放射線療法4回目&ホルモン療法開始&母親参観日 (nya.27)

こねこ、真剣に見つめる

ここは、わしの場所ですから。譲れませんな。

ドキドキ、主治医と母親の「初顔合わせ」 (2014年3月20日)

肋骨の先っぽが骨折して、放射線医に強引に勧められた痛み止めの薬に含まれる「催眠」と、風邪薬に含まれる「催眠」による「ダブル睡魔」に襲われ、すっかり「ラリリ」状態、使い物にならず会社を早退した翌日も、「根性」出して病院に向かう「昭和」な私です。

20.ねこ、風太あくび前日、会社を早退して「明日、病院に行けるかな」と危ぶみながら帰宅。

直後にベッドにダイブし、こんこんと寝た結果、何とか復活しました。

約18時間「ヤクぬき」に徹したので、昨日ほどの眠気はありません。

 

会社の欠勤よりも、放射線治療の「欠勤」は何としても避けたい私です。

ただし、この日は、会社のシフト勤務で、もともとの休みです。

病院だけ行けばいいので、気持ち的には楽勝です。

今日は、放射線治療4回目にして、いよいよホルモン療法も開始する日で、どーしても「欠勤」したくなかったのですが、それに加えて、「どーしても」病院に行く必要が、私にはありました。

そーです。今日は、前々から予定していた「母親参観日」なのです。母親を病院に連れて行き、私の「変人」主治医と「ご挨拶」をするという、なんともスリリングな予定があるのです。

21.ねこ、風太うつろ母親に、検査の結果、私が【乳癌ステージ4】だと伝えた時、乳癌の検査や癌告知を「 1人で済ませた」ことに衝撃を受け、「私が付いて行ったのに・・・」とひどく嘆きました。(ショックなのはそこか!!)と驚き、フォローのつもりで、「じゃあ、次の主治医の診察の時、一緒に病院に行って、主治医にご挨拶したら?」と言うと、「そーする」と言います。

主治医のキャラを考えると「不安がよぎり」(参照:乳癌の検査 針生検(細胞診)であやしい細胞を調べる (nya.4))、前言撤回したくなるところをぐっと堪えて「なるようになる」と「母親参観日」を設けました。

実際の病院の施設や医者を見れば、少しは安心するかと思うのです。

・・・ということで、放射線治療の方は、サクサク進んでいますが、今日から、ホルモン治療を開始し、併せて、骨転移対策の「ゾメタ」の点滴もスタートするのです。

3.ねこ、風太ふりむく今日のメニューは、まず、放射線、それから、血液検査、そのままゾメタの点滴、終わったら、おへその横に、ホルモンの皮下注射「リュープリン」、そして主治医の診察&母親の「ご挨拶」です。

放射線治療4回目は、指紋認証をして「放射線立ち入り禁止エリア」の中に入っていく娘を 目を丸くして見送る母親を「待合」に残して、無事終了。

次の血液検査とゾメタの点滴、リュープリンの皮下注射は、母親の同席がOKだったので、母親も満足そうでした。

リュープリンの皮下注射が、おへその脇の、下腹部の(豊かな)贅肉に直接注入されるため、「筋肉注射よりまし」くらい痛かった以外は、何事もなく、約1時間程度で終了しました。

その間に、看護師が来て、これから毎朝1錠、服用することになる錠剤「タモキシフェン」の説明をしたり、病院の事務の人が来て「高額医療費の申請の仕方」の説明をしたりしたので、あっという間でした。

そして、「本日のメインイベント」です。

この日の私の思考の大半は、「これ」に気を取られていて、看護師その他の方たちの説明も「上の空」だったほどです。(ソレが後ほど珍騒動を招きます。)

2.ねこ、風太まくらまったくもって「本末転倒」ですが、私にそこまで心配させる「変人」主治医のキャラは、侮れません(参照:「正式に」癌告知を受ける① (nya.9))。

私に対するのと同じように、母親へ言葉を選ばない「変人主治医」ぶりを見せつけ、母親をキレさせた場合、最悪「転院」です(涙)

私自身、自分の病状だけを悩みたいのに、主治医のせいで、2月以来「病院変わろうかな」と心が揺れ続けていたのです。

その後、治療内容を把握した結果、『主治医に会うのは3週間に1度でいいらしい』と知り、『それなら耐えられる』『この際、医者の資質より、真新しい病院の設備と装置を採ろう』と決断したばかりです。

ついに診察室に呼ばれました。母親を連れて、診察室に入りました。

結果としては、「変人」主治医は、意外なほど愛想よく「普通」に母親に説明しました。「やれば出来る子」だったんだ、と私は脱力しました。

それ以来、現在に至るまで、「変人」主治医に対する、母親の『幸せな誤解』はキープされています(笑)

6.ねこ、風太見つめる改めて、私の治療方針を確認すると、今受けている「10回の放射線治療」が終わったら、毎朝1錠の「タモキシフェン」と、3週間に1度の通院のみです。

【乳癌ステージ4=末期癌】と診断を受けたにもかかわらず、末期癌患者って、そんなにのんびり「野放し」でいいの?と、本当に驚きました。

従来私の思っていた【末期癌=厳しい闘病=不快に耐える=長期間、病院に拘束】という固定概念が、がらがらと崩れ去りました。

 

次は

発熱でダウン、犯人はゾメタの副作用だった (nya.28)

です。

椿と蜂

椿と蜜蜂

〈風太からひとこと〉 わしのブログを読んでくれてありがとう。 「まぁまぁ」ならポチッとしてやってください。       にほんブログ村 病気ブログ 乳がん ステージ3・4へ    

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です