乳癌のこと、同僚に言うのは止めました (nya.26)

こねこ、おすまし

いや、首は直角に曲がっとるけどつらくない。これがええんじゃ。

ありがとう、吉田拓郎さん、『今日までそして明日から』♪ (2014年3月19日)

最初に「自分が乳癌」だと知った時(参照:乳癌の検査 針生検(細胞診)であやしい細胞を調べる (nya.4)娘が乳癌だと知った母親のフォローをしてもらうため、取り急ぎ、友人に経過を「お知らせ」しました。

それから、私が闘病生活に入ることで、仕事上、最も被害を大きく受ける直属の上司と、同僚1名にも、その段階で「お知らせ」しました。

その後、「左乳房全摘手術+乳房再建」と医者に告げられた時(参照:「正式に」癌告知を受ける① (nya.9))は、会社を欠勤する以上、私に関係する同僚全員に「乳癌でした。ご迷惑をお掛けしますが、頑張って闘病します。」と、伝えることを覚悟しました。

19.ねこ、風太見上げるしかし更に状況が変化し、「骨転移無数」「リンパ節転移無数」であることが判明し、【乳癌ステージ4】と診断を受け(参照:驚愕のPET/CT画像診断検査 ”結果発表“ (nya.13))、手術はなくなりました。

看護師の方から、転移の有無が分からない内は、親に告知するのも待つように言われていましたので、もちろん、会社の同僚にはおくびにも見せず、「いつも体調不良の私ですが、ここのところ芳しくなく、通院が増えてます。」とのみ、伝えていました。

お陰様で、癌と診断を受ける前から何度も休職をしたりして、同僚は皆、私に対する「共通認識」として、「気は強いが、身体は弱い」という合意が形成されています(笑)

今回のことも「また、体調が良くないらしいよ」程度に受け止められ、通院が増えた「方便」も、すんなり受け入れられてました。

放射線治療を受けるための10回連続通院も、「婦人科の治療を固めて受けることになりました。毎朝病院に寄ってから出社するので、遅出のシフトに代えてください。」とお願いし、「ああ、そりゃ大変。体調が良くないみたいだね。シフト変更の件は、調整するから大丈夫。」と暖かく認めてくれています。

17.ねこ、風太おすまし職場の同僚に、広く自分が癌だと伝えるかどうか、よくよく考えましたが、結局、最小限の人にだけ伝えることを選択しました。

手術を受けるなら、隠しようもなく、公表したと思いますが、手術はなくなりました。

このまま、出来る限り普通の生活を「長く」続けることが、私の目標となったのです。周囲の人にも、特別な気遣いをしないで「普通」でいて欲しい、と思い選びました。

最初に「自分が癌」だと受け入れた時に思ったのは『自分が癌だと知った今から、「癌になった」のではない。これまでも【乳癌ステージ4】=末期癌の身体で生きてきたのであって、何にも変わっていないんだ。』ということです。

自分に対する認識は、「乳癌」という病名によって激変しましたが、身体の方は、「乳癌だと知った」からといって、1ミリも変わってないのです。

これまでも、ぐずぐずと体調不良を抱えながら、優しい同僚に助けられ、かばってもらい、何年もフルタイムで働いてきたのです。ならばこれからも、周囲の人に助けて貰いながら『同じ身体で、同じように働くまで』です。

むしろ、これから「治療」が奏功すれば、少し楽になるかもしれません。

18.ねこ、風太ねこねこ同僚に乳癌のことを伝えると、「同僚が、これまでガンガン(ダジャレではありません)回してきていた仕事を(癌の人にこんな仕事を振ってもいいの?)と気を回して減らしているんじゃないか」と、常に「腹を探る」ようになる、自分の心の動きもかなり「面倒臭い」と思ったのです。

今までの生活から、「何も引かないし、何も足さない」と、腹をくくりました。

吉田拓郎さんの『今日までそして明日から』の心境です。

歌詞をお借りすると、

私は今日まで生きてみました 

時にはだれかの 力を借りて

時にはだれか に しがみついて

私は今日まで生きてみました

そして今 私は思ってい ます

明日からも こうして生きて行くだろうと♪

ありがとう、吉田拓郎さん、この歌を唄ってくれていて助かりました。

 

次は

放射線療法4回目&ホルモン療法開始&母親参観日 (nya.27)

です。

紫式部と藪椿

藪椿と紫式部、晩冬と初春が同居します。

 

〈風太からひとこと〉 わしのブログを読んでくれてありがとう。 「まぁまぁ」ならポチッとしてやってください。       にほんブログ村 病気ブログ 乳がん ステージ3・4へ    

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です