写真です。(写真見て「ホッ」としてくれたら、わし、嬉しいぞ♡)「にゅうがん」のことなら、最初は“にゅうがん4な私と風太(日本猫)のららら田舎生活” ブログについてから読んでください。ほんなら、またお会いしましょう。

ねこ、風太 ひなたぼっこ
・・・・・
ねこ、風太 ひなたぼっこ
・・・・・今日の巡回ルート・・・・・
ねこ、風太 ひなたぼっこ
・・・・・まだらハゲじゃねぇ、木漏れ日じゃ。

朝日の日光浴、賢人の知恵ですな。

 

そして、今日の田舎は、

どくだみの花
どくだみの花
キョウカノコ (京鹿子)
キョウカノコ (京鹿子)
ホタルブクロ(蛍袋)
ホタルブクロ(蛍袋)

先日、家の前の川で蛍を見かけました。はい、もう、この花が咲き揃ったら「初夏」に間違いありません。

〈風太からひとこと〉 わしのブログを読んでくれてありがとう。 「まぁまぁ」ならポチッとしてやってください。       にほんブログ村 病気ブログ 乳がん ステージ3・4へ    

まいにち風太、まいにち田舎 (nya.1316)” に対して 2 件のコメントがあります

  1. たお より:

    こんばんは。
    本日1枚目の風太くん、いいわ~。バックのお花とのバランスもナイス!
    それにしても、ふるゆらさんは植物の名前をよくご存じですね。ガーデニングもお好きかしら?

    ところで、先日メンタルブロックのことを書かれていましたが、「そうか、あれってブロックだったんだ」と、かつての私の持て余していた感情を思い出しました。

    私の場合、異常なほどに真面目で潔癖な母の「波風を立てないようにすることが1番。自分の意見は表に出してはいけない」という姿勢に違和感を感じていたのだと思います。でも、世間知らずの私はそれに気づけず、ただモヤモヤとした気持ちを持て余していて、そのせいか本当に長いこと何かに追われる夢を見続けていました。

    ところが、婚家と実家のあまりにも違いすぎるあれこれに圧倒され、打ちのめされていくうちに、ある日ふと気づいたんです。自己主張って大事なことなんじゃない?頑張りすぎは自己満足?って。
    気づくまでには、なかなか厳しい修行もありましたけどね。今となってはそれも必要な経験だったのだと思えます。なにしろ荒行をこなしたおかげで、「現実離れした理想形」を求めなくなり、何事も「まあ、こんなものかな」と思えるようになり、いつの間にかあの夢を見なくなったのですから。

    流れに抗うのではなく、飲み込まれないよう舵を取りながら波に乗れたなら、あとは何とかなるものですよね。

    1. ふるゆら より:

      たおさんも「脱皮」の経験がおありなのですね。

      私は「これまでにもう十分脱いだ、もう脱ぐものはない」くらいに思っていたのに、「え?こんなに重い肌着をまだ着てましたか?びっくり」という感じの「脱皮」でした。(笑)

      脱皮してしまえば心が自由になって「不合理」が見えるのに、身に着けている時は全然不合理に感じなくて、むしろ自分の「性分」であり個性なのかと思っているので、天の配剤で「脱皮」しない限り気が付かないんですよねぇ。(嘆息)

      なので、今では「まだまだ脱皮すべきものはあるのだろう」と思っているのですが、気付かないままこの世を卒業するものもあるだろうし、それはそれでいいじゃないかと開き直っています。(笑)

      生きるって面白いですよねぇ、止められません。合掌。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください