まいにち風太、まいにち田舎 (nya.1238)

ねこ、風太 寝ぼけ

〈風太のごあいさつ〉このブログは、ラブリーなわしの写真と、季節の田舎の写真です。(写真見て「ホッ」としてくれたら、わし、嬉しいぞ♡)「にゅうがん」のことなら、最初は“にゅうがん4な私と風太(日本猫)のららら田舎生活” ブログについてから読んでください。ほんなら、またお会いしましょう。

ねこ、風太 ひなたぼっこ
はぁ、ええ気持ち♡
ねこ、風太 ひなたぼっこ
気持ちええんじゃから、
ねこ、風太 ひなたぼっこ
呼ぶなよ。(嘆息)

不本意そうに呼び出しに応じる、可愛い奴♡

 

そして、今日の田舎は、

水仙
水仙
水仙
水仙
水仙
水仙

春分の日を過ぎて、田舎の春はいよいよ甘い香りです♪

 

次は

まいにち風太、まいにち田舎 (nya.1239)

です。

〈風太からひとこと〉 わしのブログを読んでくれてありがとう。 「まぁまぁ」ならポチッとしてやってください。       にほんブログ村 病気ブログ 乳がん ステージ3・4へ    

まいにち風太、まいにち田舎 (nya.1238)” に対して 2 件のコメントがあります

  1. ハナ より:

    わあ!!水仙可愛いです!
    みんなで歌ってる、、、^_^

    さっき虎ノ門ニュースを見て、胸がいっぱいになってコメントを書き、
    最近武田さんのブログもよくみていたことを書こうと、邦?と名前を検索したら、(邦彦さん、ですね。)
    書きかけのコメント消えてしまい、今日の記事がアップされたとこでした。

    水仙に、ぱあっと気持ち救われました。
    日本人は水仙のようですね。
    派手さのないうつむきがちな花なのに、強くて仲間と寄り添って咲く。
    春一番の光の中で、いっせいに微笑む水仙の花たち。

    この先の見えない時代に、次の世代に残せるのは、なにか、、、
    技術も富も賢さも礼儀も、そりゃあみんな残せたらいいけれど、

    自分より、誰かを思う、命の使い方をした人々のおかげで、今があるのですね。
    やっぱり我が身可愛く、そんな自分になれないとしても、
    そのことを知り、そのことへの感謝だけは忘れまい!と思いました。

    いつも本当にありがとうございます。
    私も映画見ますね。

    1. ふるゆら より:

      ハナさん、田舎では今、水仙の花盛りですよ。

      田舎の水仙は、花壇だけではなく至る所に、、、畑やあぜ道の端にほぼ野生化して咲いています。

      何年も前に農作業しながら、ここに水仙が咲いたら可愛いなと思った人がいて、その人はもうこの世を卒業しているのかもしれないけれど、その人の思いがそこに、春になると水仙の花を咲かせています。

      そんな「故郷」をいつまでも穏やかな時の流れのままに守りたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください