私の「おすすめ入浴法」④お塩とお酒で手洗いする(nya.107)

ねこ、風太 ピクッ

常に警戒を解かないわしは男の中の男

お酒に弱い方は、適量を見極めてください。 (2016年6月)

さて、これまで『私の「おすすめ入浴法」②1分ストレッチと腹式呼吸 (nya.105)』『私の「おすすめ入浴法」③頭皮マッサージで脳脊髄液の循環をよくする(nya.106)』で、私の取り組んできた入浴法をご紹介しました。

いずれも「癌にいいのではないか」と思い、始めた入浴法なのですが、今回紹介する入浴法は、自分が【乳癌ステージ4】だと知る以前からやっている入浴法です。

いつからかというと、私が「原因不明」の目眩を発症して会社を休職し、治す手立てが見つからず、万策尽きて途方に暮れていた時に出会った「陰陽師」の先生に関係するので、・・・4年前です。

「陰陽師?!」と驚かれるかもしれませんが、現代に実在するのです。(笑)(参照:お花見をあきらめて「蕨(わらび)摘み」に行くの巻 (nya.101)

その時「陰陽師」の先生には「ラスボス級の憑き物」をとっていただいたのですが、先生は『僕は大物専門、まだ小物が憑いているからね』と言われ、別の分野が得意の「そっち方面」の先生を紹介してもらいました。(笑)

私自身は「何も見えない程度の霊感」しか持たない人間ですが、「陰陽師」の先生曰く「みんな(霊)が頼りにして集まってくる」タイプの人間とのこと(涙)でした。

ねこ、風太ん?そして、紹介された別の先生から「お塩とお酒の入浴法が効く」と紹介されたのです。(笑)

要するに「お浄め」ですね。

先生にすすめられた方法は、「湯船にお酒を1カップほど入れて身体を温め、お塩で背中を洗う」というものでしたが、その頃の私は体調不良のピーク(底)で、「湯船に浸かる」体力も気力もなく、先生の言いつけを守れませんでした。

「シャワーが精一杯なんです」と相談すると「じゃあ、お酒とお塩を混ぜて、それで背中を洗うといい」と妥協案を教えてくださいました。

体調不良で「藁をもすがる」私は、とにかく毎日続けました。

「お塩とお酒」、どちらも神事に用いられる「お浄め」のマストアイテムです。

どちらも殺菌効果があり、腐敗を防ぐことから「お浄め」なのだとも、古代の禊は海の水に身体を浸けることであり「塩と水」から「塩と酒」に転じて「お浄め」になったとも言われますが、私は、どちらも自然にあるものを大勢の人の手を経て「生み出される」ものであり、それだけ「人の誠意や善意」がこもっているので、自然と人間の力が合わさって、大きな「パワー」を持つのではないかと思っています。

なぜ「効く」のかは分からないままですが、確かに私には「効き」ました。合掌。

ねこ、風太ねそべる最初は先生の言いつけ通り、「お浄め」の意味で、お塩とお酒で「背中を洗って」いたのですが、すぐに「お塩とお酒」で洗うと『お肌がすべすべになる』ことを発見し、「全身を」お塩とお酒で洗うようになりました。

そーです、「お塩とお酒」で身体を洗うことは「霊的にいい」ことなのかもしれませんが、その上「お肌にもいい」のです。(笑)

要するに「お塩とお酒」のスクラブのようなものですね。

「猫派」の私は、猫と同じで「気持ちのいいこと」しかしないのです。(笑)

そして「お塩とお酒」で身体を洗うことは、確かに「気持ちいい」のです。

肌のくすみがとれて白くなります。肌がしっとりします。ザラザラしていた部分がなくなります。気分がすっきりします。オススメです。

あんまり気に入ったので、友人に勧めましたが「お酒に弱い」友人は、お酒を体に塗りたくるので「匂いだけで酔いそう」になると言っていました。

そーでした、そーでした、私は「酒豪」なのでした。(笑)

ねこ、風太うたたね一応、私が実践している方法を紹介しますので、体質と酒量に合わせてアレンジしてください。(笑)

 

 

①200ccの計量カップに8分目のお塩を入れ、お塩がひたひたになるくらいお酒を注ぎます。

②湯船に浸かって汗をかくほど身体を温め、シャンプーと同時に「頭皮マッサージ」

③洗顔石鹼で顔、耳、脇の下、足の指、股間を洗い、特に耳と脇の下はリンパの流れに重要なのでマッサージします。

④10カウントで腹式呼吸しながら「1分ストレッチ」を10種類。

⑤用意したカップの「お酒に浸したお塩」を手のひらに掬い、心臓から遠いつま先から順に全身を「手洗い」する。

※私はこの時「石上神宮」の「ひふみ神言」を唱え、私の身体に共存している「乳癌」に『できれば、出て行ってね、いるなら大人しくしてね』とお願いします。

「一二三四五六七八九十、布留部 由良由良止 布留部(ひと ふた み よ いつ む なな や ここの たり、ふるべ ゆらゆらと ふるべ)」

(参照:乳癌ステージ4】の神頼み 石上神宮は「起死回生」の神社でした。 (nya.42)

⑥頭にもお塩を掬い、頭皮をお塩で軽くマッサージ

⑦顔もお塩で軽くマッサージ

⑧しっかり洗い流す(なぜなら、お塩が残るとお風呂の配管が傷むからです)

以上です。

こうして書き出すと「めんどくさそう」ですが、「お塩とお酒」で身体を洗うことだけで言うと「10分程度」です。

この入浴法もまた「ティッシュ1枚の積み重ね」です。

(参照:私の「おすすめ入浴法」①ストレッチを継続できる呪文があります (nya.104)

 

 

ねこ、風太 こねこ「お塩とお酒」で洗うことで、シャンプーやトリートメント、ボディーソープが肌に残らないので、肌のトラブルがなくなりましたし、お酒の保湿力のお陰で、湯上りに化粧水をつけるだけで、乾燥もしません。

ただ一つの難点は、ボディーソープのように「いい香りに包まれてうっとり」とはいかず、「お酒の香り」に包まれることです。(笑)

私は、放射線治療の副作用で、背中の皮膚が放射線日焼けしてヒリヒリしますので、湯上りに「ボディーローション」が欠かせません。

それを「奮発」していい香りものを選ぶようにしています。(ちなみに私のお気に入りは『ハウス オブ ローゼのラ・ローゼ ボディミルク』です。)

やっぱり、入浴の楽しみの一つである「いい香り」を失いたくない、という乙女心溢れる私です。(笑)

「霊的なお浄めに効く」うえに「お肌がすべすべになる」お塩とお酒、おススメです。・・・「アレンジして」お試しください。(笑)

今はない菖蒲畑

今はない我が家の菖蒲畑

次は

私の「おすすめ入浴法」⑤私が「朝風呂」を選ぶ理由 (nya.108)

です。

 

〈風太からひとこと〉 わしのブログを読んでくれてありがとう。 「まぁまぁ」ならポチッとしてやってください。       にほんブログ村 病気ブログ 乳がん ステージ3・4へ    

私の「おすすめ入浴法」④お塩とお酒で手洗いする(nya.107)” に対して 2 件のコメントがあります

  1. グリコ より:

    こんにちは。私も、乳癌ステージ4オペせず、ホルモン治療毎日飲み薬、ゾメタ、生理止める注射三ヶ月後です。最近告知で、生活慣らすので、疲れて、今放射線してます。骨溶けてるて、スカスカで、昔ヘルニアで、仕事が、重労働、痛みや、慣れていたので、今治療が、始まったばかりて、なんだかなあ、て。感じです。質問です。入浴の、お酒、飲めませんが、塩は、どんなもの?て、安くても?大丈夫ですか?

    1. ふるゆら より:

      「グリコ」さん、コメントありがとうございます。

      私の使っているお塩は『瀬戸の美味しい海の塩』1kgx10袋で1620円、送料無料をインターネットで注文しています。

      こだわりは、国産であることと、粒が小さくサラサラしていること、です。

      毎日180ccのカップ1杯使うので、「高級」なものはパス。

      粒が小さいものの方が、身体を擦るので「痛くない」という理由です。

      取り急ぎ、ご質問の返事だけですみません。

      これから出勤するので、帰宅後、もう1件のご質問の時改めてごあいさつしますね。

      それでは行ってきまぁす。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください