まいにち風太、まいにち田舎 (nya.1171)

ねこ、風太 寝ぼけ

〈風太のごあいさつ〉このブログは、ラブリーなわしの写真と、季節の田舎の写真です。(写真見て「ホッ」としてくれたら、わし、嬉しいぞ♡)「にゅうがん」のことなら、最初は“にゅうがん4な私と風太(日本猫)のららら田舎生活” ブログについてから読んでください。ほんなら、またお会いしましょう。

ねこ、風太 ひなたぼっこ

わしは、

ねこ、風太 ひなたぼっこ

好きなように、

ねこ、風太 巡回

するんじゃ。

・・・でも、道の真ん中・・・。(嘆息)

 

そして、今日の田舎は、

大根

大根

ブロッコリー

ブロッコリー

キャベツ

キャベツ

何と言うか、、、冬野菜は福々しいです。(笑)

次は

まいにち風太、まいにち田舎 (nya.1172)

です。

〈風太からひとこと〉 わしのブログを読んでくれてありがとう。 「まぁまぁ」ならポチッとしてやってください。       にほんブログ村 病気ブログ 乳がん ステージ3・4へ    

まいにち風太、まいにち田舎 (nya.1171)” に対して 4 件のコメントがあります

  1. 弥生の空 より:

    風太くん 君らしくて とてもよろしい!

    ふるゆらさん 風太くん パワーを送ってくださりありがとうございました
    昨日無事退院しましたー
    想ってくださる人がいて本当に幸せです。有難い。
    感謝いたします。

    1. ふるゆら より:

      弥生の空さん、ご退院おめでとうございます!

      シャバの空気は美味しいですよね。

      でも、シャバは病院内のようにフラットでもなければ、空調が完璧ではありません。

      何とぞ、何とぞ、御身第一で冬を越してください。

      まずは、良かったです♪♪♪

      1. 弥生の空 より:

        違う意味で1泊入院で自宅に戻れてよかったです(極度の安堵)
        (こちらは出産でも24時間入院で出されてしまいます)
        いやーこちらで入院初めてだったんですが、ほんとに色んな目、じゃなくて経験をしました汗
        日本の看護師さんたち、あなた方は本当に素晴らしい!
        私がもしブログをやっていたなら3日間分のネタにはなったと思います。
        今回も天のお力で幸運の方が勝ったことには間違いないのですが、「いたずらですか?」ってこともあったりして。いい思い出(経験)、笑い話になりました。笑
        個室だったんですが、空調が寒くて、数回ガタガタ全身が震える羽目に。前日から降り続く雪、寒がりの私は電気毛布など準備万端整えて挑んだ入院ですが荷物が病室に届けられたのは、朝方近くだったという。。そして夜間の担当看護師は看護学生アルバイトとその先輩で無責任な看護師と不運は重なり。結局手術後なのに安静にしていられなかったのですよ。麻酔で気分が悪く吐いた後もすぐに綺麗にしてもらえなかったり、トイレも3時間待たされた時もあった。(遠い目)
        不思議と怒りの感情が沸いてこなかったのは、単にパワーがなかったんだと思います笑 はたまた海外生活5年で学んだ、他人に望まないという術がそうさせたのか笑 人生に無駄な経験などないのだなーと麻酔と痛み止めで混乱した頭で思った今回の入院でした。
        退院時から見た7階からの雪景色は最高でした。

        1. ふるゆら より:

          そうですか、異国で自国とは異なる未知の体験をすることの究極が「入院生活」かもしれませんね。(笑)

          では、二重の意味で、よくぞご無事でした☆

          弥生の空さんが住まいされている所はカナダの中でも暖かいと言われていましたが、それでも雪景色なんですね。

          くれぐれも、暖かくして過ごしてくださいね。

          こちらは日本の温暖な地方の田舎、日本中のスキー場が雪不足で悲鳴を上げる暖冬、私の毎冬の楽しみでもある「霜柱を踏んで散歩する」ことも出来ないでいます。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください