乳癌の検査 マンモグラフィーとエコー (nya.3)

ねこ、川向うをチェック

ここまでが、わしの「シマ」じゃ。

「レントゲン撮影(マンモグラフィー)」と「超音波検査(エコー)」(2014年2月10日)

病院の受付に電話で問い合わせた時、症状を伝えると、医者に問い合わせたらしく、「すぐ来てください。ギリギリ間に合います。」と言われました。

「やっぱ、ヤバい症状なのか・・・?」と焦りながら、それ以上、他の病院の選択肢を考えもせず、大慌てで、●●病院へ向かいました。

 

1.ねこ、風太アイドル

12時前に着き、診察室で医者に症状を伝えると、触診をして「とにかく検査しましょう」と言われました。検査は「レントゲン撮影(マンモグラフィー)」と「超音波検査(エコー)」でした。

ただでさえ「張った乳房」に、マンモはものすごく痛かった(涙)。科学技術がこれほど発達した現代に、こんな原始的な方法(=乳房を挟む)でしか検査が出来ないのか、と医療器メーカーの開発の怠慢を呪いました。

エコーは上半身マッパになって、万歳をし、にゅるにゅるしたローションを塗られるだけなので楽勝です。

1時間ほどで検査が終わり、再び最初の診察室へ帰り、結果を聞きました。

すると医者から、「今回の検査では、はっきりとしたことが分かりませんでした。次は、乳房に部分麻酔をして細胞を取って調べる検査をしますので、予約をして帰ってください。検査は、1時間くらいかかります。」とだけ言われて、検査の所見はなしでした。本日は、これで終了です。

 

2.ねこ、風太まくら

受付で、次の検査の日を調整するものの、私の会社の不規則な休日に合わせると10日後くらいになります。

結果が分からず悶々とするのは嫌なので、検査が1時間で済むのならと、勤務中に抜け出すことにしました。

結果、4日後、車で15分ほどの職場から、病院に来て、昼の休憩時間に検査を受けることにしました。

上司に言って食事休憩を2時間にするくらい、「お局」の私にはさほど難しくないミッションです(笑)

 

次は

乳癌の検査 針生検(細胞診)であやしい細胞を調べる (nya.4)

です。

冬の畑で繁る立派な水菜

冬の畑で繁る立派な水菜

〈風太からひとこと〉 わしのブログを読んでくれてありがとう。 「まぁまぁ」ならポチッとしてやってください。       にほんブログ村 病気ブログ 乳がん ステージ3・4へ    

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です