乳癌の予兆 最初に「乳癌じゃないか」と思った時 (nya.1)

ねこ、凛々しい横顔

わしは、いつでも「写真写り」を計算しとるんじゃ。

左胸に小さなしわ+左右の胸の固さが違う (2014年2月5日)

最初に気付いたのは、朝の出勤の支度のため、ブラを付けている時でした。

脇肉、腹肉と近辺の肉をかき集めてブラのカップに収め、さらに「ハミ肉」がないか、鏡に映して点検をしていると、左胸の、カップから2センチくらいのところに【小さなしわ】が見えました。

慌ただしく朝の支度をしている時のことだし、女も46才になれば、「しわ」や「しみ」や「しらが」という単語で、一喜一憂する感性をとっくの昔に捨てています。また一つ「しわ」が増えたくらいではブルーな気分になるほどのこともなく、「加齢って・・・」と思ったものの、その日一日、思い出すこともありませんでした。

 

17.ねこ、風太おすまし

私がまさに「そう」ですが、大方の平凡なサラリーマンは、毎日、同じことを際限なく繰り返す「生き物」です。

翌日の朝の私も、寸分の狂いなく昨日と同じ「工程」を経て、ブラジャーの取り付けにかかりました。

が、そこで昨日の「しわ事件」を思い出しました。鏡で見てみれば、昨日と同じ場所に「しわ」があります。

「ん?・・・これは・・・」「げっ、ヤバッ・・・」胸の奥で大きな蝶々がゆっくり羽ばたきをした感じ。

これが私の、一番最初に感じた【乳癌の予兆】でした。

仕事から帰宅したその日の夜、お風呂の湯船に浸かった私は、改めて乳房を『点検』しました。

「しこり」はありません。ブラジャーの「くびき」から解放された乳房に、「しわ」もありません。

ただ左の乳房は固く、右乳房は柔らかいことを発見しました。『マジでヤバい気がする』とすぐに思いました。

 

18.ねこ、風太ねこねこ

私はCカップのバストの持ち主ですが、生理になる直前には、階段を下りる時の振動で痛みがあるくらい乳腺が張る体質です。

でも、その時の張りに「左右差」を感じたことは、これまでありません。

しかも、40代後半、出産経験なし、となれば、これはもう「乳癌発症」高確率の『ど・ストライクゾーン』にいる自覚はあります。

それでも私が慌てなかったのは、38才の時に、「しこり」を発見したことがあるからです。

それは、今回と同じく左乳房で、乳房の下部分にラッキョのようなしこりでした。人生を走馬灯のように回顧しながら病院に行き、『良性』の診断を受け、脱力した経験があります。

あの時は、36才。兄がくも膜下出血で倒れて2年しか経っておらず、「兄がくも膜下出血で半身不随、妹の私が乳癌」なんて、親にどう伝えたらいいのか・・・とそればかり気に病んだ記憶があります。

ただ、ふたを開けてみるとラッキーな結果だったのです。

 

19.ねこ、風太見上げる

今回も前回同様『良性』の可能性はある、でも病院に行って調べて貰わないと『ヤバい気がする』と思い、次の休日に病院に行くことを決めました。

湯船に浸かったまま、しばらくお風呂の天井をみつめました。今朝、私の胸の奥でゆっくり羽ばたきをした蝶々が、今度は少し早く、長く羽ばたきを続けました。

 

次は、

乳癌の検査にむかう (nya.2)

です。

まだつぼみの固い梅の木

まだつぼみの固い梅の木

 

〈風太からひとこと〉 わしのブログを読んでくれてありがとう。 「まぁまぁ」ならポチッとしてやってください。       にほんブログ村 病気ブログ 乳がん ステージ3・4へ    

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です