まいにち風太、まいにち田舎 2017.03.08(nya.130)

ねこ、風太 寝ぼけ

〈風太のごあいさつ〉このブログは、ラブリーなわしの写真と、季節の田舎の写真です。(写真見て「ホッ」としてくれたら、わし、嬉しいぞ♡)「にゅうがん」のことなら、最初は“にゅうがん4な私と風太(日本猫)のららら田舎生活” ブログについてから読んでください。ほんなら、またお会いしましょう。

ねこ、風太 初日

目をつぶっていれば「怖くない」もん

『まいにち風太、まいにち田舎』のはじまりはじまりです。

今日から「こんな感じ」ですので、よろしくお願いします。

さてさて、どの写真から始めようかと考えたのですが、「やっぱり我が家に来た初日の風太から始めるのが筋でしょう」と思い、この1枚から始めます。

風太は2013年11月生まれの男の子。

我が家に来たのが2014年3月ですので、5カ月ですね。

ちょうど乳離れしてドライペットフードOK、「トイレのしつけ」OKという状態で譲っていただきましたので、風太は最初から本当に「いい子」でした。

ただし、相当な「ビビり」でしたので、我が家に馴染むのに1ヵ月近くかかりました。

↓↓↓↓↓風太の緊張感が伝わってくる1枚です。(笑)

カメラを近づける私への「不信」がありありですね。

ねこ、風太 緊張

なんか変なもんを近づけるのはやめるよーに。

3年経過した今では、私が寝ている風太のお腹に顔を伏せてスリスリしても、ノーリアクションで「寝たふり」をするふてぶてしいオッサン↓↓↓↓↓になってしまいました。

ねこ、風太「ん?」

なんスか?

そして、今日の田舎は、「芽吹き」です。

あじさいの芽吹きとかたつむりの殻

あじさいの芽吹きとかたつむりの殻

麦の芽吹き

麦の芽吹き

こうして自然は「目を凝らした」者にのみ、「春」の兆しを見せてくれます。

これからの季節は、うかうかすると見逃してしまうくらい、あらゆるものが「一斉に」目覚めます。

人間の科学技術がどれだけ進歩しても、植物の「クローン」は作れても、「無」から「有」を生み出すことは出来ないのです。

多種多様な「芽吹き」、ただただ自然への畏怖の念を感じる「春」です。

次は

です。

 

〈風太からひとこと〉 わしのブログを読んでくれてありがとう。 「まぁまぁ」ならポチッとしてやってください。       にほんブログ村 病気ブログ 乳がん ステージ3・4へ    

まいにち風太、まいにち田舎 2017.03.08(nya.130)” に対して 4 件のコメントがあります

  1. ともろー より:

    読ませてもらってます。癒しの時間をありがとうございます!四季を感じる写真や風太くんの写真にもありがとう。長文ブログ、私は好きです。

    1. ふるゆら より:

      「ともろー」さんコメントありがとうございます。

      「ともろー」さんのような「心の広い」方に巡り合えて幸せです。

      実は今日これから、早速「長ぁい」ブログをアップするので、

      「ともろー」さんのお言葉が心に沁みました。

      今日も風太とお散歩しました。

      風は冷たいのに日差しは暖かくて「早春」でした。

      これからも、どうぞ「ご贔屓」よろしくお願いします。

      1. ともろー より:

        こちらこそー。
        よろしくお願いしま~す。
        こちら北海道。まだ早春とはいきませんが残雪といった感じでしょうか。楽しみにしてますねー。

        1. ふるゆら より:

          「ともろー」さんは北海道の方でしたか!!

          では、春はもう少し先のお楽しみですね。

          そちらの「春」は待たせた分、梅、桜、桃の花が一斉に咲く「ゴージャス」な春と聞きました。

          楽しみですね♡

          それまでは「場つなぎ」に、『風太の春』をお楽しみください。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です