まいにち風太、まいにち田舎 (nya.413)

ねこ、風太 寝ぼけ

〈風太のごあいさつ〉このブログは、ラブリーなわしの写真と、季節の田舎の写真です。(写真見て「ホッ」としてくれたら、わし、嬉しいぞ♡)「にゅうがん」のことなら、最初は“にゅうがん4な私と風太(日本猫)のららら田舎生活” ブログについてから読んでください。ほんなら、またお会いしましょう。

ねこ、風太 あくび

ここはええ。

ねこ、風太 天井

この見下ろす感じが。

ねこ、風太 天井

わしが一番なんが分かるじゃろ。

私が風太の意に染まないことをした時、「ふんっふんっ」と鼻息でアピールし、箪笥の上から見下ろすと溜飲が下がるようです。(嘆息)

 

そして、今日の田舎は、

榎と樫の木

榎と樫の木

榎

榎の実

榎の実

樫の木

樫の木

どんぐり

どんぐり

どんぐり

どんぐり

地面が「みっしり」どんぐりで埋め尽くされていました。

その数を思うと気が遠くなります。

樫の木は森のお母さん。

たくさんの動植物を養う母性を感じる圧倒的などんぐりです。

 

次は

です。

〈風太からひとこと〉 わしのブログを読んでくれてありがとう。 「まぁまぁ」ならポチッとしてやってください。       にほんブログ村 病気ブログ 乳がん ステージ3・4へ    

まいにち風太、まいにち田舎 (nya.413)” に対して 6 件のコメントがあります

  1. のんち より:

    どんぐり!!(゜ロ゜ノ)ノスゲー!!!

    1. ふるゆら より:

      ええと、あのどんぐりの写真は、それでも一部を切り取ったもので、実際には大木の樫の木の大きさに合わせて、地面にびっしりどこまでもどんぐりでした。

      5メートル四方があの密度でどんぐりでした。(笑)

  2. ゆうこ より:

    私は今日ものすごい衝撃の大発見をしてしまいました…

    あまりものすごい大発見なので今、胸が苦しく呼吸が
    しづらく指が震えますが、なんとか書き終わりますように…

    私は今日、神に栄光を帰すとはどういう事なのかを…
    ああ、マジで息が苦しい(><)考えていたのですが
    神様は人間を愛されている、という事は分かっているので
    すが、どうやってそれを理解すればいいのだろうと
    考えていました
    愛……私の中では、たとえば人魚姫が本当に人間の男を好き
    なってしまって自分の声と引換えに人間になりますが
    その男にはすでに婚約者がいて恋敗れるあの話。
    お姉さん達が人魚姫を助けるために自分達の長い髪の毛と
    引換えに短剣を魔女からもらって人魚姫に渡すのですが
    人魚姫は愛してる故に短剣で男の胸を刺せずに
    海の泡になりました
    …まあ、こういうことだよなあ、愛してれば、そりゃ
    相手を刺せないよね…
    男は人魚姫の事もすっかり忘れて楽しく婚約者と暮らして
    いく…
    つまり男が生きていて、存在して楽しく暮らしているのは
    ひとえに人魚姫の愛の上に成り立っている…
    しかし男はその事に全く気づかない…

    それが本当の愛というものなんだ…と思った時に
    !!!…これってこの男は私達人間じゃないかと
    思いました。何も気付かず暮らしている私達が存在して

    いるのは、ひとえに神様の愛の上に成り立っていると。
    人間が神様を知らなくても忘れても思い出しも
    しなくても感謝しなくても、それでもいい、
    生きていて欲しい、存在していて欲しいというのが
    神の御心だと

    1. ふるゆら より:

      ゆうこさんも「何か」を気付かれたんですね。

      互いの人生、互いの置かれた状況は、たぶん全く異なっているのでしょうが、互いの刺激を受けて、各々の人生に「必要なこと」が現れてくるんですね。

      まったく、この世は上手くできています。

      ゆうこさんの仰っている「神様」はイエスキリストさまのことをなんだろうか?と、典型的な神仏混交型の日本人である私は、その点がよく理解できていないのですが、「神様」を「自然」に置き換えてもいいのなら、仰ることがよくわかります。

      『なにごとのおはしますかは知らねども かたじけなさに涙こぼるる』 西行

      以前ブログにも書きましたが、私の宗教観はこれに尽きます。

      太陽が昇り、太陽が沈むこと、冬の次には「必ず」春が訪れること、人が生きるための「前提条件となる自然の理」があって初めて人は生きることが可能になると思う時、大いなるものの「やさしい約束」を感じます。

      生きることを「肯定」する愛を感じます。

      1. ゆうこ より:

        ほんとですね。
        神様って…何なんでしょうかね?
        他に呼び様がないので…何かそういう神様的な
        といいますか、宇宙、創造主、天…まあ何でも
        良いんでしょうね、自然、森羅万象など。
        私は無宗教ですが、個人的にイエス様は面白いので
        好きですよ。優しくもあり、結構ズバズバ言う人です
        イエスキリストは神様の子供です

        1. ふるゆら より:

          そうですか、ゆうこさんも日本人らしく「無宗教」と伺ってほっとしました。(笑)

          私自身、日本人の持つ大らかな「信仰心」が大好きなのです。

          すべてのものに神を感じて、すべてのものに感謝して、お天道様に恥じない生き方をすればそれでOK。

          なんて自由で楽しい国に生まれたんだろうと、八百万の神々がおられる国に生まれて良かったなぁ、と思うのです。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です