発熱でダウン、犯人はゾメタの副作用だった (nya.28)

ねこ、舌をしまい忘れる

ファンサービスじゃ。

多事多難(涙)発熱、原因がありすぎて笑ったけど、結局「ゾメタ」のせいでした。(2014年3月20日)

この日の病院メニュー、放射線治療、ホルモン療法、「ゾメタ」の点滴、「変人主治医」と母親の「ご挨拶」を無事に終えたのが、午後1時。空腹に急かされて病院を出て、母親と近くのファミレスに寄って、帰宅しました。

「これから1日半、横になって休めるんだ」とウキウキしながら、ベッドに入りました。昨日は「睡魔」に襲われて意識を失うように寝ましたが、今日は「まったり」出来そうです。

4.ねこ、風太まぶしい横になり、趣味の読書を楽しもうとした時です。

「・・・」体調がおかしいような・・・。

肋骨骨折、風邪、強烈な睡魔、すでに十分体調がおかしいので気付くのが遅れました。

「この感じ・・・私、熱があるんじゃ?」

体温計で測ってみると、38.5度。「・・・結構ある」

解熱剤を飲むべきか、風邪薬の解熱作用に期待すべきか。

だいたい「放射線、リュープリン、ゾメタ」を体内に取り込んでいる今日という日に、これ以上の薬を飲んでいいのか?と悩みました。

発熱の原因にしても「骨折、放射線、リュープリン、ゾメタ、風邪、疲労蓄積」のどれが災いしているのか分かりません。

はたまた、全てが混然一体なって、3分経過直前のウルトラマンのように体力が消耗し、胸のボタンが点滅しているのか・・・。

笑ってしまうくらい原因があって、特定出来ません。

その上・・・。

1.ねこ、風太アイドルとりあえず、病院に電話して聞いてみよう、と思ったその時です。

「あ?あああああああ?」診察が終わり、空腹に急かされて病院を出た私は、ホルモン治療のタモキシフェンを受け取らずに帰宅したこと「にも」気付きました(笑)

そー言えば、ゾメタの点滴の最中に、看護師が来て「ここに処方箋入れておきます」と言って、何かの治療の注意書の書類に挟んだような・・・。

普通、薬の処方箋は会計の時に渡されるものじゃね?処方された薬は、今日のリュープリンの皮下注射と、同時に飲み始めないといけないやつ?

・・・と、高熱の頭でぐるぐる考えました。

まさに、多事多難、泣き面に蜂、踏んだり蹴ったりされています。

人間、こうなると・・・大爆笑です。

問題を整理すると、1.熱が38.5度ある 2.解熱剤を飲みたいけど、飲んでもいいか分からないない 3.ホルモンの薬貰うの忘れて帰っている 4.明日は金曜日だけど「春分の日」で祝日、土日と合わせて3日間病院休み(涙)、以上です。

とにかく病院に電話をしました。

受付に、「熱が出ていること」と「薬を貰い忘れた」ことを伝えたら、看護師に代わって、「熱の原因は分からないけど(風邪じゃないの?)、解熱剤は飲んでいい」「ホルモンのタモキシフェンは月曜日からで大丈夫だけど、取りに来るなら、祝日でも渡せるようにしておく」と、言われました。

5.ねこ、風太春はああああぁ、ひと安心です。

解熱剤を「お預け」されなくて、本当に良かった。 タモキシフェンは、熱が下がってから貰いに行こうと決めました。・・・やっと、心置きなく眠れます。

やれやれ。

・・・と、そこに携帯に病院から着信が・・・。(眠れんがな、怒)

要件は、薬局の偉いおじさん(社長らしい)が、タモキシフェンを家まで届けてくれるとのことでした。

病院から我が家まで車で1時間。

気の毒なので、ご遠慮申し上げたのですが、本当に持ってきてくださいました。合掌。

結局、解熱作用のある風邪薬を飲んで養生しましたが、熱は下がらず3日間続き、会社には「風邪が悪化して発熱」と申告して休みました。

ベッドで横になり、しみじみ思いました。

「・・・・・こんなにゆっくり寝るのは、本当に久しぶり♡」

9.ねこ、風太のぞく2月の検査依頼、休日のほとんど全てを病院に捧げていましたので、疲労もピークだったのです。

末期癌と診断を受けた人間の、「高熱で倒れた」時に思った正直な感想としては、かなりシュールです。(笑)。

 

本当に、久しぶりにゆっくり時間が過ごせました。

しかも、かなり幸せな時間でした。

なぜなら、私の部屋には風太がいるのです。

我が家に風太が来て以来初めて「風太と過ごせるまとまった休暇」です(笑)。

満喫しました。

熱もだいぶ落ち着き、暇を持て余すようになったので、3月20日に病院で渡されたいろんな資料を落ち着いて読むことにしました。

「乳癌の知恵袋」とか「乳癌の基本」とかのパンフレットを読んでいる時です。

骨転移の薬「ゾメタ」の薬効が紹介されていました。

そのページの一番最後の一文に、私は目が釘付けです。副作用の欄の最後の最後です。

『初回に限り、まれに発熱する場合があります。』

こ、これは!! 犯人は、お前か!!

しかも、病院で渡されたパンフに書いてあるのに、なぜ、看護師が知らんかな!!(さらにx病院への不信感が増したのでした)

 

次は

放射線治療5回目、かすかに放射線治療の影響が現れる (nya.29)

です。

もんしろちょう

もんしろちょう

〈風太からひとこと〉 わしのブログを読んでくれてありがとう。 「まぁまぁ」ならポチッとしてやってください。       にほんブログ村 病気ブログ 乳がん ステージ3・4へ    

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です