「お風呂リフォーム」騒動記 (nya.66)

ねこ、風太フテル

ふん、こんな「子供だまし」に付き合っとる暇はないんじゃ。

はあああぁぁぁ、「家族ってメンドクサイ」 (2014年9月)

8月に腫瘍マーカーが下がったことで、最も変化したのは、私の中に「このまま続けていいんだ」と思う気持ちが芽生えたことだったと思います。

2月に自分が乳癌だと知り、3月には【乳癌ステージ4】だと告げられて、手術がなくなり、抗がん剤もなくなり、10回の放射線治療を3月中に終えた後、残る治療は「ホルモン療法」のみになりました。

ホルモン療法は立派な治療ですし、何の過不足もないのですが、(贅沢な悩みで恐縮です)癌と闘っている「手ごたえ」がないのも事実です。

私は「体育会系」の人間なので、何かの目標に向かう時は「自主トレ」をすることで安心するタイプなのに、「ホルモン療法」の効果をより高めるための手段が分かりません。

ねこ、風太ミニ10手っ取り早く、毎日「うさぎ跳び10往復」(昭和の筋トレ、今は膝を痛めるので禁止されてます)のような、「努力目標」を与えて欲しいのですが、治療は、3週間に一度の通院のみで「野放し」です。(笑)

そこで、手当たり次第に「良さそうな」ことに飛びついて、「にんじん、りんご、レモンジュース」や「黒豆、セロリの葉、りんご、シナモン」の健康茶を毎日飲むことで、「うさぎ跳びをしたい」欲求を慰めていたわけです。(笑)

私が取り組んでいることが、「果たして正しいのか、間違っているのか」「効果があるのか、逆効果なのか」誰にも分らず、誰にも聞けないまま、時間が過ぎていきました。

「腸が健康であることが大切」と信じて、毎日飲んでいるヨーグルト一つとっても、やはりみんなが言う通り、乳製品の「ヨーグルト」は乳癌には良くないのかもしれない、と心が揺れました。

8月に腫瘍マーカーが下がったことで、「このままを続けたらいいんだ」と思えたことは、私の心をとても安定させてくれました。

心が安定したついでに、これまで考えられなかった「数ヶ月先」のことが考えられるようになりました。

今は残暑厳しい9月ですが、秋が来たということは、次に訪れるのは「寒い」冬です。

自分が【乳癌ステージ4】だと知る前、体力の落ち込みが激しかった私は、仕事から帰宅すると自室に篭り、とりあえず1時間は横になってからでないと、食事や入浴のような「建設的」なことをする気力が湧きませんでした。

夕食という名の「晩酌」を済ませると、途端に睡魔に襲われて寝てしまいます。

「1時間ほど寝たらお風呂に入ろう」と思って、照明もテレビも付けたまま寝たはずが、ふと目覚めると決まって午前2時頃、おもむろにシャワーを浴び、再度朝まで寝る、という生活を繰り返していました。

しかし、自分が【乳癌ステージ4】と知ってからは、体調を整えるためにも「湯船に浸かる」方がいいだろうと思い、シャワーを止めてゆっくり温まることを心掛けてきました。

強力な睡魔に勝てないことは、これまで十分に証明されていましたので、夜の入浴は諦め、朝5時起きをして、出勤前にお風呂に入ることにしました。

朝、お風呂に入ることの利点は、これまでは夜の入浴後と朝の出勤前、二度、顔に化粧水や乳液を塗りこみ、髪を乾かしていたところを、朝の一度で済ますことが出来るということです。

睡眠時間の確保につながる時間短縮ができ、「おお、これは便利」と得した気持ちになりました。(笑)

こうして「朝風呂」の習慣を身に着けた私ですが、秋が来て冬を思う時、我が家のお風呂が「冬にめちゃくちゃ寒い」ことを思い出したのです。

その時の我が家のお風呂は、私が中学生の時、ようやく「五右衛門風呂」から給湯設備を持つ「普通のお風呂」にリフォームした時のものです。

私の年代でも「五右衛門風呂」経験を持つ人間は少数で、夏のキャンプで「飯ごう炊飯」する時など、「焚き付け名人」として重宝がられました。(笑)

かれこれ30年が経過してるものの、特に壊れている箇所はありません。

けれども、壁は漆喰仕上げで、3ヶ月に一度は「カビ退治」が必要ですし、兄が半身不随なのに「手摺はタオル掛け」、床はタイルでツルツル、もちろん「浴室暖房」などありません。

その上、冬のお風呂場はとにかく寒く、高齢者でなくても「ヒートショック」になりそうで、入浴前にはシャワーで5分ほど熱湯を上向きにして放出し、浴室をミストサウナ状態にして「寒さ除け」にしていたのです。

『冬になる前に、暖かいお風呂にリフォームしたい。滑りにくい床と、手摺も欲しいな』

一度心に浮かぶと「強迫観念」のように、心を占拠しました。

しかも私には、「想定以上にリーズナブル」な治療費のお陰で、貯蓄に回すことができた「がん保険一時金」というまとまったお金があります。

保険屋のおじさんから「無駄遣いしないでね」と警告を受けていましたが、「いや、これは無駄遣いではない」「体調管理に必要な環境を整えるために必要な投資なんだ」と、胸を張って言えます。(笑)

私の心の中で『やる』ことが決定しました。

今は9月、見積して着工して完成までの工程を思うと「急がねば」なりません。

ねこ、風太ミニ7しかし、私には残されたハードルがありました。

それは、「私の父親」(79才、いのしし年)です。(涙)

後期高齢者の彼は、いたって真面目、いたって健康、これまで病気一つしたことがなく、虫歯すらない人なのです。(笑)

田舎の百姓の「爺さん」の典型として、ナチュラルに「家父長制における男尊女卑」思考の持ち主であり、我が家では、彼の杓子定規な真面目さを「歩くNHK」、独断的な性格を「我が家の金正日」と陰で呼んでいるのです。(笑)

しかも最悪なことに、その上彼は「ケチ」なのです。(涙)

私が「お風呂のリフォームをしたい。費用は私が払う」と言っても、現状どこも壊れていないお風呂にお金を掛けることに、彼の「ケチ」魂のスイッチがON、「そんな(無駄遣い)をする必要はない」と言うのに決まっています。(涙)

彼は、自分の価値観と異なる意見を、何の疑問も持たず「間違っている」と信じられる独裁者、それが「女、子供」の意見ならなおさらです。

私が「お風呂のリフォーム」を強行した場合、彼が「かんかんに怒りまくり」「へそを曲げる」ことは、長年の経験から間違いなく想定できますが、こればかりは私も譲れません。

【乳癌ステージ4】の私の体調管理のための早朝入浴、半身不随の兄の入浴の安全確保、後期高齢者になった母親のための浴室暖房、これらを手に入れるため、私は戦いに挑みました。。

ねこ、風太ミニ6心の中で「はぁぁぁ、メンドクサイ」とぼやきながらも、父親に「お風呂のリフォームをしたいと考えているんですが」と切り出し、戦いのゴングを鳴らしました。

万が一、ひょっとして、ひょっとすると、もしかして、もしかすると「末期癌を患う娘の希望」を、「猫を飼いたい」と言った時のように、父親がすんなり認めることも、ないわけではないかもしれないと、思わないでもない、と一縷の期待を持っていましたが、案の定、揉めました。

9月早々に闘争のゴングを鳴らし、激闘は10月上旬まで続きました。(笑)

今回の件を除いても、父親と私には「長い闘争の歴史」があります。(笑)

「NHKな」彼と「民放系な」私、価値観が違うのです。

しかし、粘り強い交渉と罵り合いと恫喝の結果、「好きにしたらいい」と、父親に吐き捨てさせることに成功しました。(笑)

娘が「末期癌」だと知ってなお、自分の価値観を貫く彼。

「ご立派」です。

ともあれ「家族の同意」が得られましたので(笑)、お風呂のリフォームをすることに決定です。

黄道吉日を「そっちの方面」の方に相談し、11月に工事に着工しました。

そして、寒くなる前の11月上旬にリフォームは完成しました。

私は「冬の温かいお風呂」をゲットできたのです。パチパチパチ。

 

なお、「腹立ちが治まらない」父親が、お風呂リフォームの着工の日の朝、大工さんの目の前を「パンツ数枚をわしづかみ」にして横切り、車に乗って「プチ家出」をしたことを追記させていただきます。(笑)

79才、いのしし年、元気です。

 

次は

「鍼(はり)」と出会う お世話になります (nya.67)

です。

曼殊沙華とカラスアゲハ

曼殊沙華とカラスアゲハ

 

 

〈風太からひとこと〉 わしのブログを読んでくれてありがとう。 「まぁまぁ」ならポチッとしてやってください。       にほんブログ村 病気ブログ 乳がん ステージ3・4へ    

「お風呂リフォーム」騒動記 (nya.66)” に対して 2 件のコメントがあります

  1. 小林 房江 より:

    お風呂 おめでとうございます。

    1. ふるゆら より:

      はい、ありがとうございます。

      「お風呂が寒くない」って素晴らしいです。(万歳)

      兄が盆暮れに2週間ほど帰省するのですが、シャワーだけなので「とても寒い」思いをさせていたのも、決心するきっかけでした。

      「浴室暖房」さまさまです。合掌。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です