エアコン買っちゃうぅぅぅブルース♬ (nya.1006)

ねこ、風太 キャットタワー

ブルース♬

エアコンを買いました、、、が、20回分割が限界でした。(笑) (2019年8月2日)

私がいわゆる「クーラー病」と自覚したのは、35才くらいのことと記憶しています。

職場のエアコンから冷気が吹き出すのは、5月のゴールデンウイーク頃。

それまでの人生「エアコンをガンガンきかせて、布団を被って寝るのが好き派」だった私は、いつの頃からか5月になると体がだるく感じるようになったことを、いわゆる「5月病」だと信じ、大好きなエアコンの冷気のせいだとは、露ほども疑っていませんでした。

仕事に「向いているか向いていないか」でいうと、我ながらハイスペックな処理能力を持つ私は「向いている」と言わざるを得ないものの、生来「スナフキン気質」である以上、会社という集団に帰属しなければならない環境が「好きか嫌いか」でいうと、はっきり「好きではない」と思っていたので、毎年「5月病」になるのも、「むべなるかな」と納得していました。

 

が、しかし、その後「いやいやいや・・・、そんなもんじゃないぞ」と思い始めたのには理由があり、なぜなら、5月に始まる倦怠感はひたすらダラダラと続き、9月の終わり頃にフッと体が軽くなって終わるというパターンを繰り返すことに気付いたからです。

「・・・これって、エアコンの冷気のせいじゃね?」という理解が、私のアホな脳みそに達する頃、私は自分の体がすっかり芯まで冷えてしまっていることを発見しました。

「試しに家で冷房を使うのを止めてみる」実験をしたところ、翌日は確実に体が軽く、「犯人はお前か!!」と確信する他ありませんでした。(嘆息)

「バイバイ、私の大好きなエアコンの冷気」私は涙を飲んで自宅での『扇風機生活』に突入しました。

暑いし、汗をかくし、嫌で嫌でたまらない『扇風機生活』でしたが、倦怠感がてきめん楽になるので、選択肢はこれ一択でした。(嘆息)

ねこ、風太 キャットタワー

それから数年は、「家・エアコンレス・デトックス生活(私命名)」が効果を発揮していましたが、その後は効力も薄れ、坂道を転がり落ちるように重篤な「クーラー病」患者となり果てました。

5月に空調が送風から冷房に切り替わると「水の中を歩いているように」体が重くなり、すでに立派なお局として職場に君臨していた私は、「私が仕事を辞めることがあっても、それは半端ない仕事の物量に負けたせいではない。私が仕事を辞めるとしたら、それはエアコンに負けたせいだ。」と、周囲に遺言を伝えて失笑を買うまでになっていました。(笑)

今思えば、その頃にはもう乳がんの転移が背骨にも及んでいたのではないかと思います。

体を支え、いろんな神経のセントラル機能を果たす背骨、46才で末期がんだと分かった時のPET/CT画像は、首から尾てい骨まで真っ黒、背骨に転移したがんは、長く静かに私の背骨をムシャムシャ食べながら繁栄していたのです。(嘆息)

今となっては、「むしろよく頑張った!!あっぱれ!!私」と褒めてあげたいくらいですが(笑)、無論その頃の私が事実を知る由もなく、ただただ、体温調節の機能が低下し、心情的にも肉体的にもエアコンの冷気に「手も足も出ない」負けっぷりでした。(涙)

ねこ、風太 キャットタワー

以前にも書きましたが、29才で原因不明の微熱が続いて休職をした時を皮切りに、私の体調不良の歴史は長く続くのですが(嘆息)、30代後半から乳がんが発覚する46才まで、体温調整が上手くいかないことが、あらゆる不調を派生させたと言えます。

しかも、がん患者に多い「低体温」ではないのです。

私の場合は、「恒温動物」の人類から退化して「変温動物」となっており、外気が暑いと自分も熱い、夏場の微熱は37.5℃あたりを彷徨うのです。

その体で「エアコンレス生活」、、、そりゃもう地獄です。(涙)

私が毎回心の中でブチキレていたのは、「クーラー病だからエアコンの冷気を極力避けている」と周囲の人に説明すると必ず「暑くないの?」と言われることでした。(笑)

「暑い、暑いに決まっとるちゅーのっっ!!外気温が35℃を超えて体温が37.5℃もあってみ?死ぬほど暑いし熱いわ!!」と心の中で大声でシャウトしつつ、説明するのも面倒で「ははははは」と力なく笑うのが精一杯でした。(涙)

ねこ、風太 キャットタワー

そんなこんなで、悶々とした夏をやり過ごしていた私ですが、「家・エアコンレス・デトックス生活」は、ストレスフリーで無理なく続けられました。

その訳は、、、『自室のエアコンが壊れていたから』です!!

エアコンのスイッチを入れるとファンが回るのに合わせて「バタバタバタバタ」と尋常ではない異音がするようになって「あ?故障?修理?買い替え?」と思っていたら、体も壊れてしまったので「丁度いい」ことになってしまったのです。(笑)

あれから幾星霜、職場で逃れられないエアコンの冷気に凍え、自宅で「解凍」する夏を幾度も繰り返し、「エアコンの冷気が憎い」と怨念を募らせていましたが、遂に昨年、長年の夢だった『完全・エアコンレス生活の夏』の大実験をすることが叶ったのです。

ねこ、風太 キャットタワー

私の事前の予想としては、『完全・エアコンレス生活の夏』を送れば「あ~ら不思議☆」、いままでの不調のアレコレが一挙に解決!!というものだったのですが、結果としては、案に反して「惨敗」でした。(号泣)

エアコンの冷気を徹底的に排除した夏を送っても、夏の終わりには目眩がおき、背中も痛くなることが、判明したのです。(泣)

そして私は、昨年夏の大実験の結果を受けて一つの結論に達しました。

それは、「どーせ目眩がおきるんだから、窓を閉め切らずにエアコンを適度に使い、冷えない程度に涼しい環境で過ごして、夏場の発汗とホットフラッシュでグダグダに低下する体力を温存した方が良くね?」というものです。

「そーだ、そーだ、そーしよう♡」いろんな意味で暑い夏に心底うんざりしていた私は、決心しました。

そして、そして、私はこの夏「エアコンを買いましたーーーーー!!!!!」パチパチパチ。万歳三唱。

結論として、「エアコンを適度に使う」ハイブリッド生活が、私の体調にどのような影響をもたらすのかは、夏が終わってみなければ分からないことですが、自室が「涼しい」ということは、実に素晴らしいことであります。

外気が35℃を超え、例年よりも微熱というにはいささか高い体温38℃の時、自室を涼しくできるということは、10年以上自室が涼しくない夏を過ごした私にとって、そりゃもう「極楽」です。(万歳)

ねこ、風太 キャットタワー

とはいえ、休職中の身の上、傷病手当金で暮らしている今、エアコンを買うことは結構な出費ですので、熟慮を重ねました。

予算は、工事費、リサイクル込々で10万円前後、出来れば月の支払いを5,000円程度に押さえたいので「無金利の分割払い」が出来る大手家電量販店に狙いを定めました。

新聞の折り込みチラシでは、36回の分割まで無金利とあります。

大手家電量販店に行き、分割支払いの対象で、予算内の無難な機能のエアコンを選びました。

そして「お支払い」です。

当たり前ですがお店の人に「分割は36回までできますよ」と言われました。

私もがっつり「そのつもり」で、来たのです。・・・。

月々の支払いがお安いほど助かることに間違いはないのですが、、、私の口から出たのは「20回分割でお願いします」というものでした。(嘆息)

どーやらこれが「私の未来」の「限界」のようでした。(笑)

末期がんの体、不安定な収入、私が「大丈夫じゃ?いけるかも」と思えるのは、20ヶ月であって、36ヶ月では遠いのだと、思わぬことで判明しました。(笑)

私にとって「36ヶ月」後は、見果てぬ未来でした。(嘆息)

取付日を決め、支払いを終えて家電量販店を出て「36回は無理でした」と思い見上げた空はブルー。

まだ見ぬエアコンが自室に取りつけられ、せっせと支払いを続けた20か月後、私はどーなっているのだろうと思う心はブルース♬

ともあれ、「20回分割」とはいえ、再び耐久消費財を買おうと思えるところまで、自分に自信が芽生えたことを喜ぼうじゃないかと思うことにしました。(笑)

おしまい。

追伸、エアコンが嫌いな風太は、冷気を避けてキャットタワーの最上段か、箪笥の上で寝るようになりました。

ごめんね、風太。(笑)

ねこ、風太 キャットタワー

わしゃ、エアコン好かん。(嘆息)

〈風太からひとこと〉 わしのブログを読んでくれてありがとう。 「まぁまぁ」ならポチッとしてやってください。       にほんブログ村 病気ブログ 乳がん ステージ3・4へ    

エアコン買っちゃうぅぅぅブルース♬ (nya.1006)” に対して 4 件のコメントがあります

  1. ともろー より:

    スヤスヤ風太さんに癒されます~
    エアコン羨ましいです。
    北海道も連日暑くてエアコン欲しいくらいですよ!いつも心地よかった天然の風はどこにいったのやら。

    ふるゆらさんだったらきっと上手にエアコン使いながら快適な夏を過ごせるでしょうね。

    先日伊勢から戻りました。暑い日でしたが神宮内は木陰が多く体感温度下がりますね~歩いてて気持ち良かったです。善き旅になりました。

    1. ふるゆら より:

      ああ、お伊勢参りを済まされたのですね。

      お疲れさまでした。

      この暑さ、「歩いてて気持ち良かったです。」と言えるともろーさんは、健康になられたんだと、、、嬉しく思いました。

      お互いに、がん告知を受けた時、数年後にこのような日が訪れるなんて思えないこともありましたね。

      なにごとのおはしますかは知らねども かたじけなさに涙こぼるる(西行)ですね。

  2. sizu より:

    ふるゆら様
        クーラー買われましたか、安心しました
        この暑さです! いくらクーラー苦手と言っても、その前に熱中症で倒れては、本末転倒です
        仕事をされているときは、色々責任も有り不調を感じても、若さで無理を重ねられたのでしょう
         私もあまり長く冷えたところにいると中枢神経の温度センサーが変になる気がしたものです
        そして汗を余りかかなく汗腺がない?身体に熱がこもるという感じです
        必ず時々、自然の空気のなかにでる。すると、外の暑さが気持ち良く感じます
        この頃になって 汗腺が育ってる??って感じです。
        適当に冷やしてくださいね。(笑)
        

    1. ふるゆら より:

      はい、ありがとうございます。

      昨年の夏に引き続き、今年の夏は「ハイブリット実験」です。(笑)

      結果は秋に判明します。

      乞うご期待♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください